原油相場は雪崩式フランケンシュタイナーを喰らえばいい

「株ってやっぱりリスキーで全然儲からないね」

 

今年の夏ごろから株式投資を始めた人は、今秋の世界株安で自分の保有株もしっとりと含み損を抱えてこんなことをつぶやいているかもしれませんね。

 

『やっぱやるんじゃなかった・・・』

 

・・・

 

『ブログに米国株は固い、とか書いてたけどユルユルじゃん』

 

・・・

 

『誰だよ! アップルだけは大丈夫、とか言ってたヤツは!』

 

こんなことを思っている人は増えていそう。

 

では、そんな私はどうなのか・・・?

 

HDVはカワイ・レナード

私はどうかというと、

 

「評価額はやっぱり下がったけど大したことはないです」

 

てな感じ。

 

$$$

 

私のメイン銘柄である「HDV」は堅い守りが特徴のザ・ディフェンシブETFです。

 

分かりやすく言うとNBAで2年連続年間最優秀ディフェンシブプレイヤーに選ばれたカワイ・レナードのようなものです。

 

特にグロース株をやっている人に比べたら含み損は微々たるもの。

 

私の資産が大して減ってないワケ

 

なので、梅雨時期のようなジメジメした相場の中、カラッと新規ポジションを取りたい気分なのです。

 

買える商品がない・・・

しかし、買いたい、いや、買っても問題ない商品が見つかりません・・・

 

つまり、はっきりとしたトレンドが出ていて、買った直後に急降下するようなリスクが少ない商品が見当たりません。

 

例えば、

 

HDV ⇒ この前買ったばかり。まだ曇りのち雨の予報が出ているので様子見。

 

PFF ⇒ 様子見。理由はこちら。

 

QQQ ⇒ ハイテク株は目下☆絶賛☆急降下中☆ ロマンティックあげるよ状態

 

ディフェンシブセクターETF ⇒ 公共事業ETFとか? 今だけ必要ですぐにポイしたくなる。不要。

 

S&P500・ダウ系 ⇒ 全然上昇トレンドに入っていない。

 

個別株 ⇒ この大雨の状態で何を買う? 買っていいと判断できるものはないし、私は個別株はやらない。

 

日本株 ⇒ ウォッチすらしていない。だから知らない。

 

新興国株 ⇒ う~ん、今は動くには早すぎる。動くとしても来年くらいかな。

 

債券系 ⇒ 債券はしばらくやらない。理由はこちら。

 

ドル買い ⇒ この前FXで2万ドル確保。後は住信SBIネット銀行でちょろちょろ買うくらいで十分。

 

FX ⇒ 為替差益取引は基本的にやらない。というかやめた。

 

仮想通貨 ⇒ 興味なし。

 

ソーシャルレンディング ⇒ たまにネット情報でウォッチだけしているがまだ様子見。

 

不動産投資 ⇒ 今じゃないし、近い未来でもない。

 

・・・

 

うーむ・・・なかなか良さげなのがないな・・・

 

・・・

 

商品先物 ⇒ 金? 銀? コーン? ・・・ 一から勉強してみるか・・・

 

・・・

 

あ! 違う!

 

原油だ!

 

原油先物だ!

 

今、原油は激下がり中だ!

 

それなら「売り」でポジション持てばええやんか~

 

しかも! HDVにはエクソンモービルなんかのエネルギーセクターも入っているから原油と密接に関係がある。

 

エネルギーセクターの値動きを肌で感じるには原油に手を出すのが一番勉強にもなる。

 

これや~!

 

原油相場は雪崩式フランケンシュタイナー

WTI原油は10月から下がりっぱなしです。

 

こちらは原油先物の日足チャート

 

10月ごろより雪崩式フランケンシュタイナーのごとく下がっています。

 

獣神サンダー・ライガーの雪崩式フランケンシュタイナー※

 

※フランケンシュタイナー=バク宙するように体を後ろに反らせながら、相手の頭を自分の足で挟み、後ろに放り投げて頭を強打させる技。

 

こちらは原油先物の1時間足チャート

 

下落トレンドは続いています。

 

「売り」からポジってみるか?

 

原油先物なら原油CFD

原油先物の取引をするには、原油先物や原油CFDを取り扱いしている証券会社の口座を開く必要があります。

 

最低証拠金が何十万円も必要な証券会社もありますが、最もおすすめは「GMOクリック証券」です。

 

原油CFDの最低証拠金は今のレートだと3000円くらい。(レバレッジは20倍まで可能)

 

GMOクリック証券はコストの安さや使い勝手で見てもナンバーワンの証券会社と言って間違いありません。

 

習うより慣れろ

必要な金額はたかだか3000円なので早速やってみよう。

 

現在、11月23日、22:00。

 

価格は52.20ドルあたりで推移。必要な証拠金は2900円くらいですね。

 

・・・

 

指値「52.25ドル」で売りエントリー。

 

売りなので価格が下がれば下がるほど儲かる仕組みです。

 

・・・

 

おや? 5分くらいで約定。

 

・・・

 

30分後。

 

ぐびぐび下がっています。

 

あっと言う間に含み益が1500円ほどになりました。

 

ほほ~

 

・・・

 

23:10。

 

少し値が上がってきました。

 

原油価格はNYオープンと同時に上がることがあります。

 

初めての原油取引だし、ここらが潮時。

 

成行でポジション決済。

 

「51.31ドル」で約定。1060円の儲けでした。

 

$$$

 

0時回って日付が変わり、原油価格は再び下げ始めました。

 

このまま下がりそう・・・

 

だけど今日は新規には建てません。

 

なぜなら、初めての取引で慣れてないし、土日の政治情勢でひっくり返ることもあるので。

 

ドルは金利がついてるけど円は働かない

FXのドルスワップ金利や、住信SBIネット銀行のドル金利で日々チャリンチャリンしていますが、もうちょっと利回りのいい投資先はないものか?

 

特に、日々大して働かない円資金をどうにかできないか?(金利が良い楽天銀行でも0.1%)

 

そんなことを考えていたら「原油CFD」に辿り着きました。

 

元々、9月ごろにドル高でドル転がしづらい環境のとき投資先として見直ししたのがCFDでしたが、メインとするはずだったNASDAQ100先物が暴落。

 

米国株価指数先物の戦術について

 

あれから3ヶ月弱が経ちましたが、ダウ30先物あたりはさらに安値を更新しているので今はそっとしておくしかありません。

 

まとめ

そもそも、こんなジメジメした大雨相場のときに新規ポジションを持とうということ自体間違っているという考え方があります。

 

つまり、大規模低気圧が過ぎるのをじっと待つということ。

 

・・・

 

しかし、私は何かしら動きたいんです。

 

理由は2つ。

 

  • 少額で徐々に行えば全体の資産に対して低リスクで行える
  • ヒマだから(笑)

 

理由はこんなところですかね。

 

いずれにしても大切なのは、「市場」に常に片足を突っ込んでおいて退場しないようにすることです。

 

なぜなら、堅実な投資は「長期投資」

 

長期投資は十数年単位。

 

今「市場」から撤退したら将来のリターンはないからです。

 

って、チャールズ・エリス著書【敗者のゲーム】の一文、「稲妻が輝く瞬間」についての受け売りですが。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村