マネーフォワードはドルベースで表示してほしい

節約

なんて、タイトルに書きましたがニーズは少ないだろうな~。

 

けど、きっと米国株投資がメインでマネーフォワードを使っている人は「わかるわかる」と首を小刻みに動かしていることでしょう。

 

マネーフォワード無しでは生きていけない

マネーフォワードは、株式会社マネーフォワードが運営している「資産管理・家計管理ツール」です。

 

一言で言うと「家計簿ソフト」ですが、世にあふれている家計簿ソフトと違うところは、「多くの金融機関や第三者サービスと連携できるところ」であり、かつそれが「使いやすいところ」です。

 

私は使い始めて2年ほど経ちますが、マネーフォワードがない生活は考えられません。

 

無料サービスもありますが、私は月々500円のプレミアムサービスを利用しています。

 

以下は無料版と有料版の違い。

 

 

いろいろ違いがありますが、私の場合、

 

  1. 連携口座数が10を超える
  2. 連携口座の一括更新

 

この2つが特に有料版を選ぶ理由です。

 

他にも「家計診断」や「ポイントの有効期限表示」など、便利な機能が多数あります。

 

マネーフォワードの損益は全て円ベース

さて、そんな無くてはならないマネーフォワードですが、改善してほしい点があります。

 

それは、資産管理を「ドルベースで表示」して欲しいんです!

 

私の資産の多くは米国ETF=ドル建て商品です。

なので、今ドルでどのくらいあって、ドルベースでの利回りがどのくらいなのかをチェックしたいんです。

 

なぜなら、円換算だと為替の影響を強く受けてしまうので、利回りが良いのか悪いのか分からないからなんです。

 

同じドル建て商品どうしの優劣ならわかります。例えば利回りが、

VT : 5%

VTI : 10%

これなら「VTIのほうが2倍利回りがいいな」とわかります。

 

しかし、VTIの利回り10%は最近のドル高の影響を受けただけで、もし1ドル105円ならドルベースで7%なのかもしれません。

 

また、ドルでゲットした配当金は、基本的に何かの米国ETFに再投資しますので、それがドルだといくらあるのか「各証券会社にログインすることなく」知りたいんです。

 

これらの不満や改善点は、ドル資産が全体で5割とか超えている人は強く賛同してくれると思うのですがいかがでしょうか。

 

もし、個別の商品で自動的にドル表示できないなら、あらかじめ手動登録するかたちでもいいですし、最悪、円資産含めて全部をドルベースで表示してくれてもかまいません。

 

・・・

 

あ、やっぱりそれは困るな(笑)

円預金がいきなりドル表示されてもデメリットしかないや。

 

マネーフォワードさん、頼みますよ!

 

MFクラウド確定申告というサービスも無料で使える

ちなみに、同じ株式会社マネーフォワードが運営している、「MFクラウド確定申告」も使いやすくておすすめです。

 

名前の通り「確定申告のソフト」で、私は無料版でも十分使えました。

 

私は会社員ですが確定申告をしており、今年2月の書類作成に使った時間は3時間ほど。

しかも日々の記入はゼロでしたが、それも「マネーフォワードから1年まとめて振り返る」ことができました。

 

税務署での手続き時間は小一時間ほどです。

 

会社員の人でも確定申告することによって還付があるかもしれないので、やってみるのもありです。

 

ただ、保育所の入所審査で所得証明書を出す必要がある人は、確定申告すると審査落ちする可能性があるので、その場合証券口座は「特定口座・源泉あり」を選びましょう。

 

マネーフォワードがビッグデータ化したらAIで儲けられる

株式会社マネーフォワードは、今後ビッグデータとAIで業績を上げようとするでしょう。

 

例えば、以下のような企画書がマネーフォワードの社内で動いていそう。

 

******

 

【企画書 Aさんの損益を年間128000円上げる方法】

 

マネーフォワード利用3年のAさんのデータ

 

給料手取り : 25万円

支出抑制傾向 : A++

投資商品① : B-

投資商品② : C+

投資商品③ : A-

 

分析結果 : Aさんは交際費が同レベルデータと比べて圧倒的に少なく、支出は抑えられている。投資商品②が成績が悪いのに止めてない理由は他データから算出すると○○である。投資商品③は悪くないが運用方法が良くない。理由は○○である・・・

 

提案 : 月々1200円でマネーフォワードのビッグデータを活用したAIアドバイスの「スペシャル・プレミアム・サービス=SPS」を受けられる。

運用利回りは1年後に+1.5%になる確立が78.85%。

さあ、今なら「SPS」が3ヶ月無料です。今まで効率が悪かった貴方の「お金の管理」をマネーフォワードのAIがサポートします。

 

******

 

みたいな。

 

それか、自社完結と他社提携の2本柱も現実的かな?

 

提携筆頭はSBIグループ、ソフトバンクグループあたりか?

このあたりはビッグデータの価値も知っていて、活用するアイデアも人材も豊富にありそうです。

 

海外のベンチャーもきっと探すでしょう、ってとっくに動いているかな?

 

いや~ 楽しみですね~。

まあ、多分に私の妄想も入っていますが、ちょっとは当たっていると思うんだよな~。

 

株式会社マネーフォワードは設立が2012年5月。マザーズ上場が2017年9月とまだまだ若い会社ですが、今後のサービス充実に期待!

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ