英メイ首相、涙の退陣コメントも、そんなことは関係なく英米ともに株価は上昇

世界の市況

メイ首相が6月7日に退陣へ

24日、20時

 

ブレグジットで、ず~~~とゴニョゴニョしまくっていたイギリス議会、そしてメイ首相。

とうとう首相の退陣が決まったようです。

 

メイ首相が6月7日に退陣へ、EU離脱の未達に「後悔」表明

メイ英首相は24日、来月7日の退陣を表明した。在任中の一大責務として取り組んできた欧州連合(EU)離脱を実現できなかったと、メイ氏は涙を浮かべながら敗北を認めた。

メイ氏は首相官邸前で声明を読み上げ、「最善を尽くしてきた」と述べ、「EU離脱を達成できなかったことを今も、そして今後も深く悔やむ」と話した。

次期首相は自らが成し遂げられなかったEU離脱という責務を引き継ぎ、遂行できるよう努力する必要があると、メイ氏は呼び掛けた。同氏は7日に与党・保守党の党首を辞任し、その翌週から新首相を選ぶ同党の党首選が正式に始まる。

党首選は候補者が乱立しそうな雲行きで、予想は難しい。党幹部らは7月末までに新党首を決めたい考え。党首選の結果はEU離脱問題の方向性を決定付けそうで、合意なきEU離脱から離脱取りやめまであらゆる可能性が今や再浮上している。

次期首相の最有力候補とされているのはジョンソン前外相。EUとの早期決別を主張する離脱強硬派として知られている。英国はEUの離脱期限は10月31日で、それまでにEUの残り27カ国と離脱合意を結べなければ、合意なき離脱に直面するリスクがある。

感情をめったに見せず機械的な受け答えの様子から「メイボット」と呼ばれたメイ首相だったが、この日は次第に感情が抑えられなくなり、報道陣のカメラに背を向けて首相官邸へと戻った。

出典:Bloomberg

う~ん、ますます出口は霧の中へ。

 

なんか、全然関係ないけど「ノルウェイの森」を思い出しちゃったな。関係ないけど。

 

おや、別のニュースも。

メイ首相の辞任、英格付けにマイナス=ムーディーズ

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、テリーザ・メイ英首相の辞任は英国の格付けにマイナスに作用するとの見方を示した。

同社のアナリスト、サラ・カールソン氏は、辞任の発表は英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不透明感を一段と高めると指摘。投資や雇用、最終的には経済成長の重しとなるとの見方を示した。

カールソン氏はまた、メイ氏の辞任は「合意なき離脱」のリスクも高め、英国のソブリン格付けおよびさまざま発行体の格付けにかなりネガティブな影響をもたらす可能性があると述べた。

Copyright (c) 2019 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

ふむ、どうかね。

 

欧州は全面高

さて、そんなメイ首相退陣を受けたイギリスFTSE100指数は、+0.91%と堅調。

というか、欧州全部が全面高です。

米中とファーウェイ・ショックが和らいだようですね。

 

さて、米国株はどうかな?

 

NY市場

22:30

 

S&P 500
2,837.42
+15.18(+0.54%)

Dow 30
25,635.81
+145.34(+0.57%)

Nasdaq
7,682.82
+54.54(+0.71%)

3指数共に反発。

 

セクター別も全面高。

公益だけ+-0%というおしゃれっぷり。

 

WTI原油がまた60ドルを切り始め、現在は58.20ドルです。今週はエネルギー株がイマイチですね。エクソン君とかボロボロでした。

 

さてHDVトップ20を見てみましょう。

ほぼ全面高。

ファーウェイ・ショックでやっつけられていたブロードコム(AVGO)は+1.50%とまずまず。

他はあまりパッとしませんね。

 

今週はよくてレンジ、悪くて下降相場で終わりそうです。

 

最近連勝していた週間予想は負けたな。↓

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ