今宵、寂しく一人負けのSPYDを買ってあげよう

世界の市況

6日の米国株は全面高!・・・と思ったら・・・

6日の米国株式市場は、3指数ともにプラスでオープンしました。

 

ドル円も一時105.52円付近まで下げましたが、23時現在で106.50円まで上がっています。

 

・・・とくれば、

 

米国株は全面高かと思いきや、私のフェイバリット銘柄のSPYDは下がっている。

保有している全銘柄中、マイナスなのはSPYDだけ。

 

REITで何かあったかな?

セクター別で見てみよう。

こちらはセクター別ETF。

下げているのは後ろにEが付くエネルギーと、Uの公益、Bの素材の3セクターだけ下げています。

不動産のXLREはプラスでした。

な~んだ、公益のせいでSPYDはマイナスだったのね。

 

1人寂しそうにしてるし、買ってあげるのが優しさでしょう。

 

むむ?

ぐびんと上がってきた。

プラ転しそう。

 

今日一番の下げは36.21ドルだったので、36.20で指値を入れよう。最低手数料がゼロになったので少額でいいか。

カタカタ、ポチリ。

設定完了。

買えなきゃ買えないでよし。

 

9月の利下げは不要

やっぱり、米中問題はちょうどいいブレーキをかけてくれます。

トランプさんの意図は違うだろうけど、今回の第4弾関税ツイートは、私たち米国株式投資家にとってちょうどいい調整になりました。少し前まではプチバブルの泡が膨らみかけていたので、大きくならずに済んだ。

 

今後も、3ヶ月に一回くらいに頻度で爆弾ツイートをお願いしたいものです。プチショックがあると逆張り買いができるのもいいんだよね。

 

今、世界中で余っている投資資金が、高い利回りを求めてさまよっています。

大きな景気後退の波が訪れたらそんな空気は一変しますが、今はちょうどいい空気感。

リスクはハーフオン、ハーフオフみたいな感じです。

 

ぜひこの曇り空のまま今年は進んで欲しいもんだ。うまくいけば超上昇相場で今年はフィニッシュできるでしょう。

んでもって、来年も米中の雲がもくもくしていれば、小規模な景気後退で2020年も乗り切れるかもしれません。

 

案外、トランプさんもツイートで晴れ雨のバランス取るのうまいのかもな。

ほら、夫婦とか同僚とか上司部下でも、早め早めで不満をガス抜きしたほうが、大爆発起こしてのっぴきならない状況になることが少ないじゃないですか。それと同じで。

 

・・・

 

そう考えると、今年のFF金利の引き下げは、残りゼロ回でいいような気がするがどうだろうか? 少なくても9月は据え置きでいいんじゃないか。

 

・・・

 

さてと、0時回ったか。寝よ。

 

・・・

 

ん?

また株価が下がってきたぞ。

 

SPYDは36.18ドルへ下落。

今日も約定しました。(36.20ドルで)

 

$$$

 

※8/7朝追記

SPYDの終値は36.56ドル、前日比+0.58%でした。押し目の前にうまく買えたね。

今週はあと1回下げがあるような気がする。

 

ぱたるのおすすめ記事

最近はSPYD祭りを開催。

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村