アルトリア(MO)反発で+2.26%の51.51ドル、Xmas前の株価まで復活

世界の市況

6:00

NYクローズ

 

今週も米国株は穏やかな相場だったな~。

 

さて、主要3指数の終値は、

S&P 500

2,792.67

+17.79(+0.64%)

 

Dow 30

26,031.81

+181.18(+0.70%)

 

Nasdaq

7,524.43

+64.72(+0.87%)

 

うん、寄付きはイマイチ発進だったけど、最後にまとめてきましたね。

 

HDV銘柄トップ20

HDV銘柄トップ20はどうだったかな。

・・・

お~、圧倒的にプラスが多い。しかも大幅な。

 

まずはマイナスグループから。

ブロードコム -1.58%

コカコーラ -1.24%

コーラっちはまた下げているのか。

 

次はプラスグループ。

アルトリア +2.26%

ファイザー +1.95%

ブリストル・マイヤーズ スクイブ +1.70%

シスコシステムズ +1.42%

ベライゾン +1.37%

他にもプラスが多いですね。

 

HDV本体は+0.67%

S&P500は+0.64%と僅かにHDVが上回りました。

ほとんど負けるけど、たまにこういうことがあります。

 

アルトリア・グループ(MO)が反発

今日一番の上げ男はアルトリアでした。

アルトリア +2.26%

 

目に付いた記事は、

ロイター通信によると、電子タバコメーカーJuul Labs(ジュール)の売上高は2018年の黒字で、今年の3倍の34億ドルに達すると予想されている。
vapingデバイス(吸い込む機器)メーカーは先月の最初の公式成長率を明らかにし、2018年には10億ドル以上の売り上げを上げ、前年の2億ドルから増加したと語った。

出典:YAHOO! FINANCE

 

よくある、

買収発表で買収した側の株価が下げ、

 ↓

その後、買収された側の業績が好調で、買収した側の株価が上昇、

っていうパターンでしょうか。

 

マリファナ事業の期待も株価上昇に好影響を与えているかも。

 

しかし、ほんと不死鳥のように蘇ってくるな、アルトリアは。

 

フツーのアメリカ人の何%くらいがマリファナを吸うのか?

昨年、カナダでマリファナが合法化されました。

アメリカの弟分と言われているカナダは、アメリカに睨まれないのを確認した上で合法化に踏み切ったはずです。

 

そして、アメリカでもすでに一部の州で合法化されています。

 

実際、アメリカ人の何%くらいがマリファナを吸うのか?(隠れながらの人を含めて)

これって疑問でした。

 

タバコの喫煙率と近いのか?

酒の飲酒率と近いのか?

 

まさか30%は超えていまい。

5%より絶対多そう。

 

こんなことを考えていたある時、NBAの情報を伝えている、リクトさんというお気に入りのYouTuberがいました。

彼はNY出身のアメリカン・ジャパニーズで、その人動画で「アメリカ人のマリファナ事情」を伝えていたのです。

 

以下動画(日本語です)

【動画:日本ではありえない!アメリカ育ちがマリファナ(大麻)についてどう思うか】


彼は、ニューヨークで普通の高校生として暮らしていたようなので、ニューヨークという一部限定された地域ではありますが、ある程度、「実際、アメリカ人の何%くらいがマリファナを吸うのか?」の参考になると思います。

 

見た感想は、

「マジか?」

・・・

私の予想は大きく外れた、とだけ言っておきましょう。

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村