「有り難いことに、パウエル氏から中立金利の水準を巡る発言はなかった」

世界の市況

25日、21:00

21:00

現在、ほぼ全世界で全面安です。

 

といっても小幅の下げが多く、アジアで比較的大きく下げているのは、

上海総合 -0.67%

インドBSE -0.66%

上海総合は昨日、+5.60%でしたがさすがに下げていますね。

 

日経平均は-0.37%

インドネシアはプラス。

 

欧州は、

イギリスFTSE100 -1.06%

スペインIBEX35  -0.60%

ユーロSTOXX50 -0.41%

こんな感じ。

スイスはプラス。

 

・・・

 

21:30

21:30

S&P500先物は朝から下げていましたが、徐々に上がってきて、現在2790ドル前後。

今日の寄付きはマイナススタートかな。

 

ホーム・デポの決算ニュースが入ってきました。

「11-1月期は増収増益 市場予想には届かず」

「四半期配当を32%引き上げて1株1.36ドルとする」

そうか。

 

・・・

 

・・・

 

明日は仕事で早出しなきゃ。

寝よ。

 

 

・・・

 

・・・

 

 

寝たzzz

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

5:00

5:00

起きた。

 

なんか暖かいな。

でも、ここで「春の兆しが」とか言ってると急に寒さが戻るパターン。

毎年なんだよな、騙されんぞ。

 

この時期、春のモメンタム指標は信頼性が薄いことを織り込んでおく必要があります。

東京の天気予報は・・・

「晴れのち雨」

上昇トレンドから急落予想。1日全体で見るとレンジ相場ってことです。

しかし晴れから雨って何。間に曇りが入らないのか。

 

・・・

 

株価はどんなんだ~?

 

S&P 500
2,801.43
+5.32(+0.19%)

Dow 30
26,146.70
+54.75(+0.21%)

Nasdaq
7,563.45
+8.99(+0.12%)

ほぼ横ばい。

 

S&P500は一時2790ドルまで下げましたが、4時ごろから盛り返しています。

 

パウエル議長の議会証言

深夜パウエル議長の議会証言がありました。

FRBの政策判断、あくまでデータ次第=パウエル議長

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は26日の議会証言原稿で、FRBの今後の政策判断について引き続きデータ次第となることを強調した。また、景気の現状は健全で見通しも明るいと述べた。

一方で、ここ数カ月は向かい風が発生し、強弱入り交じる兆候も見られるとの認識を示した。

出典:Dow Jones社

ふむ、特に晴れにも雨にもならない発言かな。

株価も多少上下したようですが、結果的に前日比ではほぼ変わらず。

 

これを受けてエコノミストの発言も出ています。

アムハースト・ピアポイント・セキュリティーズの首席エコノミスト、スティーブン・スタンリー氏は、米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長による金融政策に関する議会証言について「何ら新味がない」と評した。

パウエル氏はもともと1月に景気の逆風や下振れリスクといった一連の見解を示し、FRBの様子見姿勢が助長されたとスタンリー氏は指摘する。

ただ「有り難いことに、パウエル氏から中立金利の水準を巡る発言はなかった」と付け加えた。パウエル氏はここ半年、中立金利を巡る発言で市場の混乱を引き起こしていたためだ。

出典:Dow Jones社

ホッとしつつも株価が上がっているわけじゃない。

心情的には晴れ。株価的には特に晴れでも雨でもないということか。

 

ん?

パウエルさんが石油についても言及しています。

米石油業界、供給ショックの緩衝材に=パウエルFRB議長

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は26日、米国内の石油業界が再び活性化していることについて、海外発のエネルギー供給ショックに対する備えになり得るとの見方を示した。

パウエル氏は、1970年代のインフレ高騰は海外の供給ひっ迫による原油価格の急騰が一因だったと指摘。シェールオイルブームは「現在の米経済における実質的な緩衝材」だとし、エネルギー業界が雇用を押し上げ、米各地で幅広い経済活動の追い風になっているとの認識を示した。

出典:Dow Jones社

「石油業界が再び活性化している」とコメントしてますね。

そうなのか。

WTI原油先物は昨日も54ドル切ろうかという勢いで下がっているし、現在は55.70ドルあたりですが、それでもやっと昨年11月の水準に戻っているだけです。

 

シェールオイルブームがエネルギー業界の雇用を押し上げて、アメリカ経済のクッションの役割も担っていると言っています。

やはり自国で原油が出るってすごい有利です。

OPEC(石油輸出国機構)に振り回されずに自給自足ができるから、それによって外交も強気で交渉できる。

当然、軍事力もナンバーワン。

経済力もそう。

文化の発信力、求心力もそう。

 

学校のクラスにも、スポーツはできるけどアホなやつとか、勉強もできて話も面白けど足が遅いやつとか、天は二物を与えても三物も与えたやつはほとんど見たことないけど、アメリカは五物くらい与えられてるな。何かから。

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ