【米国株予想】12.17~12.21はレンジ相場

今週の米国株イベント

先週末、S&P500はなんと8カ月ぶり(終値ベース)に2600ドルを割りました。

 

終値は2599.95ドル。

 

$$$

 

さて、12月17日月曜日からの米国株式市場はどうなるか?

 

その前に、先週の「米国株相場ぱたる予想」を振り返ります。

 

先週の米国株相場ぱたる予想

【12月第3週】

予想: 12月10日から12月14日は上昇相場と予想。

 

結果 : △ 水曜日まで上昇したものの、木曜停滞。金曜日に大幅下落して終了。

 

分析 : 先々週の反動で前半は上昇。レンジ内の上値まで上がったが、「原油安・JNJショック・米中摩擦によるハイテク株不安」を要因として下落した。

 

・・・

 

ECBドラギ総裁定例会見も大した影響はなく、途中まで順調に上げ相場でしたが、最終日に思いがけず落とし穴がありました。

原油安とJNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)ショックはまあいいとしても、アマゾンを始めとしたハイテク株が大きく下がったのがよく分かりません。

一応、米中摩擦と書いてみましたが、そこまで具体的なインパクトがあったとも思いません。

 

結局のところ、「短期相場なんか読めるか!」ってとこに話は行き着きますが、それを言っちゃあ身も蓋もないのでこの企画は続けていきます。

 

12月14日金曜日の個別株

週末に目立った下落株はこのあたり。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン -10.04%

コストコ・ホールセール -8.59%

アドビ・システムズ -7.29%

アマゾン・ドット・コム -4.01%

アップル -3.2%

 

-10%と大きく下げたジョンソン・エンド・ジョンソンは、ベビーパウダー内に「アスベスト」が入っていて、それを隠蔽していた疑惑が持たれています。

まだ、確定してはいないようですが、市場は嫌気して売りラッシュ。

 

すぐ回復するか、低迷するかは、白なり黒なりの証拠が出揃うまで分かりません。

 

そのジョンソン・エンド・ジョンソンはHDVの組入銘柄の比率第3位です。

なので、どうせなら来年初めごろまで下がってくれれば、NISAでガポっと買えるので都合が良い。

 

ハイテクも地合いはまだ良くない。

 

・・・

 

先週は以上のような、最後に落とし穴が待っていた相場でした。

 

さあ、今週はどうなるか?

予想してみましょう。

 

12.17~12.21の米国株相場ぱたる予想

予想: 今週、12月17日から12月21日はレンジ相場と予想。

 

理由は、先週の反動で反発。しかし20日のFOMCの利上げ発表により、株式は売りが強まると思うから。

 

FOMCの利上げは7~8割がた行われると言われています。

それにもかかわらず下がるのは、市場が完全に織り込んでいないはずだと思うからです。

利上げにはそのくらい大きな「重石」のように投資家心理に影響すると思います。

 

・・・

 

以上から、今週は前半上げ相場、後半は下げ相場で、全体を通してレンジ相場になると予想します。

 

$$$

 

ちなみに、週末の「VYM」の終値は「81.46ドル」

私が指値を入れたのは「81.66ドル」で、いいラインをついて約定できました。

前日比-1.63%の底近くを拾えた感じです。

 

私的には、14日をもって米国株式市場は大納会としましたが、来週も「米国株予想」はやるつもりです。

予想は大して当たっていませんが、続けていくとそれまでぶつ切れで「点」だった情報が、つながって「線」の情報に変わっていく気がしています。

「線」は切れることもあるんですが、切れずに太くなることあります。

 

私は普段ドルコスト平均法も使いますが、高配当ETFの買いに関しては「逆張り手法」も使います。

ドル転(ドル買い)についても同様。

 

実は、米国株予想をやることは、これらの買い方の役に立っていますし、投資を楽しくできるツールにもなっているんです。

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村