ユナイテッド・ヘルス(UNH)が続々落で-3.14%、3日間で-7.9%

世界の市況

ユナイテッド・ヘルスが続落

28日の米国株終値で気になったのは、ユナイテッド・ヘルス(UNH)

 

ユナイテッド・ヘルスの終値は、

242.22ドル -3.14%

 

アメリカ民主党の議員がMedicare for All(万人のための医療保険制度)の法案を提出する動きが伝わっており、今までアメリカ独自の医療制度の下、甘い果実を貪っていたユナイテッド・ヘルスはうまみがなくなるとの懸念から株価が続落しています。

この新しい制度は、民間のプランを全て置き換える案と言われています。

 

3日間で-7.9%

2日前の終値263.00ドルから、この3日間でトータル-7.9%の下落となりました。

 

ゲームチェンジ(ビジネスのルールが変わること)をもたらす可能性があると、投資家は思っているんだろうか。

私はMedicare for All法案(?)を精査してないので、確かなことは言えませんが、実際法案が可決されたらゲームチェンジはありえるかもしれません。

 

しかし、敵がいれば必ず味方がいるのがアメリカという国。

ユナイテッド・ヘルスはロビー活動にじゃんじゃん経費を投入してきたはずですが、今この瞬間もぎゃんぎゃんテコ入れに動いているでしょう。

 

ここは日本人の感覚が及ばないところかもしれません。

 

医療制度は後進国のアメリカ

かつてオバマケアでもアメリカの医療制度改革を目指したことがありましたが、今回の動きも次回大統領選にからむムーブメントになるのか否か、非アメリカ人の私としては対岸の火事として見ることができます。

 

ちょっとした病気や怪我で、何百万、何千万と請求される国、アメリカ。

それが原因で自己破産する人も多いようです。

 

・・・

 

仮に、将来配当金暮らしができるようになったとします。(米ドルで)

その時に、為替が1ドル70円のドル安になったとします。(ありえるライン)

 

そうなったらドル経済圏に移住(または半移住)してもいいと半分本気で思っていますが、仮にアメリカに住めるとなってもこの医療制度がある限り住みたくないな。

その頃は高齢で体にガタが来ている可能性もあるしね。

 

【9】

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村