米国株ウィークリー相場予想【5.13~5.17】

今週の米国株イベント

先週末の主要3指数

先週末の主要3指数の終値はこちら。

S&P 500
2,881.40
+10.68(+0.37%)

Dow 30
25,942.37
+114.01(+0.44%)

Nasdaq
7,916.94
+6.35(+0.08%)

3指数ともプラスでクローズできました。

 

$$$

 

さて、今週5月13日、月曜日からの米国株式市場はどうなるか?

その前に、先週の「米国株ウィークリー相場予想」を振り返ります。

 

先週の米国株ウィークリー相場予想

先週5月6日から5月10日は、「下降相場」と予想しました。

先週の予想はこちら。

 

当たり外れの基準は、S&P500の先々週の終値から先週の終値を、以下の騰落率で判定します。

+1.50%以上 ⇒ 上昇相場

-1.50%以下 ⇒ 下降相場

+1.49%~-1.49% ⇒ レンジ相場

 

では、予想は当たったのか検証します。

S&P500の終値は、

先々週 : 2,945.64

先週 : 2,881.40

騰落率-2.18%

 

結果 ⇒ 「当たり」

-2.18%で下降相場になりました。

 

先週の分析

先週は、トランプ”ツイッターテロ芸人”大統領により、米中通商交渉に暗雲が立ち込めたため、中国を中心に世界的な株安、円高でした。

ただ、私はそれを当てたわけじゃないのでコメントなし。

 

先週の注目イベントに上げていたのはウォルト・ディズニーの決算でしたが、まずまずの結果で株価は1%ほど上がりました。

 

他は、配車サービスのウーバー・テクノロジーズが10日に上場しました。取引初日の終値は41.57ドルと、IPO価格の45ドルに比べて7.6%安となりました。

 

それより気になるのは為替。

ついこの前まで1ドル112円台だったのに、先週末は109円台前半まで下がりました。これも米中絡みが要因でしょう。

最後109.97円あたりまで戻していたので、ひとまず一服しました。

 

今週の日程

今週の日程で気になったのはこのあたり。

5/14 決算(ボーダフォングループ)

5/15 11:00 中国4月小売売上高

5/15 11:00 中国4月鉱工業生産

5/15 21:30 米国4月小売売上高

5/15 22:15 米国4月鉱工業生産

5/15 22:15 米国4月設備稼働率

5/15 決算(メーシーズ、シスコシステムズ、アリババグループ、テンセント(香港))

5/16 ユーロ圏財務相会合

5/16 21:30 米国4月住宅着工件数

5/16 21:30 米国5月フィラデルフィア連銀製造業景気指数

5/16 決算(ウォルマート、アプライド・マテリアルズ、エヌビディア)

5/17 23:00 米国4月コンファレンスボード景気先行総合指数

5/17 23:00  米国5月ミシガン大学消費者態度指数

 

特に太字が注目です。中でも15日の米国4月小売売上高は、前回より下がると予想が出ており注目です。

 

あとはもちろん米中交渉ですね。

 

・・・

 

こんなもんかな~、今週の予定は。

 

これらを踏まえて、今週はどうなるか?

予想してみましょう。

 

5.13~5.17の米国株ウィークリー相場予想

今週、5月13日から5月17日のS&P500の値動きは、

「レンジ相場」と予想。

 

米中交渉は進展せず、むしろやや悪い材料が出つつも-1.49%(レンジの判定基準)の下落に収まるのではないか、と予想しました。

 

関税の品目は、現在のレベル3と言われる品目まで対象になりましたが、これが携帯端末やアパレルが含まれる「レベル4」まで広がった場合、アメリカの消費が非常に落ち込むと言われています。

レベル4の脅しをほんの少しでもトランプ”ツイッターテロ芸人”大統領さんがぶっぱなせば、先週の比ではないくらい、株安ドル安になりそうな気がします。

 

ただ、来週はまだトランプさんのツイテロはないとの読みです。

 

かといって、一気に話がまとまるとも思えないかな。

 

前回の予想はこちら

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村