20代が会社に求めるものはやりがいからお金へ

ちょっとした話

平成30年の新卒が会社に求めるものはお金

平成はまもなく終わりますが、平成30年の新卒が会社に一番求めるものはお金のようです。

 

ITmedia ビジネスオンラインにこのような記事がありました。

入社の決め手は? 平成元年組と30年組で違い

平成元年に入社した人と、平成30年に入社した人――。仕事に対する考え方にどのような違いがあるのだろうか。会社に入社した決め手を聞いたところ、元年組は「やりがい」(29.8%)が最も多かったのに対し、30年組は「給与」(23.6%)であることが、スタッフサービス・ホールディングスの調査で分かった。

 元年組は「企業の知名度・企業規模」(18.2%)の声が多く(30年組は9.7%)、安定した企業が人気だったことがうかがえた。一方、30年組は「社員との相性」(10.9%)が多く(元年組は3.5%)、「近年では『人間関係』の重要性が向上していることが分かった」(スタッフサービス・ホールディングス)

 新卒入社時に、何年間その企業(または団体)で働こうと考えていたのだろうか。元年組は「定年まで」(38.0%)がトップ。一方、30年組は「3年以内」(27.9%)という結果に。

 「~5年以内」と答えたのは、元年組が15.5%なのに対し、30年組は47.3%。「働き方や景気・社会動向などの変化に合わせ、『終身雇用』の時代から『転職が当たり前』の時代へと変化していることがあらためて明らかになった」(同)

出典 ITmedia ビジネスオンライン

 

なるほど。

30年前はやりがいを求め、今はお金を求めるか。

また、半分くらいの人は5年以内に辞める前提のようです。

 

おそらく理由はいくつかあるでしょうが、

  • 雇用は安定してるが給料が少ない。
  • 若者は物を買わないと言われているが、コト消費は多く行っているのでお金がいる。
  • 昔より情報が入ってくるため、老後に不安を持つ人が増えた。

このあたりが理由の一部かな。

 

終身雇用って何?

でも一番の理由は、終身雇用を信じないとかではなく、最初から終身雇用というワードが頭の片隅にもない人が増えたんじゃないかな。

つまり、会社は辞めるもの、変えるものっていうことが常識になっているのかも。

 

これは世界的に見ても、現在の日本で見ても全然不思議なことではありません。(経営者や人事担当者は認めないかもしれないが)

だって、今の会社が自分に合っているかなんて入ってみないと分からない。

だったらそれを「試す」期間はコスパが高いところで効率よく働きたい。

これって合理的で、ごく当然な考えと言えるでしょう。

 

20代の投資人口は増えているのか?

今の20代は、

「お金にこだわる」

「老後を不安視している」

 

このような傾向があるということは、投資を始める人も30年前より増えている、かと思いきやそうでもないようです。

iDeCo(イデコ)であれ、つみたてNISAであれ、コア年齢は40代を中心として、30代や50代が多いようです。

もちろん20代もいますが伸び率はそこまでよくない模様。

 

多分理由は、「昔から今も変わらず、若者の多くは保守的で視野が狭いから」だと思います。(「多くは」ね。あなたが違うならそれでOK)

『いやいや、昔も今も若者は無鉄砲に行動するものでしょ?』

と思うかもしれませんが、それは、ハロウィーンやワールドカップの時に渋谷で騒ぐとか、そっち系の話。

私が20代の頃を含めて、若者の多くが視野が広くて挑戦的だった時代は見たことがありません。

もちろん、いつの時代でもいることはいますが、あくまで少数派。

 

これも推測ですが、多分投資に関する情報が入ってきても、それを受け止めるフィルターがまだ出来てないからですね。

学校の授業なんかでそのフィルター作りが行われていたら、違う結果になるかもしれません。

 

ただやるとしても、投資よりも先に教えることがあります。

例えば、お金は入ってくる以上に使ってはいけないとか、リボ払いとかキャッシングがいかにダメなサービスなのか、とか。

まずは金融の前に、個人の財布の管理の仕方を教える必要があります。

 

ちょっとずつ20代のアクセスが増えている

20代の投資人口は増えていないと言いましたが、当ブログの20代の人のアクセスは徐々に増えています。少しずつですが。

このブログはコンセプト的にも、読者層的にも30代、40代に向けて書いています。そして実際に多いのもその年代です。

 

でも、20代の読者も増えているなら、今度20代向けの投資や資産運用についても書いてみようかな。

 

あ、でも、つみたてNISAで「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」を淡々と積み立てるだけだ!、的なつまらない記事になりそうだな(笑)

でも本当のことだからしょうがない。

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ