こりゃまたまた米国株は全面安で開始するな、それも大幅に

10月26日、18:00の欧州は全面安。

以下代表的な欧州株価指数です。

 

ストックス欧州600 -1.27%

ユーロ・ストックス50 -1.44%

FT100 -1.35%

ドイツDAX -1.63%

フランスCAC40 -1.94%

スペインIBEX35 -1.14%

オーストリアATX 休場

ギリシャAthex総合 -0.58%

スイスSMI -0.97%

ロシアRTS -1.51%

イスタンブール100 -0.8%

FTSE/JSEアフリカ -1.37%

 

フランスCAC40が-1.94%と大幅安、先日も大きく落ち込んだドイツDAXもフランスに次いで-1.63%と下落。

 

10月の世界株安の流れが続いている状態で、欧州がこの有様なのにアメリカだけが株高になることはありません。

 

一部の個別株を除いて22:30のNYオープンは全面安で開始するでしょう。

 

それも23日の下げ幅よりさらに大きく下げると予想します。

 

米国株価指数先物は?

以下3つの先物指数を見てみましょう。

 

  • S&P500
  • NYダウ
  • NASDAQ100

 

10月26日、19:00現在のそれぞれ4時間足のチャート。

 

S&P500

 

NYダウ

 

NASDAQ100

 

3指数いずれもはっきりと下降トレンドが続いていますね。

 

NYダウだけは少しとどまっているか。

 

VIX指数は上がっているけどそれほどでもない

こんな状態だとVIX指数先物もドカンと噴火しているかと思いきや、ややおとなしい状態です。

 

10月26日、19:00現在のVIX先物4時間足のチャート。

 

 

 

噴火の前に岩盤が引っかかっているような状態なのか? これから一気に噴き出すのか?・・・

 

ロイターでこんな記事がありました。

米国株が24日に急落した局面で、投資家の不安心理の度合いを示すボラティリティー・インデックス(VIX、別名恐怖指数)はあまり反応しなかった。専門家によると、既にヘッジが相当進んでいたことなどがその理由のようだ。

S&P500の同日の下落率は3%に達したものの、VIXは4.5ポイントの上昇にとどまった。

スパイダーロック・アドバイザーズのエリック・メッツ最高投資責任者は「VIXの上昇幅は想定されていたほどではなかった」と指摘した。

(中略)

投資家が十分ヘッジしていたことで説明がつくかもしれないと話す。

【ロイターより抜粋】

 

ふむふむ。

 

これは信憑性がありそうだな。

 

かといって、今からさらに下がって、それが「想定外」だと話は変わってくるでしょう。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村