S&P500、ダウ共に14ヶ月ぶりの安値で利上げは止める!?

12月17日のNY株式市場は全セクター急落して閉場しました。

 

主要3指数の終値は、

 

S&P 500

2,545.94ドル

-54.01 (-2.08%)

 

Dow 30

23,592.98ドル

-507.53 (-2.11%)

 

Nasdaq

6,753.73ドル

-156.93 (-2.27%)

 

閉場直前に少し上げましたが、明けて18日5:45ごろには、2017年11月以来の安値まで急落しました。

特に○○ショックのような報道はされていないのにこの下落。

20日のFOMCの利上げ発表が意識されたのか・・・。

 

17日23:30のNYオープンでも全面安で開始した、株式市場。

直後にトランプさんはツイッターでFRBの利上げを批判しています。

 

・・・

 

いや~

 

きな臭いぞ

焦げ臭いぞ

 

 

20日、FOMCの行方に俄然注目が集まります。

 

予定通り利上げしても株価は下がるでしょうが、仮に12月の利上げを止めるなれば、

景気不安があるってことなんだ

 ↓

本格的なリセッションの始まりなんだ

 ↓

資金を引き上げよう

という心理によって雪崩現象が起こるかもしれません。

 

利上げしても地獄。

止めても地獄。

 

トランプさんがツイートしようが、地獄の釜の蓋は開いちゃったのかもしれません。

 

ぱたる的大納会は14日で締めたってのに、年末ぎりぎりまで株式不安は続きそうです。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村