1ドル110円台も見えてきた今、来年のドルを仕込むか

投資全般

昨日は、パウエルFRB議長の利上げ発表により、米国株は全面安でした。

 

その後アジア、欧州と市場は動いていきましたがいずれも全面安。

 

それを受けたのか、何のリスク回避かよく分かりませんが、為替は一気にドル安に向かっています。

 

・・・

 

日付が変わって、米国株の市況は0:30時点で、テクノロジー以外は全面安と、明らかに利上げショックを引きずっています。

 

こんなときは「静観モード」で全く問題ないと思いますが、「来年の準備」ができたらそれはそれで良し。

つまり「ドルを仕込む」チャンスでもあるんです。

 

投資環境は人それぞれ

現在は世界株安です。

 

こんなときに投資家の行動として「動かない」ということも1つの判断になります。

 

動くとしたら当然「買い」「売り」の2種類。

 

「買い」なら危険を覚悟で逆張りか。

その場合、S&P500を軸としたETFがいいでしょう。

ただ、当然さらに下がる可能性があります。私ならウェイトモードかな。

 

他には債券ETFの「BND」あたりも良いかもしれません。

しかし、私は今のところ債券は買わないつもり

 

個別株の逆張りは非常に危険なので、株取引の天才を自認している人以外はおすすめしません。

 

・・・

 

「売り」なら「態勢の立て直し」と「攻撃」の選択になります。

態勢の立て直し=「損切り」になります。

これは主に個別株ですね。ETFと違って、目を疑うくらい暴落することがあります。

 

もう1つは、攻撃=「ショート(売り)」です。

株の信用取引やCFDになります。

 

狙い目は、WTI原油が下がり続けているので、原油CFDあたりがトライできます。

しかし、最近はレンジ相場から、突如大きく上がることもあるので不安定です。

 

・・・

 

なんかどれもイマイチですね。

 

「買い」は地合いが悪い。

「売り」は攻めるならテクがいるから難しい。レバレッジの危険もあるし。

 

「動かない」が正解の模様。

 

あとは、もう1つの選択肢として「準備」もありますかね。

準備=ドル転になります。

 

一時は111.49円

今日は朝からドル安傾向で動きました。

15:30には111円台の壁を抜けて下落。

NYオープン後の23:45ごろには「111.49ドル」と、10月26日以来の相場まで下落しました。

1週間前が「113.67円」くらいだったので1週間で「2円」も下がったことになります。

 

為替は読むのが難しいので、ここから反転するか、下がり続けるか分かりませんが、ついこの前は113円台だったことを考えると、ここらで一度「ドル転(ドル買い)」するのもありですね。

 

私はSBI FX αで「現引き」予定のドルを2万ドルほど仕込み中なので、あまり多く買えませんが、住信SBIネット銀行で少し買ってみます。

ドル転手数料は銀行で最安の、1ドル当たり「4銭」です。

 

ドルの現引きについてはこちら

 

関連記事

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村