アップルの決算は過去最高も12月は失速する

世界の市況

アップルは決算発表前日の11月2日は株価が大きく上昇しました。

 

こちらは11月2日のチャート

 

222.05ドルまで上がりました。

 

しかし、本日11月3日の終値は207.48と-6.63%の大幅下落。

 

こちらは11月3日のチャート

 

アップルは決算発表し、7~9月期は売上高、利益ともに過去最高を記録しました。

 

しかし、EPS(1株利益)や売上高は予想を上回ったのに、年末商戦を控える10~12月期の売上高見通しが予想を下回ったことで売りが殺到。

 

前日比-6.63%減となりました。

 

・・・

 

決算だろうが、指標だろうが、要人発言だろうが、基本的に全世界で共通していることがあります。

 

それは、

 

「予想」を上回ったか(下回ったか)かどうか?

 

です。

 

例えば、利益が「大幅にアップ」した決算発表でも、予想通りなら株価にあまり反映されず、ちょっとしたネガティブな材料が予想外で出てくると売りが入るんです。

 

頑張って業績を上げた経営者からしたらたまったもんじゃないし、こういった現象を半分あきらめているんだと想像します。

 

アップルのCEOティム・クックさんは今こんな顔をしているでしょう。

『またこれかよ』

 

アメリカで感謝祭からクリスマスまでは特別の期間

しかし、アップルが大きく下げたのは時期も大きく関係していたと推測します。

 

理由は、11月22日(第4木曜日)の感謝祭(サンクス・ギビンク・デー)からクリスマスまでの1ヶ月間がホリデーシーズンと呼ばれ、家族や友人へのクリスマスプレゼントを買うため、年間で買い物が爆発的に増える時期だからなんです。

 

なので、『年末商戦の大事な時期なのに落ち込むのかよ!』と市場は敏感に反応し、売りが大勢だったんだと思います。

 

米国3指標は?

米国3指標は全面安。

 

S&P500 : 2723.06   - 17.31 (- 0.63%)

NYダウ : 25270.83   - 109.91 (- 0.43%)

NASDAQ総合 : 7357.00   - 77.06 (- 1.04%)

 

NASDAQが大きく下げました。

 

これはアップルの下げが影響していますね。

 

11月3日上昇銘柄

【11月3日主な上昇銘柄】

スターバックス 64.32(+5.69 +9.70%)

シェブロン  114.73(+3.56 +3.20%)

 

スターバックスがなんと+9.70%と大幅高。

7~9月期決算発表で既存店の売上高が予想を上回ったことが好感要因だったようです。

 

11月3日下降銘柄

【11月3日主な下降銘柄】

アップル  207.48(-14.74 -6.63%)

ネットフリックス 309.10(-8.28 -2.61%)

インテル  47.11(-1.11 -2.30%)

エヌビディア 214.92(-3.19 -1.46%)

 

マイクロソフトやテスラあたりはプラスなのでITが軒並み悪いわけではありません。

 

米国雇用統計は?

米国雇用統計が発表されました。

 

非農業部門雇用者数

予想値 ⇒ +19万人

結果値 ⇒ +25万人

 

失業率

予想値 ⇒ 3.7%

結果値 ⇒ 3.7%

 

以上です。

 

賃金の伸びも良かったようで、アメリカ経済は相変わらず力強いことがわかりました。

 

来週11月7日に発表されるFOMCでの利上げ発表は予想通りに行われそうです。

 

「予想通り」なら株価に影響しないかというと、そうとは限らず、こと金利に関しては株価はナーバスに反応するものなんです。

 

中間選挙がある来週の米国相場は不透明感の霧が濃くなるんじゃないかな。

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ