FRB、FOMCメンバー

FOMCメンバー「タカ派・ハト派」変化表[2019年8月]

投資全般

タカ派か?ハト派か?なんて知ってどうするのさ?

FOMCメンバー10人には、

タカ派(猛禽類の鷹=金融引き締め派=景気に強気の見通し=金利を上げたい人)

と、

ハト派(平和の鳩=金融緩和派=景気に弱気の見通し=金利を下げたい人)

がいます。

 

FRB議長であり、FOMC委員長のパウエルさんは中立派なので、派閥は3つに分かれています。

 

『タカ派かハト派かなんて知ってどうするのさ?』

 

と思う人もいるでしょう。

それはですね・・・

 

ある人の発言によって、株価と為替の値動きに影響するからです。

 

全員の発言が重要とは限らない

FOMCメンバー10人は、あらかじめ定められた2019年FOMC日程に沿って政策金利の決定会議を行います。

次回は9月17日から9月18日です。(9月19日3時に発表)

その次は10月30日。その次は12月11日で今年は終わり。

 

会議と会議の間は結構な時間が空くわけですが、ここで各人がいろいろ発言するわけです。テレビなどメディアのインタビューの場合もありますね。

ツイッターは今のメンバーでは無かったかな。

 

そこでの発言は10人中、皆が皆重要とは限りません。

 

私が注目している人(場合)は以下です。

  • パウエルFRB議長
  • NY連銀ジョン・ウィリアムズ総裁
  • 今の金融情勢と逆の支持者(今は緩和傾向なので、タカ派の人)
  • 志向と逆のときが一番サプライズ

 

パウエルFRB議長

これは言わずもがな。

 

NY連銀ジョン・ウィリアムズ総裁

この人は要注意人物です! 理由は2つ。

まず、ニューヨーク連銀総裁は他の連銀と違って、毎年常にFOMCの投票決定権を持っているんです。

 

学校では、嫌な奴はクラス替えでバイバイできることがあります。

でもこの人はいつもいる。だから重要です。(総裁が違う人に替わることがあるが)

 

そしてもう1つの理由は、ウィリアムズ総裁は、「中立⇒タカ⇒ハト⇒中立?」のように、志向がコロコロ変わり、その内容も一貫性に欠けるんです。(ぱたる的にね。メディアのほとんどは「中立派」と表記している)

 

今の金融情勢と逆の支持者(今は緩和傾向なので、タカ派の人)

今はさらなる利下げを市場は期待しています。

そのような情勢で注目されるのはタカ派の人の発言です。ハト派の人は大抵情勢どおりの発言をすることが多く、あまり株価や為替に影響しない。

 

しかし、タカ派の人は時より、「いやいや、利下げは必要ござらん!」とタカることがあり、株価や為替に影響します。

 

志向と逆のときが一番サプライズ

最後に、虚を衝かれるのがこれ。

たまに普段の志向と逆の発言をする人がいて、それが一番のサプライズです。強く株価や為替に影響します。

 

2019年FOMCメンバー「タカ派・ハト派」一覧表

8月現在の、2019年FOMCメンバー「タカ派・ハト派」一覧表はこちらです。右列の前回とは、少し前までの志向を表しています。(この表は毎月更新予定なので、来月以降は前回=前月の意味)

  名前 役職・地区 現在 前回
チャールズ・エバンズ シカゴ ハトS ハト
ジェームズ・ブラード セントルイス ハト ハトS
ラエル・ブレイナード  FRB理事 ハト ハト
ミシェル・ボウマン FRB理事 中立 中立
リチャード・クラリダ FRB副議長 中立 中立
ジェローム・パウエル FRB議長 中立 中立
ジョン・ウィリアムズ ニューヨーク 中立 タカ
ランダル・クォールズ FRB副議長 タカ タカ
エリック・ローゼングレン  ボストン タカS タカ
エスター・ジョージ カンザスシティ タカS タカS

※ ハトS=ハト・スーパー:より強いハト派
※ タカS=タカ・スーパー:より強いタカ派
※ 地区名にはプラス「連邦準備銀行総裁」になりますが、記載省略しています。(例:シカゴ連銀総裁)
※ NY以外の連銀総裁は2020年に入れ替わります。

 

最近の2019年FOMCメンバー発言

以下、最近のメンバーの発言です。

6/4 クラリダFRB副議長 「利下げ言及」

7/19 ウィリアムズ・NY総裁 「早期に金融緩和が必要」

7/31 ローゼングレン・ボストン総裁 「7/31FOMC利下げ反対票」

7/31 ジョージ・カンザスシティ総裁 「7/31FOMC利下げ反対票」

8/6 ブラード・セントルイス総裁 「金融緩和の効果を見るべき」

8/7 エバンズ・シカゴ総裁 「インフレ見通しだけでも追加緩和を要する」

タカハト半々か。

 

全て拾い上げられていない可能性もありますが、以上が最近のメンバー発言です。

 

2020年FOMCメンバー「タカ派・ハト派」一覧表

次に、来年2020年のFOMCメンバーも見てみましょう。(2019年のメンバーは、NY以外の連銀総裁は2020年に下記メンバーと入れ替わります。)

  名前 役職・地区 現在 前回
ニール・カシュカリ ミネアポリス ハトS ハトS
ロバート・カプラン ダラス 中立 ハト
パトリック・ハーカー フィラデルフィア タカ 中立
ロレッタ・メスター クリーブランド タカ タカ

 

最近の2020年FOMCメンバー発言

6/5 カプラン・ダラス連銀 「利下げを求めるのは早い」

7/12 カシュカリ・ミネアポリス連銀 「0.5%の利下げが必要」

7/31 ハーカー・フィラデルフィア連銀 「利下げ懐疑的」

7/31 メスター・クリーブランド連銀 「利下げ懐疑的」

タカ派優勢。

 

直近で関係ない人は過激発言しがち?

実は、2019年、2020年にも投票権がない関係者は他にもいます。

こちら。

  • トーマス・ バーキン リッチモンド連銀総裁
  • ラファエル・ボスティック アトランタ連銀総裁
  • メアリー・ デイリー サンフランシスコ連銀総裁
  • マイケル・ストリーネ ニューヨーク連銀副総裁(FOMC代替メンバー)
  • FRB理事 空席
  • FRB理事 空席

 

これらの人は、自分に投票権がないのでやや強めの発言することがあり、株価や為替に一定の影響を与えます。

例えば、

5/20 ボスティック・アトランタ総裁 「年内の利下げの可能性はない」

 

ハト・タカ・中立のバランスが取れているように見えるが・・・

2019年FOMCメンバーは一見、「ハト・タカ・中立」のバランスが取れているように見えます。

 

しかし、中立派は日和見(ひよりみ)派とも言えます。

つまり、風によって向きを変える風見鶏。

 

「あ~、またトランプがプレッシャー掛けてるな・・・よし、利下げ票に入れよう」

とか、

「パウエルさんも利下げに傾いてるな、よし、利下げ票に入れよう」

と、強いものになびくのが日和見主義。

 

メンバーで言えば、

ミシェル・ボウマンFRB理事
リチャード・クラリダFRB副議長

この2人。

 

なんてね。実際は分からんか。

バランサーの役割に強い信念を持った中立派かもしれないしね。(ん? 信念を持った中立派って結局何だ?)

 

だから、基本的に投票が5:5などに割れることはありません。

 

・・・

 

さて、9月18日のFOMCでは利下げか? それとも据え置きか?

 

・・・

 

この表を作ったからといって分かるわけではない。

 

2019年FOMC日程。

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ