[速報]FOMCでのFF金利は0.25%引き下げ、予想通りながら株価は下落

世界の市況

ー 18日夜 ー

 

最近のサウジ原油施設爆破によって、少し市場は冷えたけど、また平静を取り戻しつつある。

 

9月は他に問題がなければ上昇相場になりそうだけど、唯一下がりそうな局面といったらFOMCの発表(19日3時)直後かな。

そこで大きく下がるなら逆張り買いを仕掛けたいところ。

 

買うのはいつもの高配当BIG3(HDV、SPYD、VYM)

 

現在23:50

NY株式市場は小幅のマイナス。

 

Fedウオッチは0.25%下げが7割ほど優勢に。

ちょっとの間に逆転している。

 

・・・

 

とりあえず寝よう。

 

・・・

 

・・・

 

19日3:00前

2:50

目覚ましで起きた。眠い・・・

 

さあ、これからFOMCでのFF金利の発表です。

 

3:00

3:00

さあ、発表だ。

 

・・・

 

FOMCは、政策金利を0.25%引き下げる事を決定した。

やはり。

 

FOMCは賛成7、反対3で金融政策を決定。

前回は反対2名だったな。1人増えている。

 

FOMCは「利下げは世界経済の動向とインフレ圧力の弱さから判断」「先行きの見通しに不確実性が残っている」などと発表した。

なるほど、インフレの低さはずっと言ってるな。

 

NY市場

NY市場は寄付きから小幅のマイナス。FOMCの発表を受けても同様に推移。

 

3:05

S&P 500
2,993.44
-12.26(-0.41%)

Dow 30
27,027.06
-83.74(-0.31%)

Nasdaq
8,139.08
-46.93(-0.57%)

発表前と比べて下げ幅はほぼ変わらず。

 

高配当ETF3種は、

HDV 95.31 -0.22%
VYM 89.28 -0.17%
SPYD 38.32 -0.60%

やはり小幅の下げか。

この程度では買う魅力も少ない。

 

ドルは逆に20銭ほどドル高に。

こちらも小幅の動き。

 

・・・

 

おや?

株価がさらに下がっています。

 

お、恒例の狸ツイッターか。

トランプ大統領は「パウエル議長ら当局者はまたも失敗、ガッツがない」などと述べた。

あんたの戯言に付き合う無駄なガッツは出さないぜ。パウエルさんは。

 

パウエル議長の声明

3:30

パウエル議長の声明です。

 

パウエルFRB議長は「FEDは可能な限り最善の決定を行うことに専念」「利下げは保険的な意味を持っている」などと述べた。

また保険かい。いらんだろ、もう。

 

パウエルFRB議長は「経済は順調であり、見通しは良好」「家計支出は成長の主因となっている」などと述べた。

個人消費がいいってことね。

 

パウエルFRB議長は「昨年以来の世界経済の成長見通しは弱まっている」「雇用市場は引き続き堅調」などと述べた。

ここ数ヶ月間で言っていることは変わらないな。

 

パウエルFRB議長は「経済成長は中程度の速度で継続すると予想」「依然としてインフレは2%まで上昇するとみている」「インフレ圧力は依然として中立的」などと述べた。

結局、サウジ原油危機が一服しそうだし、インフレ率が上がらない以上、今後も利下げは継続するかもね。

 

ん?

なんて言ってたら、利下げ継続は半々かむしろ少数派のようだ。

このバラバラ感も、先行き不透明感を増しているな。

 

そのあたりを嫌気しての株安なのかな。

 

関連記事

FOMCメンバーの金利志向の変化表

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ