今夜は米国株買おうかな←トランプ関税引き上げ表明で中国は協議中止も!?S&P500先物は激落中

6日昼、S&P500先物、ダウ先物は爆下げ中。

為替も急激な円高。

 

「しめしめ、これだけ下がったら今夜のNY株式市場もごっつい下げや~」

と喜んでいるぱたるです。

 

最近めんどくさかったのも理由の1つですが、米国株を買えていませんでした。

しかし、穏やかだったG・W最終日に嬉しい(人による)サプライズがありました。

 

こちらは今朝のニュースです。

トランプ氏が関税引き上げ表明、中国は協議中止も

【ワシントン】ドナルド・トランプ米大統領は5日、2000億ドル相当の中国製品を対象に課す関税を10%から25%に引き上げると表明した。10日から実施するとしている。これにより、米中貿易協議での合意に再び暗雲が立ち込めた。

トランプ氏はツイッターに「中国との貿易協議は続くが、彼らは交渉しようとしており時間がかかりすぎている」と投稿。さらに、関税を課していない3250億ドル相当の中国製品にも25%の関税を「速やかに課す」としている。

このツイートは多くの中国当局者を驚かせた。関係筋によると、中国政府はワシントンで8日に再開予定の協議を中止する方向で検討している。ここ数日、米中両国が10日までに合意に達する可能性があるとの期待が広がっていた。

同関係筋は「中国は頭に銃を突き付けられた状態で交渉するべきではない」 と述べた。今週に協議を行うかどうかはまだ決定していないという。

 中国当局者は以前から圧力には屈しないと発言している。ワシントンでの閣僚級協議を中止すれば、脅しを受けながら交渉しないという約束を実行に移すことになる。

ワシントンの中国大使館にトランプ氏のツイートについてコメントを要請したが回答はなかった。

貿易協定の交渉では相手が中国であれ、カナダやメキシコ、欧州連合(EU)といった同盟国であれ、関税が切り札になるというのがトランプ氏の考えだ。

ただ、10日に対中関税が実際に引き上げられるかは不明。ロバート・ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は関税の大幅な変更を国内産業に事前通知する必要があると考えているかもしれないからだ。

トランプ氏は昨年12月にアルゼンチンのブエノスアイレスで中国の習近平国家主席と会談して以降、対中追加関税をちらつかせることはなかった。同会談で両国は、世界市場を混乱させた貿易紛争の解決に向けて動き始めた。

しかし、トランプ氏は米株式市場が上昇するなか、今なら駆け引きの余地は大きいと考えている可能性がある。今回の表明は、米中協議の最終盤で中国側の交渉担当者に圧力をかけるためのトランプ流の交渉術かもしれない。

ピーターソン国際経済研究所の上級研究員、チャド・ボウン氏は「トランプ大統領なら何が起きるか分からないが、これがただの脅しである可能性は十分ある」と指摘。「彼ら(米中)が今週中に合意を発表すれば、トランプ氏が合意を引き出すためにできる限り強硬に振る舞ったように見えるだろう」と語った。

Copyright (c) 2019 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

ふむ、最後にはシンクタンクのアナリストが「脅しかも」と言っていますね。

 

ま、トランプさんは相変わらずトランプさんなんで分かりませんが、FOMC後の特に株価が上がる要素も無さげな今、大統領の再選に向けた世論の旗色は良くない状態です。

アメリカ国内経済が堅調な今なら、中国へ多少の揺さぶりをかけて彼らから「お土産」を引き出した上で、交渉妥結したほうがお得、という判断をしたのかもしれません。

 

でも、中国は面子を重んじる国。

彼らの体面を整えて、さらにお土産をゲットするのは容易なことではないでしょう。

そう考えるをやはりブラフか・・・。

 

まあいずれにしても、このまま好転材料も無く今夜のNY市場が激落ちしてくれたら、久しぶりにあれやこれや米国株(ETF)を買いたいですね。

 

早く夜にならないかな~。(13時頃に書いています)

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村