2019年FOMCの日程を見てから株を買え

AOKY(古)

 

1月1日は元日で米国株式市場は休みです。

 

なので、いつもの「○○だからブログは書かないよ」シリーズを書こうと思ったのですが、今日、新年初日の米国株式市場で、開場からいきなり買いに入る人がいるかもしれないので、この記事を書くことにしました。

 

このタイトル通りなんですが、「株を買ってもいいけど、※FOMCの日程を見てからにしたほうがいいよ」っていう内容なんです。

 

※FOMC=FRBの政策金利の決定会議

 

2019年もFOMCの発表に影響される

2018年の米国株相場を、漢字一文字で表すとしたら「利」かな。(こういうこと言い出すのがオヤジっぽい

利は利上げの利でもあり、金利の利でもあります。(意味は同じね)

 

それほどFRBの政策金利(※FF金利)の引き上げは、去年の1月から12月まで嫌というほど影響しました。

 

特に10月と12月の利上げでは「利上げは確実」と言われていたにもかかわらず、大きく下落。

短期間での騰落率は、リーマンショックに勝るとも劣らない勢いでした。

 

「おまえら利上げを織り込んでたん違うんかい!」

と、心の中で機関投資家や大口投資家、自動トレードのシステムに突っ込みを入れましたが、空しくハートのトンネルで反響していただけでした。

 

※FF金利とは、フェデラル・ファンド金利の略で、連邦準備銀行に預け入れる無利息の準備金(フェデラル・ファンド)が足りない銀行が、余っている銀行にお金を借りるときに適用される金利です。FFレートとも言う。

関連記事

 

パウエル議長とトランプ大統領は立場が違う

12月の利上げから株価の急落を受けて、トランプさんはFRBのパウエル議長を批判しています。

 

表向きは「米国経済を混乱させている!」と。

本当の理由は「もう次の大統領選は始まっているのに、俺の実績を汚すつもりか!?」です。

 

実際、雇用も順調に伸びてますし、失業率も下がっている。

去年の秋冬に、多くの企業の決算発表がありましたが、業績もなかなか悪くない。

 

それらを冷静に考えると、多分パウエルさんは間違っていないのでしょう。

2019年の利上げ回数も、当初3回ほどと言われていましたが、最近では1~2回に減らすと観測されています。

つまり、バランスも考えているわけですね。

 

次の利上げを「稲妻が輝く瞬間」にできるか!?

2019年の利上げ回数が何回になるかまだ分かりません。

株価の軟調が続くようならゼロ回もあり得ると思っています。

 

ただ、直近の株価は続伸しており、そのまま上昇トレンドに向かうなら、次に来る「冷たい雷=利上げ」がいつ頃なのか予想しておけば※逆張りも狙えます。

 

チャールズ・エリスが言う「稲妻が輝く瞬間」です。

 

※逆張りはETFでの買いです。個別株の逆張りはおすすめしません。

 

2019年FOMCの日程

まあ、そんな簡単に稲妻が捉えられたら誰も苦労しないんですが、とりあえず今年2019年のFOMCの日程を見てみましょう。

 

2019年FOMC日程

1月30日

3月20日

5月1日

6月19日

7月31日

9月18日

10月30日

12月11日

 

なんとなく、予想しないとブログ的に面白くないから、2019年は「7月の利上げ1回のみ」としておこう。

 

NISAの買うタイミングも考えよう

私は去年、「2019年のNISAは3月までには120万円分買っちゃおう」と思っていました。

1月に一気に買うのはためらう。

けど、年末までダラダラ買うのは機会損失になるはず。

このような理由からです。

 

しかし、去年10月、12月で織り込んでいたはずの利上げに、市場が強烈なNOを叩きつけたのを見て、

株価のトレンド

FRBメンバーの発言

アナリストの予想

このあたりを見てからゆっくりNISAを買おうと思い直しました。

 

そううまくいくとは限らんけどね!

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村