ISM製造業景況指数は予想を下回ったがすぐ反発

11月1日、23:00、ISM製造業景況指数が発表されました。

 

予想 : 59

 ↓

結果 : 57.7

 

と、予想を下回ったことを受けてNASDAQは-0.4%の下落。

S&P500、NYダウの若干の下落。

 

ISM製造業景況指数とは?

米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が製造業約350社の仕入れ担当役員にアンケート調査を実施して発表される、景気転換の先行指標と言われています。非常に早い段階で発表される事から(翌月第1営業日)、注目度が非常に高い指標です。この指数が50%を超えれば景気拡大、下回ると景気後退を示しています。

yahoo!ファイナンスより引用

 

ISM製造業景況指数の過去データ

 

2018年は結果値が予想値を上回ることのほうが多いようです。

 

今回、予想を下回ったことにより小幅な下げはありましたが、すぐ戻る可能性が高いですね。

 

・・・

 

あ、なんて言っていたらすぐ反発しました。

 

これが「THE 織り込み済み」ってやつかな。

 

明日NASDAQ市場引け後にアップルの決算発表あり

米国金利の上昇による市場の不安感は払拭されていないでしょうし、「景気後退」の文字がちらつき始めているアナリストもいるようです。

 

しかし、サウジ記者殺人や中国貿易摩擦、イギリスEU離脱あたりは、瓶の底に漂っている澱(おり)のように、たまたま揺らされておらず広がっていない状態です。

 

ただ、前回記事でも書きましたが、上値抵抗線を突破したことによって株価にポジティブな反応がでています。

前回記事。

 

あとは、NASDAQ市場引け後にアップルの決算発表があるので、それ次第では米国株全体が大きく上がる可能性がありますし、悪い結果であれば10月29日の最安値まで戻ってもなんら不思議はありません。

 

ただ、11月2日 21:30は米国雇用統計の発表があるので、決算発表が良くても慎重な上がり方をするかもしれません。

 

さらに来週11月8日の深夜にはFOMCから利上げについての発表があります。

 

これも視界良好100%って感じではなく、「予想と違うニュアンスの発言が出るのでは? そうなったら悪いサプライズで株価下がるか?」

って思っている人はたくさんいると思います。

 

・・・

 

う~ん

 

少しネガティブな空気が流れて米国株全体が反落しそうな予感・・・

 

 

アップルには雨上がりの虹のように、淀んだ空気をスカッと変えてほしい!

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村