[速報]FOMC発表を控え、米国株寄付きは小幅のまちまち、UPSが-2.29%

27時、明けて21日の3時にFOMCの政策金利、経済見通し、パウエルFRB議長の声明がある予定です。

 

今週の米国株は全体的に上り調子ですが、昨日は小幅のマイナスでした。

 

アジア市況

今日のアジアは小幅のまちまち。

 

今週初めに爆上げした上海総合はさすがに落ち着いたか。

他は特に気になる国もなし。

 

欧州市況

20:15の欧州。

 

ドイツが唯一のマイナス1%超え。

バイエル(医薬品)が-12%と激落ち。

傘下企業モンサントの除草剤「ラウンドアップ」に、発がん性があるとの評決が下されたことを受けて売りが入っているようです。

 

グーグルに制裁金1900億円 広告市場で競合締め出し

米国株オープン前にニュースが。

グーグルに制裁金1900億円 広告市場で競合締め出し

【ブリュッセル】欧州連合(EU)は20日、米アルファベット傘下のグーグルが検索エンジン市場における圧倒的地位を乱用し、外部ウェブサイトに表示するテキスト広告市場から競合他社を締め出したとして、14億9000万ユーロ(約1900億円)の制裁金を科した。

(中略)

制裁金額は、EUが過去2回の判断でグーグルに科した67億6000万ユーロよりはるかに少ない。今回の件に関しては、調査が始まった直後にグーグルが反競争的慣行を打ち切ったとして、事業慣行の見直しは特に命令しなかった。

マルグレーテ・ベステアー欧州委員(競争政策担当)は「グーグルはオンライン検索広告での優位性を固め、サードパーティー(第三者)のウェブサイトに契約上の制約を課して自社を競争圧力から守った」とした上で「そのような行為はEUの独禁ルール違反だ」と指摘した。

グーグルは20日の判断についてのコメント要請に応じていない。だが過去に、問題を解決するため反競争的とされる慣行を打ち切ったと説明していた。
Copyright (c) 2019 Dow Jones & Co. Inc.

ほほう。

 

NYオープン

22:30

NYオープン

 

主要3指数

S&P 500
2,830.82
-1.75(-0.06%)

Dow 30
25,887.38
-26.72(-0.10%)

Nasdaq
7,723.95
+9.47(+0.12%)

小幅でまちまち。

 

Googleは+0.09%

ボーイングは+0.19%

 

HDV銘柄はほぼ全面安。

特にユナイテッド・パーセル・サービス(国際輸送)が-2.29%と悪い。

 

今回のFOMCは嵐ではない

さて、昨年のFOMCの発表前は嵐の前の静けさがありましたが、今回は嵐が来ると予想しているアナリストは見かけません。

政策金利(FF金利)は据え置きになるでしょう。

 

ただ、据え置く理由が中国、欧州の景気減退を理由にしていたらアメリカ経済は底堅いとして、株価は上昇するでしょう。

しかし、もし据え置く理由がアメリカ国内の景気鈍化などのニュアンスが多く含まれている声明だったら、株価は下落するかもしれません。

 

・・・

 

明日はFOMCに関係なく早起きしなきゃいけないし、寝るか。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村