10.14~10.18 今週の米国株イベント|16日、頼みの小売売上高でも失速するのか?

今週の米国株イベント

先週のNY市場は、週半ばで株価が大きく下落、その後週末の米中交渉がひとまず「休戦」になり株高に。

 

為替はドル高が進み、106円台から一気に108円台へ。週末終値は108.42円でした。

 

$$$

 

さて、今週の相場に影響を与えるイベントはあるかな?

 

今週の米国株イベント

米国株に関わる今週のイベントで気になったのはこのあたり。

 

10/14 米国 (コロンブス・デー) 、カナダ、タイ市場休場(※NY株式市場は通常営業)

10/15 18:00 ドイツ10月ZEW景況感調査
10/15 21:30 米国10月ニューヨーク連銀製造業景況指数
10/15 IMF世界経済見通し
10/15 グーグルが新製品発表イベント (ニューヨーク)
10/15 決算 J&J、JPモルガン、ユナイテッドヘルス、ウェルズ・ファーゴ、ブラックロック、シティグループ、ゴールドマンサックス

10/16 21:30 米国9月小売売上高
10/16 決算 バンク・オブ・アメリカ、CSX、IBM、ネットフリックス、ユナイテッド、アルコア、USバンコープ

10/17 21:30 米国10月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
10/17 22:15 米国9月鉱工業生産
10/17 決算 ダナハー、ハネウェル、モルガン・スタンレー、フィリップ・モリス、インベスコ

10/18 11:00 中国7-9月期GDP
10/18 11:00 中国9月小売売上高
10/18 米国が対EU報復関税を発行
10/18 決算 コカ・コーラ、アメックス、シュルンベルジェ

注目は赤字の以下。

10/15 IMF世界経済見通し
10/16 21:30 米国9月小売売上高

 

IMF世界経済見通しはまた下方修正されるんじゃないかな。特にアメリカが。

 

小売売上高は今月の指標の中でも特に注目です。

前回は0.4%で、今回の予想は0.3%

他の指標と違ってこの指標はまだ右肩下がりになってない。アメリカ経済の底堅さを再確認できるか?

それとも、「あ~、やっぱアメリカ経済落ちていくか」となるのか?

 

あと、民主党が掲げる国民皆保険を敵としている「医療保険最大手ユナイテッドヘルスの決算」も注目。

 

先週のS&P500相場予想と結果

先週10月7日から10月11日のS&P500相場は、「レンジ相場」と予想しました。(+-1.5%の値動きで判定)

先週の予想はこちら。

 

先々週末と先週末の、S&P500の終値はそれぞれこちら。

終値
先々週 10/4 2952.01
先週 10/11 2970.27
騰落率 +0.62% 

+0.62%のレンジ相場で、予想は「当たり」でした。

 

先週の私はこんなことを言っていた。

株価が動きそうなイベントは米中協議しかない。

でもって、それは白黒つかない微妙な結果になると予想。

例えば、関税開始時期の先送りをするが、どの項目でも妥結はしない、みたいな。

ぱたる

値動き自体は予想と違うが、内容はズバリ正解。

ま、多くの人の予想通りかもね。

 

10.14~10.18 今週のS&P500相場予想

今週、10月14日から10月18日のS&P500の値動きは、「レンジ相場」と予想。

 

米中協議の問題先送りにより、ほんわかムードが流れるんじゃないかな。

足かせになりそうなのはトランプの弾劾問題くらい。だから株高の流れ。

 

ただ、金融株の決算がイマイチのとの見通しがあるみたい。ユナイテッドヘルスも心配。いってこいでレンジ予想。

 

香港デモは、まだ後戻りできない事態にはなってないようだ。

 

関連記事

前回の米国株イベント情報。

アメリカの経済指標を重要度別で紹介。

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ