NASDAQはスチールドラゴン2000

CFD

一番下がったNASDAQが一番上がった

10月11日に大きく下がった米国株式相場ですが、10月13日には以下のように早くも大幅に反発しました。

 

NASDAQ:+2.29%

S&P500:1.42%

NYダウ:+1.15%

 

大きく下がったNASDAQが一番大きく反発しました。

 

以下は11日⇒13日の変動と上がり幅です。

 

NSADAQ:-4.40% ⇒ +2.29% ⇒ -2.11

S&P500:3.23% ⇒ 1.42% ⇒ -1.81

NYダウ:-3.09% ⇒ +1.15% ⇒ -1.94

 

依然としてマイナスですが、実は大きく反発した分、NASDAQはそれほど大きく下がったままではありません。

 

このような低い波と高い波が極端に動くのはNYダウにはないNASDAQの特徴であり、今後も全面安の際は同様に動くでしょう。

 

NASDAQはまさに、世界最高点の高さ、世界最大落差を誇るスチールドラゴン2000(ナガシマスパーランド)です。

これがスチールドラゴン2000

 

米国株価指数CFDビッグスリーのチャートはどう変化したか?

米国株価指数CFDビッグスリーである、NASDAQ100、S&P500、NYダウのそれぞれ1時間足チャート状況です。

 

NASDAQ100

 

S&P500

 

NYダウ

 

やはりNASDAQ100が一番大きく上がっていますね。

 

米国株価指数CFD損益

以下、10月13日現在のCFD含み損益。

 

 

 

以下、米国株価指数CFDの累計損益表。

 

証拠金 レバレッジ 含み損益 10月累計実現損益
10/2 40万円 約10倍 +88,761円 0円
10/6 50万円 約6.9倍 -18,900円 0円
10/8 60万円 約5.8倍 -26,007円 -476円
10/9 60万円 約5.8倍 -26,007円 -476円
10/11 90万円 約3.6倍 -191,528円 -476円
10/13 90万円 約3.6倍 -148,172円 +1072円

 

多少回復しましたね。

 

10月13日に累計実現損益が+1072円になっていますが、これはダウとS&P500にショートで入れていたところ、反発したので即決済した結果です。

 

前日まで-476円だったのが+1548円利益が出て、差引+1072円になったということです。

 

ぱたるの米国相場短期予想

来週、10月15日(月)から10月19日(金)まではもみ合いながらもS&P500とダウ30が上昇トレンド。NASDAQ100も同様ですが、よりスチールドラゴンしながら上昇すると予想します。

 

さあ、ここで迷うのが追加ポジションを取るか? はたまた静観か?

 

・・・

 

ここは、イメージではダウ5割、S&P5004割、NASDAQ1001割でロットを振り分けたいのですが、この通り10枚振り分けると最低証拠金が約40万円必要です。

 

負けているときにナンピンするのは良くありません。

 

かといって、このチャンスにリスクを取らずボケっとしていても面白くない。

 

なので、状況を見ながらダウ3枚、S&P500を2枚追加するつもりでボードに寝そべって波待ちしてみます。

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村