米国株全面安で債券に買いが入り利回り低下⇒PFF上昇

昨日はドルが一瞬104円台まで下がる珍事がありました。

その後、反発したものの、107円台と12月より2円もドル安で推移しています。

 

その影響もあってか、米国株は荒れ模様。

大幅な全面安となっています。

 

こちらは明けて4日の主要3指数の終値。

S&P 500

2,447.89

-62.14 (-2.48%)

 

Dow 30

22,686.22

-660.02 (-2.83%)

 

Nasdaq

6,463.50

-202.43 (-3.04%)

 

NASDAQが悪いので、案の定ハイテクが悪いんですが、その中でもひと際ひどいのがアップル。

 

アップル

142.19-15.73 (-9.96%)

約-10%!

 

マイクロソフト

97.40-3.72 (-3.68%)

 

マイクロソフトもひどいのに、アップルがひどすぎてマシに見える。

 

米国債に買いが集まり利回り低下

米国株の全面安を受けて、米国債に買いが集まりました。

 

そのため利回りは低下。

下は10年債、2年債のそれぞれ5時間足チャートです。

【10年債】

 

2018年2~3月ごろの水準まで下がっていますね。

 

【2年債】

こちらは、2018年6~7月ごろの水準と同じ。

 

PFFの価格がV字上昇

おそらく、債券利回りの低下を受けたのでしょう。

PFFの価格が最近上がってきています。

 

今日も米国株が全面安の中、1人気を吐いてプラスで終了。

 

PFF

34.61 +0.06 +0.17%

 

こちらは1ヶ月チャート。

V字で上がっています。

 

まあ、数日あまりでPFFを評価するのはまだ早いですが、債券がへこみ過ぎれば、PFFが上がるのは自然の成行でしょう。

 

私は今のところ、2019年の利上げは1回と予想しています。(あくまでノリの予想ね)

予想記事

 

今後も債券に買いが集まるなら、PFFが、

高配当

低ボラティリティ

という、安定ETFの地位を再び取り戻すかもしれません。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村