感謝祭(サンクス・ギビング・デー)だからブログは書かないよ

11月22日、アメリカでは感謝祭で祝日です。

 

毎年11月22日が感謝祭の日ではなく、11月の第4木曜日がその日です。

 

感謝祭は祝日なのでアメリカの株式市場は休場。

 

なのでブログもお休みします。

 

ではでは・・・

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

ずいぶんスクロールしましたね?

 

 

 

タイトルに「感謝祭(サンクス・ギビング・デー)だからブログは書かないよ」と書いてあるにもかかわらず、

『何かあるんじゃないか?』

とわざわざアクセスしてくれた人のために株価指数先物のチャートだけ貼っていきます。

 

$$$

 

株価指数先物の相場は基本的に現物市場の相場と同じになりますが、時間外の先物の動きはその後の現物の動きを「先取りします」

 

つまり、朝6時でNY株式市場(現物)がクローズしますが、その後も先物市場は基本的に24時間動き続けるのです。(店頭取引やくりっく365によって多少違う)

 

例をあげると、11月19日、NYオープンの23:30から、明けて20日朝のクローズまで米国株は大幅に下落しました。

 

しかし、11月19日、NYオープン前の20時ごろからS&P500やダウの先物は大きく下がっていました。

 

S&P500先物チャート

 

① 左上の緑丸が20時ごろ。先物がここから下がり始めています。

② その後23:30がピンク丸。先物が下がった⇒だからオープンして現物が下がった⇒その勢いで先物も現物も一気に大幅下落した。

③ その後6:00で現物はクローズ。しかし先物は動き続けて上昇。先物が上昇したから21、22日の現物も上がったわけです。

 

分かりづらいですかね?

 

要は、現物の寄り付き(オープン時の初値)が付く時は、「その前の先物の株価に引っぱられて値が付く」わけです。

 

100%そうなるか?、と言われるとそうじゃない日がいつかあった気がしましたが、ほぼ記憶にないですね。

 

11月22日の米国株価指数先物

11月22日、22時の米国株価指数先物「ビッグスリー」のチャートです。

 

S&P500

 

ダウ30

 

NASDAQ100

 

どれも下がってますね。

 

このまま下がるなら、今年のブラックフライデーである11月23日~24日は下落相場かな。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村