米国株ウィークリー相場予想【5.27~5.31】

今週の米国株イベント

先週末の主要3指数

先週末の主要3指数の終値はこちら。

S&P 500
2,826.06
+3.82(+0.14%)

Dow 30
25,585.69
+95.22(+0.37%)

Nasdaq
7,637.01
+8.73(+0.11%)

寄付きはそこそこ上げたものの、終値は小幅のプラスでした。

 

さて、今週5月27日、月曜日からの米国株式市場はどうなるか?

その前に、先週の「米国株ウィークリー相場予想」を振り返ります。

 

先週の米国株ウィークリー相場予想

先週5月20日から5月24日は、上昇相場」と予想しました。

先週の予想はこちら。

 

当たり外れの基準は、S&P500の先々週の終値から先週の終値を、以下の騰落率で判定します。

+1.50%以上 ⇒ 上昇相場

-1.50%以下 ⇒ 下降相場

+1.49%~-1.49% ⇒ レンジ相場

 

では、予想は当たったのか検証します。

 

S&P500の終値は、

先々週 : 2,859.53

先週 : 2,826.06

騰落率-1.17%

 

結果 ⇒ 「ハズレ」

-1.17%でレンジ相場になりました。

 

先週の分析

先週は、ファーウェイ・ショックと米中摩擦の不安から特に木曜日に大きく下げ、その勢いのまま先週はマイナスで終わりました。

 

懸念していたファーウェイ問題は、意外に大きく市場で反応したためハイテク株を中心に大きく下げましたね。

「レンジ予想に変えるか?」なんて先週言っていましたが、正にその通りになりました。

 

先週の注目日程はこちらでした。

5/23 3:00 FOMC議事要旨 (4月30・5月1日開催分)

 

内容は特に目新しいものもなく、株価、為替共に動きはほぼなし。

 

イギリスのメイ首相の退陣発表がありましたが、それも株価には大きな影響はなし。

ただ、国債の格付けダウンか?という報道は出てましたね。

 

今週の日程

今週の日程で気になったのはこのあたり。

5/27 12:00 黒田日銀総裁がT20サミット (G20各国のシンクタンク関係者等で構成する会合) で発言

5/27 日米首脳会談

5/27 アメリカ、イギリスの市場が休場 (米メモリアルデー、英バンクホリデー)

5/28 23:00 米国5月コンファレンスボード消費者信頼感指数

5/28 決算(クラフトハインツ)

5/30 インドネシア、スイス市場休場

5/30 21:30 米国1-3月期GDP[改定値]

5/30 23:00 米国4月中古住宅販売仮契約

5/30 決算(コストコホールセール、ギャップ)

5/31 10:00 中国5月製造業PMI

5/31 21:30 米国4月個人所得

5/31 21:30 米国4月個人消費支出

5/31 アジア安全保障会議 (シンガポール、~6月2日)

6/1 中国は米国に対し報復関税を発動

 

今週の注目日程は特になし。

だが、しいて言うと、

5/27(月) アメリカ市場が休場 (米メモリアルデー)

こんなもんかな。

 

あとは、

5/31 10:00 中国5月製造業PMI

5/31 21:30 米国4月個人消費支出

このあたりも大して株価には影響なさそうだけど、一応注目。

 

・・・

 

こんなもんかな~、今週の予定は。

 

これらを踏まえて、今週はどうなるか?

予想してみましょう。

 

5.27~5.31の米国株ウィークリー相場予想

今週、5月27日から5月31日のS&P500の値動きは、

「下降相場」と予想。

 

米中、ファーウェイはまだ尾を引くという読み。

 

それと、「Sell in May(セル イン メイ)=5月に売れ」は、最終週で格言通りになりそうな予感。

 

それより為替が心配かな。今週来週にかけて上記の不安が続くなら、1ドル108円台にドルは下落するかもしれません。

現在、109.30あたり。良くても110円台かな。少なくても111円台まで戻ることはない気がしています。

 

・・・

 

アメリカでは毎年5月のメモリアルデー(5/27)頃からから、9月のレイバー・デーの祝日頃にかけて、ガソリン需要が増える傾向があるそうです。

原油安が続いていますが、エクソンモービルの株価がちょっとは上がればいいのだが。

 

前回の予想はこちら

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村