ディフェンシブなHDVがこんなにトホホな日も珍しい

世界の市況

12月18日から19日の米国株式市場は、大きくアップダウンして閉場。

 

主要3指数はギリギリプラス

主要3指数はアップダウンを繰り返しながら、終値はギリギリプラスになりました。

 

S&P 500

2,546.16

+0.22 (+0.01%)

 

Dow 30

23,675.64

+82.66 (+0.35%)

 

Nasdaq

6,783.91

+30.18 (+0.45%)

 

S&P500なんて+0.01%と、終了間際に誰かのご祝儀が入ったようなギリギリっぷり。

 

セクター別

次はセクター別も見てみましょう。

セクター 騰落率
エネルギー -2.36%
コミュニケーション・サービス +0.44%
テクノロジー +0.79%
ヘルスケア -0.87%
一般消費財 +0.78%
金融 -0.38%
公益事業 -0.67%
資本財 +0.50%
生活必需品 -1.18%
素材 +0.56%
不動産 +0.99%

 

 

うわっ

ディフェンシブ・セクターがマイナス。

特に原油安が響いているエネルギーが-2.36%と大きく落ち込んでいますね。

 

ということはディフェンシブな「アイツ」も下がってるな。

 

HDVの一人負け

ぱたるウォッチリストをチェックしよう。

 

ほ~ら

高配当ETF、特にHDVだけが大きく落ち込んでいます。

こういった相場もないことはありませんが、HDVだけ大きく負けるのは珍しいことです。

 

HDVの終値は「85.13ドル」

今年6月以来の安値をつけました。

 

あれ?プラスのはずのS&P500のVOOがマイナスです。誤差ってやつでしょうか。

 

HDV組入銘柄トップ10

HDVの組入銘柄トップ10も見てみましょう。

 

ほほ~

「渦中」のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)だけプラス!

エクソンモービル(XOM)、シェブロン(CVX)のエネルギーコンビと、タバコのアルトリア(MO)がマイナス2%超え。

 

明日20日はFOMC

さあ、米国時間で19日、日本時間で20日はFOMCの政策金利の発表があります。

今年最後のビッグイベントであり、利上げしてもしなくても、株価の下落は避けられないかもしれません。

 

・・・

 

2017年のクリスマスは皆陽気に過ごせたでしょう。相場的には。

 

今年2018年のクリスマスは「どんよりモード」になりそうです。

 

けど、下を向いてもしょうがないよ。

だって、こういう時もあるからさ。

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ