VYMは今『値ごろ』

米国ETF

HDVのライバル、VYM」は今、『値ごろ』です。

 

ライバルと思っているはHDVのほうで、VYMは涼しい顔をしてそうですが。

(字面もなんかシュッとしてる)

 

来~る、きっと来る、季節はリセッション ♪

最近、「リセッション=景気後退」のリスクが高まっていると言われています。

 

「そうなのか」と思いつつ、それがいつなのか私には分かりません。

分からないし、あまり神経質になってもしょうがないと思っているので、基本は今まで通り、「長期でコツコツ買い」をするだけなのです。

 

ぱたるポートフォリオ第3位は「VYM」

私のメイン銘柄は「HDV」です。

ポートフォリオの割合は36%でトップ。

 

PFFも2番目に保有割合が多いですが、今は買い控え中。

理由はこちら。

 

3番目に多いのが「VYM」ですが、保有割合は9%と、HDVとは開きがあります。

 

私にとってVYMとは「中途半端」な存在です。

  • HDVより配当利回りが低い。
  • S&P500のVOOよりトータルリターンが低い。
  • HDVと違ってディフェンス面が弱いので、下がるときは大きく下がる。

上記のような特長があります。

 

しかし、裏を返せばそれは「長所」です。

HDVより騰落率が良く、VOOより高配当。

こうやって聞くとバランスがいいETFですね。

 

HDVが回復専門の「白魔道士」なら、VYMは魔法も使えて物理攻撃もできる「青魔道士」みたいなものです。

あれ?やっぱ青魔道士なら中途半端じゃん!(笑)

 

そんな素敵な(?)VYMが、今おいしそうな価格になっているので、はむっといきたいところなんです。

 

高配当ETFは逆張り

私の投資スタイルとして「順張りを基本とし、逆張りは基本的にしない」を基本の型にしているのですが、ETF、特に高配当ETFは「逆張りもあり」と考えています。

 

理由は、

 

  1. 価格が低迷しても配当金が得られる
  2. 銘柄・セクター分散がされている
  3. 落ち目の株は適宜入れ替えられる

 

特に1が大きい理由なので、HDVやVYMは「ポコッと」下がったときに買うことが多いんです。

 

VYMがいい感じに下がってるじゃない ♪

ではチャートを見てみましょう(前日終値)

 

こちらはVYMの6ヶ月チャート。

 

じゅるる、うまそうじゃねぇか。

 

こちらはHDVの6ヶ月チャート。

 

上がってますね。

ついこの前「88.66ドル」で買えたのはラッキーでした。

 

ついでに高配当ETFの「SPYD」の6ヶ月チャートも。

 

ふむふむ、ふむむ。

SPYDについては、次回あたりに触れてみたいですね。

 

12月、1月もイベントは盛りだくさん

2018年第4四半期の米国株相場は、ジェットコースターのように上下しながら、結局下落相場でした。

 

今後もまだまだイベントはありますし、事件も起きそうです。最近では、

イギリスのEU離脱着地リスク

ファーウェイ・ショック

 

12月13日はECB定例理事会(ドラギ総裁定例会見)

12月20日はFOMC

1月31日はFOMC

 

そして、1月末あたりでイギリスのEU離脱の方向性が固まってきているはずです。

もしくは2月上旬ごろかな?

 

NYオープンは?

冒頭に紹介したリセッションを含めて考えても、やはりコツコツ買い増しすることに変わりはないでしょう。

特に私の場合、高配当ETFに特化した戦略なのでなおさらです。

 

さて、そろそろNYオープンだ。

12月12日、23:30

 

うわっ!

やっぱVYM上がりやがった。

S&P500とダウの先物が今朝からガンガン上がってたもんな。

 

現在VYMの価格は「83.18ドル」

前日比0.84%も上がっちゃった。

昨日買っておけばよかった~って、気付くのが一歩遅い。

 

指値はいくらくらいが妥当だろうか?・・・

 

・・・

「82.56ドル」

このあたりだな。

 

よし、今だけ下がれ~。

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ