FBの仮想通貨リブラって何?発表後、米下院の有力議員が計画停止を求める

フェイスブックの仮想通貨「Libra(リブラ)」の概要発表

現地18日、フェイスブックの仮想通貨「Libra(リブラ)」の概要発表がありました。

 

リブラって何?

私もリブラの概要がよく分かっていません。ニュースでQ&Aが出ているので見てみましょう。

 

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」 早わかりQ&A

米フェイスブックは新たに発行する仮想通貨「Libra(リブラ)」について、初めて詳細を公開した。今のところ明らかになっている情報を以下にまとめる。

<リブラとは何か>

リブラとは、フェイスブックが来年発行する予定の暗号通貨だ。暗号通貨とは、情報を保護する暗号技術を用いたデジタル通貨のことを意味する。

フェイスブックのチャットアプリ「メッセンジャー」や「ワッツアップ」、あるいはダウンロードした独立型アプリを使うユーザーは、デジタルウォレットでリブラにアクセスできるようになる。ブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いた仮想通貨ビットコインの代替となるもので、フェイスブックはそれよりも幅広く利用されることを期待している。古代ローマでは、重量の単位としてリブラが用いられた。

<そもそもブロックチェーンとは?>

ブロックチェーンは広範なコンピューターネットワークに分散されているデジタル台帳の一種で、高度な数学的演算で作動する。広く共有される巨大なスプレッドシートのようなものだ。誰かが金融取引の記録を入力するなどしてスプレッドシートを更新するたびに、他の全てのユーザーも変更を確認することができる。このため、理論上は透明性がもたらされ、情報もしくは資金の流れを単一の中枢的な情報源がコントロールするのを防ぐ仕組みとなっている。

<フェイスブックはなぜ参入するのか>

フェイスブックはリブラによって、銀行口座を持たない人々や、海外に送金する余裕のない世界の何百万という人々に最低限の金融サービスを提供することができるようになると説明している。融資を得ることができないない中小企業も支援することができるとしている。

<ユーザーのデータは安全か>

 フェイスブックは当局の規制を受ける子会社「カリブラ」を設立する。カリブラは新通貨へのアクセスを提供し、フェイスブックがプラットフォーム上で利用するその他の「ソーシャル」データから金融データを分離する。

<ビットコインのように価格が変動するのか>

フェイスブックによると、リブラは実際の銀行口座や政府短期証券など、現金に近い実物資産を裏付けとしているため、それほど変動しない。

<フェイスブックが新通貨を管理するのか>

暗号通貨ネットワークはフェイスブックとコンソーシアム(企業連合)をなす二十数社余りの創設パートナーによって管理される。フェイスブックはこの企業連合をさらに拡大したいと考えている。フェイスブックは2019年いっぱいカリブラを主導するが、いずれ企業連合がその役割を引き継ぐ。

<ブロックチェーンは非中央集権型のはずでは?>

フェイスブックはこのネットワークについて「時間と共に分散化の度合いを高める方向へ進む」としているが、その方法について詳細は明らかにしていない。

<フェイスブックのパートナーは?>

米決済大手マスターカードやペイパル・ホールディングス、ウーバー・テクノロジーズのほか、スポティファイ・テクノロジーもリブラを管理する企業連合に参加している。フェイスブックは将来的に参加企業を100社に増やしたい考えだ。

<リブラでコーヒーを買えるようになるのはいつか>

フェイスブックによると早ければ来年には可能になるが、地域によって異なる。リブラはおそらく、まず数カ所でのみ入手可能となる。発行当初は1秒当たり1000件の決済取引しか扱わない予定だ。これと比べ、米ビザは、1秒当たり約2万4000件の取引を決済することができる。中国の電子商取引大手アリババグループの電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」は、2017年の繁忙期に1秒当たり25万件超を処理していた。

一方、ビットコインは1秒当たりわずか7件の取引しか処理することができない。

出典:ウォール・ストリート・ジャーナル

う~ん、分かったような、分からんような(笑)

特にビットコインとの違いがよく分からないぞ。

 

Google専務に聞いてみよう。

・・・

ん、何か出てきた。

フェイスブックのブロックチェーン研究チームトップのデビッド・マーカス氏は、リブラはビットコインとは距離を取って規制当局と情報共有していく考えを明らかにした。コインテレグラフブラジル版が18日に報じた。

なるほど、赤字がポイントか。

 

リブラの戦略

フェイスブックの伝えたいことはきっと、

  • 銀行口座を持たない人にも便利な金融サービスを提供します。
  • 米当局の監督の下に進めるので、安全かつ利便性を高めていきますよ。
  • 1人でがめつく儲ける気はありません。同志よ、集まれ!(1000万ドル払ってもらいますが)

反対派から潰されるのを見越して、先手で敵に門戸を開ける戦略です。近年の自動車業界やIOT業界でも主流の考え方ですね。

 

ただ、

  • どのくらい便利なのか?
  • どのくらいフェイスブックが利益を取れるのか?

のイメージはイマイチ浮かびません。

 

私のリテラシーが足りないのか、情報が足りないのか、来年動かないと分からないだけなのか。

 

米下院の有力議員、フェイスブックに仮想通貨計画の停止求める

ロイターから反対派のニュースが入りました。

米下院の有力議員、フェイスブックに仮想通貨計画の停止求める

[ワシントン 18日 ロイター] - 米下院の有力議員であるマキシン・ウォーターズ氏(民主党)は18日、米フェイスブックに仮想通貨(暗号資産)の開発計画を停止するよう呼びかけ、幹部らに議会証言に応じるよう求めた。

フェイスブックは18日、新たな仮想通貨「リブラ」を使ったサービスを来年開始する計画を明らかにした。

下院金融サービス委員会の委員長を務めるウォーターズ氏は声明を出し、フェイスブックは議会や規制当局がこの問題を精査するまで開発計画を停止すべきだと訴えた。

「フェイスブックは何十億もの人々のデータを保有しており、これまで繰り返し、データの保護と慎重な利用を軽視する姿勢を示してきた」と批判。仮想通貨立ち上げ計画によって同社は「野放しな事業拡大を継続し、利用者の生活にまで事業範囲を広げる」ことになるとした。

下院金融サービス委の共和党有力議員であるパトリック・マクヘンリー氏もフェイスブックの仮想通貨構想について公聴会の開催を求めていた。フェイスブックの担当者は、議員らの質問に答えることを楽しみにしているとコメントした。

同社による仮想通貨計画の発表を受けて米議員や世界の規制当局からは即座に懸念の声が上がった。

米上院銀行委員会の民主党トップ、シェロッド・ブラウン議員は「フェイスブックは既に規模と影響力が余りにも大きいし、その影響力を使って利用者のプライバシーを保護することなくデータを悪用してきた。フェイスブックがスイスの銀行口座で監視されることもなく高リスクの仮想通貨を運営することを認めるわけにはいかない」と声明で訴えた。

フェイスブックの度重なるデータ流出事件によって、会社の姿勢が信用ならん、という話のようです。

やっぱりか。ザッカーバーグCEOも多分これくらい読んでいるでしょう。だからこそ、ビットコインとの違いを出そうとしてるはず。

 

安全性が担保されれば、敵を内にいれ、サービスは広がっていきそうです。

 

フェイスブックの戦略

フェイスブック社の収益の柱は広告費です。

ここに、

  • フェイスブック ⇒ 広告
  • インスタグラム ⇒ 広告
  • ワッツアップメッセンジャー ⇒ 広告
  • リブラ ⇒ 金融

金融という景気による広告費の上下が少ない事業を作りたかったんじゃないだろうか。規模は違うけど楽天も金融事業を進めてから、太く安定した経営ができているみたいだし。

 

広告市場はGoogle、アマゾンと取り合うレッドオーシャンなので、「ブルーオーシャンで伸び伸び泳ぐぜ!」ってザッカーバーグさんは思ってるんじゃないかな。

 

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村