FF金利の据え置き風がヒュ~、19日は9月最大の逆張りのチャンスか

世界の市況

12日

夜はやっと少し涼しくなったな。

 

千葉県ではまだ停電しているところがあるようです。

暑さは体力と精神力を持っていかれます。停電地域の方にとって、この涼しい風が少しでも慰めになれば幸いです。

 

米国政策金利の据え置きの風が吹いてきた

9月18日(日本時間19日の3時)に、FOMCでの米国政策金利=FF金利(FFレート)の発表があります。

 

先週末までのフェド・ウォッチでは、

0.5%下げが9割(!)

0.25%下げが1割でした。

 

ところが、今日23:30現在は、

0.25%下げ ⇒ 88.8%

金利据え置き ⇒ 11.2%

と、なんと金利据え置きの風が吹いてきました。微風ですが。

 

1割くらいと可能性は低そうですが、これで面白くなってきました。

 

それは、

 

全体では穏やかで終わるかもしれない9月の相場で、ガツンと下落の風を吹き込んで、逆張り買いをするチャンスかもしれないんです。

 

米国株はまずまず

米国株の寄付きは小幅のプラスでスタート。

 

23:30

 

S&P 500
3,015.61
+14.68(+0.49%)

Dow 30
27,244.71
+107.67(+0.40%)

Nasdaq
8,230.43
+60.75(+0.74%)

さらに上がってきた。

NASDAQに元気が戻ってきてなによりだ。

 

最近SPYDが不思議ちゃんになってきた。

やたら調子いいんだよね。ちょっと前の輝きが戻ってきたか。

今夜のSPYDの寄付きは+1.10%と、1人気を吐いていました。

 

ところが、1時間後は-0.5%と、1人だけマイナスに。

不思議ちゃんだ。

 

FOMC前に指値を入れて寝るか

いずれにしても米国株全体は上り調子です。

このまま上がり続けて、FOMCで金利据え置きになったら下落は-2%を超えるだろう。

 

逆に、「据え置きもありそう」っていう空気が流れるようなら株価の上値は抑え付けられる。

この場合はFOMCで金利据え置きになっても、下落は-1%程度で収まるかもしれない。

 

いずれにしても、日本時間19日3時前に指値を入れて寝るか、早めに寝て早起きしてチャートを眺めて成行注文するか、その日に考えようっと。

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ