ぱたるの米国株ウィークリー予想 3.25~3.29

先週末の主要3指数

先週末の主要3指数の終値はこちら。

S&P 500
2,800.71
-54.17(-1.90%)

Dow 30
25,502.32
-460.19(-1.77%)

Nasdaq
7,642.67
-196.29(-2.50%)

 

大幅下落して3指数共にマイナス。

 

$$$

 

さて、今週3月25日、月曜日からの米国株式市場はどうなるか?

 

その前に、先週の「米国株ウィークリー予想」を振り返ります。

 

先週の米国株ウィークリー予想

先週3月18日から3月22日は、「上昇相場」と予想しました。

先週の予想はこちら。

 

では、予想は当たったのか検証します。(当たり外れの基準は、騰落率が+-1.5%変動したかで判断)

 

S&P500終値は、

先々週 :2,822.48

先週 : 2,800.71

騰落率は、-0.77%

 

結果 ⇒ ハズレ」 

 

-0.77%でレンジ相場になりました。

 

先週の分析

月、火、水と穏やかなレンジで推移し、水曜日の20日にFOMCの発表があり、金利据え置き、年内利上げなし、資産縮小は5月から減速し、9月で終了と発表。

株価はやや下がったものの大きな影響なし。

木曜に大きく上昇し、「やはり今週は上昇相場だったか」と思ったところで金曜に急落しました。

 

「世界的景気減速懸念が強まった・・・」とか、「経済指標の悪化を受けた欧州株安の流れを受けて・・・」とか、「先行きの景気後退を示すとする長短金利の逆転現象も材料に売りが・・・」とか、ニュースでは流れていましたが、そうなんだろうか?

 

世界の景気? 前から良くないだろう? でも今週の上海総合は爆上げしてたよ。

欧州株が指標の悪化で? う~ん。

景気後退を示唆する逆イールド? 逆イールド現象はなる時はなるけど、株価が下がらない時もある。

 

「年初から大きく上昇した米国株は利益確定売りが優勢となった」とかも流れていました。

まあ、そうっちゃそうなんだろうけど、ただなんとなく下がっただけだと思います。

 

下げであれ、上げであれ、こういうことはよくあります。「よく分からんけど下がった」みたいな。

 

ちなみにボーイング株は続落。

週初めに下落、週中で上昇、金曜で下落してトータルはマイナスでした。

 

今週の日程

今週の日程で気になったのはこのあたり。

25(月) アップル、ビデオストリーミングとニュース購読サービスを発表

26(火) 米2月住宅着工件数(21:30)

27(水) 米1月貿易収支(21:30)

こんなところかな。

 

今週の注目日程は特になし。

 

しいて言うならアップルかな。

発表で株価を上げ、次の四半期決算で良好な数字が出れば「アップル復活」の印象が高まるはず。

アップル比率が高いNASDAQやS&P500も牽引してくれそう。

 

ただ、ハイテクはアップルよりも半導体や5Gの覇権争いのほうが面白そうです。

5Gの中心にいるプレイヤーの1つがファーウェイ。

欧州では、アメリカのファーウェイ潰しに同調する動きもある一方、安いファーウェイ製インフラは欠かせず、ファーウェイ外しをするならば、インフラ整備が数年遅れるという見方もあるようです。

 

また、20日水曜には、Googleが欧州の広告市場で、競合を締め出したということで、1900億円の制裁金を科したという報道がありました。

 

欧州各国もアメリカに睨まれたくはないでしょうが、停滞している経済状況では自国ファーストにならざる得ないでしょう。

 

イギリスのEU離脱問題に関しては前回も言いましたが、どうせダラダラモードが最低1年くらい続くと考えているので、半分無視しています。

 

$$$

 

これらを踏まえて、今週はどうなるか?

予想してみましょう。

 

3.25~3.29の米国株ウィークリー予想

今週、3月25日から3月29日のS&P500の値動きは、

「上昇相場」と予想。

 

理由は3つ。

1つ目は、先週末は約-2%も下落したので反発が入る。

2つ目は、金利政策は強いハト派転換だったため、リスクオン相場になっているはず。

3つ目は、S&P500は、レジスタンスラインの2817ドルを超えたので、近くに押し返されるラインはない。

 

・・・

 

2018年9月につけた、S&P500の過去最高値の2913ドル。

今年2019年は意外に早く更新するんじゃないかな。

 

ニュースでは「米国経済もかげりが・・・」とか、「そろそろリセッションが・・・」とか言われていますが私は楽観視しています。

何で?って言われると「何となく(笑)」としか言えないんだけど、足元の指標も悪くないと思うんです。

 

むしろ、経済が過熱して、バブル的にリセッションが早く始まることのほうが怖いです。

今回のFOMCで「年内利上げ1回あるかも」の含みを持たせたほうが良かったんじゃないかな。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村