NASDAQトップ銘柄の値動きがマイルドなのは新たなフェーズに入ったからか

投資全般

21日

昨日の米国株はマイナスだったが今夜はどうだろう?

 

・・・

 

22:30

NY市場が開きました。

 

S&P 500
2,923.87
+23.36(+0.81%)

Dow 30
26,183.91
+221.47(+0.85%)

Nasdaq
8,010.97
+62.41(+0.79%)

揃って反発。

 

しかし、ここ数ヶ月くらいだろうか? 気になっているのが、3指数が横並びになることが多いことです。

 

以前なら、下がるときも上がるときもS&P500とダウはワンセットで同じ値動き。(ボーイング墜落など特殊時期を除く)

一方、NASDAQは上がるときは一番大きく上がり、下がるときも一番大きく下がっていた。

 

ところが最近は横並び。たまに今日のように逆転することも増えている。ちょっと前まで逆転なんてあまり見られなかったのに。

ハイテク株の値動きがマイルドになっているんだろうけど、NASDAQは時価総額加重平均で算出する指数です。

つまり、より時価総額が高い銘柄の影響を強く受けるんです。

 

こちらは、現在の時価総額トップ10。

あ、Googleがフェイスブックに抜かれている。

ま、この程度の誤差はちょっとしたことで変わるか。

 

マイクロソフトは1兆ドルか。100兆円以上。

凄まじいな。

 

いつだったかかなり前に、『マイクロソフトがクラウドサービスに注力』とニュースで流れたとき、「おいおい(笑) 会社の大事なデータを雲に預けるバカなんていないよ(笑) MSも終わったな~。リナックスとかに飲み込まれて衰退していく企業か~」と、今言ったら冷笑されるようなことを、当時会社の同僚たちと話していたのを思い出しました。

やっぱり私は個別株をやる才能がないんだろうな~ww

 

・・・

 

なんだかんだいってもNASDAQはハイテクが多い。

今はたまたまマイルドな値動きでも、きっといつか暴れ馬の相場もくるでしょう。

 

ただ、ウーバーみたいにITに見えて実は地場の人海戦術が必要な配車サービスだったり、半導体株だったりするような構造的に値動きが粗いハイテク株と、人の脳髄まで浸透しちゃったハイテク株は全然違うセクターなのかもしれません。

例えば名称も、前者はインフォメーション・テクノロジーセクター、後者はソーシャル・テクノロジーセクター、みたいに変えるとか。

 

ただ、最近生まれた新興企業がすぐソーシャル・テクノロジーセクターに入れるかといったらそれは無理なわけで、なぜなら人の脳髄に入り込むには時間がかかるし、さらに強い中毒性も必要だから。

 

時価総額ランキングの8位から下はテクノロジーセクターじゃないけど、その上の銘柄のサービスは脳髄に入り込んでるイメージあるもんな。

 

$$$

 

今後は、動画配信の戦国を勝ち上がった銘柄だったり、次世代のリチウムイオン電池の覇者だったり、ロボットだったりの銘柄もソーシャル・テクノロジーセクターに入り込んでくるんだろうな。

 

あ、「ソーシャル・テクノロジーセクター」とか普通に言ってるけどそんなもんないからね。(笑) 造語です。

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ