エチオピア航空が墜落し、ボーイング(BA)が寄付き-10.96%の大墜落

日本時間11日朝

パウエル議長のテレビインタビューが公開されました。

政策金利は適切、変更急ぐ理由ない-パウエル議長がCBSに語る

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、米金融当局として海外情勢の推移を見守るため、金利据え置きを続ける公算が大きいと述べ、現行の利上げ停止に明確な期限がないことを示唆した。

パウエル議長は10日放送のCBSの番組「60ミニッツ」とのインタビューで、「インフレは抑制され、われわれの政策金利は適切な場所にあると考える」と指摘。現在の金利設定は景気を加速も減速もさせない「ほぼ中立」とし、当局はさらなるデータ発表を見守ることができると説明した。その上で、「辛抱強さとは金利政策を変更する切迫感がないことを意味する」と強調した。

議長は他の金融当局者とともに次の一手を考える上で経済成長や雇用創出、賃金動向、インフレ情勢を注視するほか、中国や欧州に加えて英国の欧州連合(EU)離脱交渉などのイベントを見守ると言明。「これらを総合し、いつわれわれの政策を変更するのが適切か決めることになる」と話した。

パウエル議長は「米国の見通しは良好だ」とする一方、「現時点での米経済への主要なリスクは中国や欧州での成長鈍化や英国のEU離脱といった出来事に起因するものと見受けられる」と発言した。

出典:ブルームバーグ

ふむ。

そうか。

 

アジア市況

今日のアジアは堅調。

トップは上海総合で+1.92%

 

おや、上海A株も同じ+1.92%だ。

その他は、

上海A株 +1.80%

 

米小売売上高の発表

21:30

1月の米小売売上高の発表がありました。

指標が22:30じゃなくて21:30に始まるこの感じ(昨日から夏時間で1時間早まった)

たまらん。

 

米小売売上高は12月は悪かったが、1月はどうかな。

 

1月米小売売上高

予想:前月比±0.0%

結果:前月比+0.2%

 

S&P500先物とドルは小幅上昇。

ほんとに小幅な。

 

NYオープン

22:30

NYオープン

 

22:30

22:30・・・

 

やった、22:30だ。

 

イヤッホー~ィ

22:30だ、NYオープンが。

小躍りしている理由はこちら。

いや~1時間早いと全然違うね、気分が。

 

さて、まずは主要3指数から。

S&P 500
2,750.95
+7.88(+0.29%)

Dow 30
25,225.43
-224.81(-0.88%)

Nasdaq
7,445.92
+37.78(+0.51%)

 

ダウだけ大きくマイナスか、珍しいな。

誰が足を引っぱった?

・・・

ボーイングか。

エチオピア航空が墜落ししたせいだな。

 

ボーイング -10.96%

うわっ、ダウ銘柄で10%マイナスは中々見ないぞ。

フリーフォール状態。

ちょっと前まで右肩上がりの超エリートだったのに。

・・・

-11%までいった。

10分でマイナス11%はエゲツない。

 

 

NASDAQ堅調

アップルは+2.11%と爆上げ。

最近悪くないけど、株価が上下にギザギザしすぎる。まだ信用できん。

 

フェイスブックも+2.36%

 

HDVトップ20銘柄はどうかな。

プラス1%超えは、エネルギーのエクソンモービル、シェブロン。

スリーエムも+1.33%

コカコーラもいいね。

 

全体的にプラスですね。米国株の寄付きは。

 

セクター別は・・・

資本財だけマイナスだ。

多くの人が亡くなったからカッコ笑いとかやってる場合じゃないけど、ボーイングが落ちなきゃ全面高か。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村