1ドル112円台に下落でドル転のチャンス到来

投資全般

11月16日、23:20、ドル円は現在「1ドル112.83円」

 

ついさっきまで113円台半ばでしたが、ここ2時間で大きく下がりました。

 

ニュースでは、

16日のNY外為市場でドル/円は、小動きながらもドルの下押し圧力が持続。前日のNY市場終了後の米ハイテク決算失望などにより、16日の米国株現物市場は下落でのスタートが警戒されている。

安全逃避の流れにより、米10年債金利は低下(債券価格は上昇)。ドル/円は安全逃避の円高と、米債金利低下のドル安によるドル安の圧力が続いている。

引用:GMOクリック証券ニュースより

 

とのこと。

 

例によって「理由はよく分からないから後付けでこう言っておけ~」という内容です。

 

ただ、米10年債金利低下は確かですが、なんで下がったかがよく分かりません。

 

ダウ先物が下がったからなんて言ってるけど、そんなものはここ1週間下がっていたから今さら感があります。

 

ドル転のチャンス到来

いずれにしてもちょうど「ドル転」したかったのでチャンス到来です。

 

理由は、

 

  • 行き場のない円の待機資金が働きたくてウズウズしている
  • SBI FX α のスワップ(金利)は1ロット1日「80円」付く
  • 住信SBIネット銀行のドル普通預金の金利も「0.7%」にアップしている

 

つまり、ドルに替えると金利がどっさり付くので、多少レートが高くてもドル転しようかと思っていたところだったんです。

 

正に渡りに船。盆と正月とG・Wが同時にきたような僥倖。

 

いやそこまでじゃないな。

 

NY市場オープン

そんなこんなしていたら23:30NY市場がオープンしました。

 

どれどれ~?

 

下げが多いですね。

 

  • 一般消費財
  • テクノロジー
  • コミュニケーション・サービス

 

このあたりは0.6~0.9%の下落。

 

つまりQQQは大幅下落。

 

・・・

 

公共事業は+1.60%とがっつり上げ。

 

エネルギーも+0.89%。

 

ということは我らがHDVも上がっているわけです。

 

現在HDVは「90.85ドル」

 

昨日「89.20ドル」でHDVを追加購入できたのでタイミング良く買えました。

(指値上げ忘れて安いままにしていたらラッキーで買えた)

 

SBI FX αと住信SBIネット銀行比較

さて、「どっち」でドル転するか?

 

  • SBI FX α
  • 住信SBIネット銀行

 

それぞれを比較してみます。

 

■SBI FX α

メリット : スワップ(金利)が高い(レバレッジ5倍で20万入れれば金利「14.6%」

 

デメリット : 米国株買うときは「現引き」するが、その時は1万通貨=113万円くらい必要。

 

■住信SBIネット銀行

メリット : 1ドルから気軽に買える

 

デメリット : 金利0.7%と悪くないが、SBI FX αには劣る(レバレッジによるが)

 

ふむふむ。

 

どうしようか・・・

 

・・・

 

よし、「SBI FX α」に決定!

 

理由は、来年の通常NISAの120万円分のドルを4月くらいまでにまるっと使うつもりなので、それに必要ということと、ぼちぼち「QQQ」を買い増ししたいのでそこそこの金額が必要だからです。

 

実は、10月にこちらの記事を書いたあとすぐにSBI FX αでドル転できたので、すでに1万通貨買っているんですが、2ロット入れることで毎日「160円」増えていくので、これも良き事かな。

 

112.70円で指値を入れてみる

現在11月17日、0:10。

 

ドル円相場は「112.83円」

 

指値は「112.70円」で指してみます。

 

あ、欲張るところでもないから成行で買ってもいいか・・・

 

いや、待てよ・・・

 

土日挟んでさらに下がるかな・・・

 

・・・

 

そうだ、週末APEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議があるんだったな。

 

習近平さんとペンス米国副大統領、安倍さんが参加します。

 

中国は、巨大経済圏構想「一帯一路」での中国の影響力をアピールする感じかな。

 

ドル転は週明けにするか?

 

・・・

 

う~ん。分からんな~。

 

不透明感が漂って「有事」の円買い?・・・

 

いや~ それはないだろ。

 

よし、指値「112.70円」でドル転だぜ!

 

関連記事

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ