エネルギーセクターは雪崩式ブレーンバスター

NY株式は小幅の下げ

日本時間11月14日、6:00NY株式市場の終値は小幅の下げ。

 

S&P500 -0.15%

NYダウ -0.40%

NASDAQ +-0%

 

ダウがやや大きめの下げでNASDAQは珍しく+-ゼロ。

 

波は穏やかながらちょっと風が強いかな、くらいの相場でした。

 

しかし、エネルギーセクターは大荒れ。

 

WTI原油先物の下落が止まらず、10月末から雪崩式ブレーンバスターのような落ちっぷりを披露しています。

 

WTI原油先物は雪崩式パワーボム

こちらはWTI原油先物の1時間足チャート。

 

10月末から雪崩式パワーボムのごとくダイナミックな落ちっぷりを披露しています。

 

・・・

 

次に日足チャート。

 

ほぼ1年ぶりの安値をつけているが見て取れます。

 

10月半ばごろまでは上昇トレンドだったのは、さながらトップロープで雪崩式タイガードライバー掛ける前に両腕をフックしているが如く。

 

【両腕をフックして頭を落とすのがタイガードライバー】

 

受身が取れないのでとても危険!

 

エネルギーセクター大幅下落

「WTI原油先物は、供給過剰や需要後退への警戒感が重しになった」、だとか。

 

トランプさんがOPECの減産を牽制したことも売りにつながっているかもね。

 

・・・

 

WTI原油先物の下落を受けて米国株エネルギーセクターも大幅下落しました。

 

こちらはエネルギーセクターETF XLEの今日のチャート。

 

-2.27%の大幅下落です。

 

その他のセクターは?

ついでにその他のセクターも見てみましょう。

 

セクター 騰落率
一般消費財 -0.04%
ヘルスケア -0.67%
公益事業 0.40%
不動産 0.18%
生活必需品 -0.28%
テクノロジー 0.13%
資本財 0.48%
金融 0.56%
エネルギー -2.27%
コミュニケーション・サービス -0.27%
素材 -0.28%

 

 

金融や資本財などでプラス。

 

テクノロジーも0.13%と微幅のプラス。

 

エネルギーの比率が高いHDVは当然下落

我らがHDV、じゃなくて私のHDVはエネルギーセクターの比率が最も高いため、今回の原油下落を受けて当然下がりました。

 

こちらはHDVのセクター比率。

 

セクター 比率
エネルギー 21.68
生活必需品 21.17
ヘルスケア 21.04
公益事業 7.94
コミュニケーション 7.67
資本財 6.73
情報技術 5.48
一般消費財 4.76
金融 2.28
素材 0.87
不動産 0

 

ただ、守りのバランスがいいので激落ちしたわけではありません。

 

今日10月14日のHDVの終値は「90.10ドル」(-0.54ドル)

 

前日比は-0.60%。

 

よしよし。

 

買い指値を入れた「89.70ドル」に近づいてきました。

 

狙い通りです(←ウソ)

 

HDV過去記事

 

・・・

 

あ、でもこのパターンは翌日反発して89ドル割らないパターンだ。

 

てことはまたギリギリで指値が入らないパターンか・・・

 

欲をかかず「90.10ドル」あたりで手を打つか。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村