米国株は反発で、爆下げトリオ(FB、GOOG、AMZN)もプチ回復

世界の市況

3指数は2%超えの揃い踏み

5月4日のNY市場は大幅高で終了しました。

こちらは主要3指数。

S&P 500
2,803.27
+58.82(+2.14%)

Dow 30
25,332.18
+512.40(+2.06%)

Nasdaq
7,527.12
+194.10(+2.65%)

揃って2%超えっていつぶりだろうか。

 

メキシコ関税問題は、共和党内で反対論があるとか、FRBパウエル議長が「適切な行動を取る」と、利下げを否定する発言をしなかったことが、好感されたかもしれません。

 

爆下げトリオ(FB、GOOG、AMZN)はどうだったか?

昨日、独禁法の疑いにより爆下げしたのが、

フェイスブック -7.51%

Google -6.11%

アマゾン -4.64%

です。

 

それぞれNASDAQらしい爆下げっぷりでしたが、今日の終値は、

フェイスブック +2.04%

Google +1.62%

アマゾン +2.18%

と、前日比は超えていませんが大きく回復しました。

 

HDVトップ20銘柄

HDVトップ20銘柄はどうだったか。

ほぼ全面高。

いいのは

ブロードコム(AVGO) +4.95%

テキサスインスツルメンツ(TXN) +3.76%

JPモルガン・チェース(JPM) +3.08%

全体を見ても金融とハイテクに買いが集まっていました。

 

高配当ETF御三家は、

SPYD +1.87%

VYM +1.86%

HDV +1.71%

とまずまず。

 

S&P500は+2.14%なので、上昇局面では負けますが、昨日の大幅下落時は、いずれのETFもしっかりとディフェンシブ性を保っていました。

ハイテクが多いVYMは少し下がりましたが。

 

今週はレンジ相場と予想しましたが、意外に調整はあっさり終わるのか、楽しみです。

 

関連記事

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村