SPXL損益状況 One Tap BUY[2019年上半期]

2019年上半期のSPXL損益

今年から始めたOne Tap BUYのSPXL。6月を終えて、2019年上半期の損益を見てみましょう。

 

投資元本:50,000円

含み損益:+4,589円

株価の上昇率:+13.42%

となりました。

 

2019年上半期の値動き

上半期は年初からの上昇基調から一転、5月に大幅下落が待っていました。まずここで損益はマイナスへ転落。

そして6月の大幅反発があり、+13.42%で上半期はフィニッシュしました。

右側のへこんでいるところが5月の下落。

 

SPXLの強みを生かせた相場だった

上半期は「SPXLの強みを生かせた相場だった」と言えるでしょう。

 

SPXLは上昇相場で3倍の威力を発揮しますが、弱点は下降相場だけじゃなく、「レンジ相場に弱い」のも大きな特徴なんです。

 

下図のように、青の普通のS&P500はレンジ相場なら、そのままの動きをします。

出典:日興アセットマネジメント ETFコラムNo.34 日経レバレッジ・インデックスに連動するETFに関する記事より

 

ところが、ピンクのS&P500ブル3倍のSPXLは、レンジ相場だと図のように下がっていくのです。

 

実際上半期はレンジが少なく、上がるか下がるかどちらかで、下がった5月に買い増しできたのもプラスに働いた要因でした。

 

「積み株」は「ロボ貯」という馬鹿げた名称に変更

SPXLの押し目買いも面倒になったので積立したいのですが、One Tap BUYの積立サービス「積み株」ではSPYは出来てもSPXLはまだ積立できないんです。

早く対応してほしいもんだ。

 

こちらでも書いています。

 

ところで、積み株という名称は5月よりなぜか「ロボ貯」に変わりました。

One Tap BUYらしい、初心者にアクションを起こさせることを狙ったネーミングですが、ロボットも貯蓄も関係ないので、ちょっと暴走しちゃいましたね。

 

つまり、「ロボット」は流行のロボアドと勘違いしてくれることを狙った。

「貯蓄」は投資のギャンブル性を隠したかった。

 

こちらでもOne Tap BUYは全面的に信用しないと書きましたが、また信用問題になるネタを作ってしまいました。

 

One Tap BUYを悪と断じることはできない

ただ、私はOne Tap BUYを斉藤一のように悪即斬と斬り捨てることはできません。

 

CEOの林和人さんも、「ロボ貯」のネーミングが行き過ぎているのは分かっていたと思います。でも決めた。

多分、「商品力には絶対の自信がある、良いものを提供すればお客さんは分かってくれるはず」って思っていたんじゃないかな。ただの想像だけど。

 

日本の金融会社のほとんどは、まだまだ自分の手数料をかっぱぐことしか考えていません。

回転売買

外貨建て保険

高い手数料

野○證券、○和証券の大手を筆頭に、銀行、郵便局、信用金庫も売り込みたい商品(または営業手法)の99%はク○です。まともなのは一部のネット専業会社のみ。

 

こちらでも「悪の投資」を詳しく書いています。

 

One Tap BUYは、ネーミングを「ロボ貯」に決めたことでますます信用を失いました。

 

ただ、そう思うのはきっと私のようなごく一部の人だと思いますし、実際悪の巣窟の金融会社の中で、やり方はまともな方です。

現に私がSPXLをSBI証券で買わないのは、One Tap BUYのほうが手数料面で得だと思っているからです。

 

証券会社との向き合い方

『そんな半信半疑で投資するわけ?』

と思うかもしれませんね。

 

答えはズバリ、

 

その通りです。(笑)

 

私が考えているSPXLの買い方は、「10年で100万円分くらい徐々に買い増していく」ことです。

 

当然いいと思うから買っていきますが、何か怪しい雰囲気を感じたら即撤退するつもりです。その時下げ相場だったら損失は大きくなりますが、それを加味しても投資する価値があると思っています。

 

もちろん、大手ネット証券の手数料がガツンと下がって、One Tap BUYと近くなったらそっちに乗り換えるでしょうけど。

 

・・・

 

・・・

 

あれ?

 

・・・

 

何かニュースが入った?

 

・・・

 

見てみよう。

 

マネックス証券株式会社は2019年7月8日(月)米国現地約定分 (予定)より、米国株取引における最低手数料を5 米ドルから0.1 米ドル(10 セント)へ引き下げますので、お知らせいたします。

 

何!?

 

50分の1だと!

 

税込で0.108ドルか。

ひゅ~、思い切ったな。同時に米ドルの為替手数料(買付時)も半年間無料だって。グレイト。

 

いい時代になってきた~!

他のライバル2社はどう出るか? サクソバンク入れたら3社か。

 

ただ、私は普段米国ETFはSBI証券で買っていますが、すぐに動きません。

 

理由は、他社が追随するかもしれないし、何よりSBIでは安くドル転しておいて買うことができるので、そのメリットは大きいです。

実際、今までかかった手数料合計額より、為替の工夫によって得した金額のほうが何倍も多いからです。

 

$$$

 

大昔はダイヤルアップといって、ネット接続はとても大変で夜の23時以降しかやれませんでした。すでにブロードバンドという言葉が懐かしい。

 

ネット環境は今後もっと良くなる。

投資環境もどんどん良くなっている。

米国株も一般の日本人が買いやすくなった。

ファンドの信託報酬も下がってきている。

 

そこにきて、今回の手数料大幅値下げのニュースです。

 

もう一回言います。

 

いい時代になってきた~!

 

関連記事

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村