12.23~12.27 今週の米国株イベント|休場や時間短縮が多い今週はまったりと終わるかな

今週の米国株イベント

先週のNY市場は、先々週の米中合意報道の熱がいったん下がる可能性がある中、トランプ大統領を「権力乱用」と「議会妨害」により米下院で弾劾する決議案を可決したにもかかわらず、株価は小気味良く上昇しました。

 

ただ為替は、最近のドル高から110円台を目指すかと思いきや、やや失速して週末終値は109.45円と先週末より下げて終了しました。

 

$$$

 

さて、今週の相場に影響を与えるイベントはあるかな?

 

今週の米国株イベント

米国株に関わる今週のイベントで気になったのはこのあたり。

 

12/23 22:30 米国11月耐久財受注
12/23 24:00 米国11月新築住宅販売件数

12/24 中国、イタリア、スイス、ドイツ、市場休場
12/24 米国、英国、香港市場は短縮取引
12/24 日中韓首脳会談 (中国・成都)

12/25 米国市場休場

12/26 中国、英国、香港市場休場

 

中でも今週の注目イベントは・・・

 

「なし」です。

 

各国クリスマスムードが深まる中、休場や時間短縮も多く、指標も少ない。

 

先週のS&P500相場予想と結果

先週12月16日から12月20日のS&P500相場は、「レンジ相場」と予想しました。(+-1.5%の値動きで判定)

先週の予想はこちら。

 

先々週末と先週末の、S&P500の終値はそれぞれこちら。

終値
先々週 12/13 3168.80
先週 12/13 3221.22
騰落率 +1.65% 

結果は、+1.65%の上昇相場で、予想は「ハズレ」でした。

 

先週の私はこんなことを言っていた。

毎度毎度の「レンジ予想」

でもそれ以外言いようがない。

 

なぜって、これだけ騒がせた米中協議がひと段落したのに、株価もドルも大して上がってない。

リスクオンムードはあるものの、特に爆発的な上昇はしそうもない感じ。

 

あとは、12月は利確や損出しをする時期でもあります。そのあたりの影響もあって一方的な株高にはならないんじゃないかな。

ぱたる

誰だ、利確するなんて言っているのは。

買いが優勢じゃないか。

 

12.23~12.27 今週のS&P500相場予想

今週、12月23日から12月27日のS&P500の値動きは、「レンジ相場」と予想。

 

さすがにこれだけイベントも少なく、休場が多ければ取引は少ないでしょう。

このレンジ予想は外さないでしょう(フラグ?)

 

つみたてNISAがいい感じ

つみたてNISAがいい感じの使い勝手になってきているようですね。

 

利用期間が2042年まで延長されたようで、2018年の制度開始から始めた人は従来の20年間ではなく25年間この制度を利用できるようです。

 

私は2017年より一般NISAを利用していますが、今回の制度変更により

一般NISA = 120万円 × 5年 = 600万円

つみたてNISA = 40万円 × 20年 = 800万円

つみたてNISA延長1年分 = 40万円 × 1年 = 40万円

合計 = 1240万円

 

1240万円分利用できるってことになるかな?

制度あまり精査してませんが多分合ってるんじゃないかな。

 

一般NISAは2階建て制度になるようなので、それが自分にも変に関わるようなら途中でつみたてNISAに変更するつもりです。

とりあえず来年も一般NISAでいいかな。利用総額を高くするには多分それがいいと思います。

 

関連記事

前回の米国株イベント情報。

アメリカの経済指標を重要度別で紹介。

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ