9.9~9.13 今週の米国株イベント|小売売上高の結果がどうだろうと利下げするんだろ?FRBよ

今週の米国株イベント

先週のNY市場は、10月に米中協議継続とのニュースが流れて株価は上昇。

上値を抑えつけられたボックス相場をついに突破しました。

 

ドルも安心感が広がり、106円台前半から106円台後半に。

 

$$$

 

さて、今週の相場に影響を与えるイベントはあるかな?

 

今週の米国株イベント

米国株に関わる今週のイベントで気になったのはこのあたり。

 

9/10 インド市場休場
9/10 10:30 中国8月消費者物価指数
9/10 10:30 中国8月生産者物価指数
9/10 17:30 英国8月雇用統計
9/10 中国アリババのジャック・マー会長が退任
9/10 米アップルが新製品発表イベント
9/10 決算 ゲームストップ

9/11 一帯一路サミット開催 (香港、~12日)

9/12 韓国市場休場
9/12 20:00 トルコ中銀が政策金利を発表
9/12 20:45 ECB (欧州中央銀行) が政策金利を発表
9/12 21:30 ドラギECB総裁が定例記者会見
9/12 21:30 米国8月消費者物価指数
9/12 米民主党、大統領候補指名獲得に向けた候補者によるテレビ討論会
9/12 決算 ブロードコム、クローガー

9/13 21:30 米国8月小売売上高(除く自動車)
9/13 23:00 米国9月ミシガン大学消費者信頼感指数

注目は赤字の3つ。

特に9/13 21:30 米国8月小売売上高(除く自動車)

こちらを注目しています。

 

こちらは過去の小売売上高(除く自動車)

お、予想は+0.1か、結構低いぞ。

 

先週末の雇用統計で予想より3万人減で、利下げ期待が高まっています。小売売上高がどう転んでも利下げは確定かな~。

 

あと、経済が下降しているドイツに対して、ECBが発表する政策金利やコメントも注目されるでしょう。

 

小売売上高は売上・収支系

経済指標には「系統」があることを以前説明しました。

各系統の重要指標をチェックすることによって、細切れの点が線となってイメージされやすくなります。

 

こちらが代表的な系統と、その系統で重要な指標です。

  1. 雇用・失業系 ⇒ 雇用統計
  2. 売上・収支系 ⇒ 小売売上高、4半期GDP
  3. 生産者から見た景況感系 ⇒ ISM製造業景況指数、ISM非製造業景況指数
  4. 消費者から見た景況感系 ⇒ ミシガン大学消費者信頼感指数、コンファレンスボード消費者信頼感指数
  5. 消費者が買う値段の変化(インフレ)系 ⇒ PCEコア・デフレーター、消費者物価指数
  6. 生産者が売る値段の変化(インフレ)系 ⇒ 生産者物価指数

13日の小売売上高は2番の系統です。

 

どの指標が重要かはこちらを参照ください。

 

 

先週のS&P500相場予想と結果

先週9月2日から9月6日のS&P500相場は、「レンジ相場」と予想しました。(+-1.5%の値動きで判定)

先週の予想はこちら。

 

先々週末と先週末の、S&P500の終値はそれぞれこちら。

終値
先々週 8/30 2926.46
先週 9/6 2978.71
騰落率 +1.79% 

+1.79%の上昇相場で、予想は「ハズレ」でした。

 

思ったよりリスクオンの空気が流れた先週でした。

 

先週の私はこんなことを言っていた。

中国は?マーク。

(中略)

そしてアメリカは?

決算もほぼ終わり。

米中の期待感から上がってもおかしくないが、ちょっと触るとすぐじんましんが出るが如くの市場の敏感肌っぷりが読めない。

ぱたる

ほほ~、こんなこと言ってたね。

ちょっと前までの市場はツンデレ女に振り回されていましたが、先週も同じく、「米中の対立解消に向けて、両国の通商交渉団が同日中に「異なるレベル」での協議を行う予定」という報道が流れただけで上昇に転じました。

上がるのはしょうがないけど、米中協議の信憑性をどこまで信じているのかね?

 

『3分の2しか信じてないよ』

っていう空気も感じたが気のせいだろうか。

 

9.9~9.13 今週のS&P500相場予想

今週、9月9日から9月13日のS&P500の値動きは、「レンジ相場」と予想。

 

香港デモはひとまず安心。

イギリス、イランも静観。

 

狸ツイッターはある日突然、何億本もの信号の矢となって各世界に届きます。読めないものを考えてもしょうがない。

 

S&P500最高値は7月につけた3029ドルあたり。今は2978ドル。あと+1.7くらいか。

来週一気に高値更新もあるか?

 

・・・

 

いや、来週9月18日のFOMCを見据えて上値は重いだろう。ダウはあと+3%くらいだからちょっと遠い。

 

今週のレンジ予想はさすがに当たるはずw

 

関連記事

前回の米国株イベント情報。

アメリカの経済指標を重要度別で紹介。

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村