MAIN、ARCC、GBDC、FSKを新規購入!BDC株計8銘柄を買付完了

米国BDC株

前回3月のこちらの記事で、コロナショックで落ちるナイフを拾うべく、BDC(Business Development Company)株の分散買付をしていくつもりだ、と書きました。

 

このとき買えていたのは、

OFS
PSEC
FDUS
NMFC

こちらの4銘柄。

 

新規のBDC銘柄を4つ追加

今回新規で買ったBDC銘柄はこちらです。

FSK
ARCC
GBDC
MAIN

こちらの4銘柄。

 

いずれも直近底値ではないですが、まずまず安めの株価で買えたかな。

ここから暴落アゲインの可能性もあるが。

 

念願だったARCCとMAINがやっと買えた。

それとGBDCって、このコロナショックでもPSECを除いた他のBDC株よりボラティリティが安定していていいんですよね。PSECとGBDCはPFFよりいいかも。

FSKは超絶高配当になっていますが、リスクが高い銘柄です。

 

BDCポートフォリオ予定の12銘柄

前回記事でも書きましたが、当初買う予定だったARCCだけではリスクが高い。だったらBDCで分散投資がいいだろうという企みでピックアップしたのが以下の12銘柄です。

水色の帯は購入済み。配当率の違いはコロナショック前と後。(YAHOO! FINANCEより)

銘柄 コロナ前配当率 コロナ後配当率 最高値からの騰落率
1 FSK 12.26% 23.90% -64.63%
2 OFS 11.72% 32.93% -69.06%
3 PSEC 11.03% 16.44% -35.78%
4 FDUS 10.96% 22.64% -69.63%
5 AINV 10.26% 26.67% -62.25%
6 NMFC 9.99% 17.92% -60.53%
7 SCM 9.40% 18.62% -66.27%
8 HTGC 8.79% 16.20% -56.72%
9 ARCC 8.46% 15.04% -53.53%
10 TSLX 7.21% 11.48% -50.19%
11 GBDC 7.17% 10.46% -45.64%
12 MAIN 5.63% 11.46% -64.97%

コロナショック前と後の配当率を比較すると、中には配当率30%越えの銘柄もありますね。

 

配当率は税引き後で15%!

一部、配当権利落ち日に間に合った銘柄は、3月末には配当金の入金がありましたが、いずれも税引き後で15%ほどの配当金でした。

 

税引き後で15%の配当率ってかなりのもんです。

VOOの税引き後配当率がで1.5%くらいなので約10倍です。

 

VOOを10万ドル分持ってた場合と、BDC1万ドル分の配当金が同じか。

凄いぞ。

 

残る買い付け候補は4銘柄だが・・・

BDC12銘柄中8銘柄はゲットしました。

残る買い付け候補はこちらの4銘柄です。

AINV
SCM
HTGC
TSLX

 

・・・

 

う~ん、なんかもう十分かな。

 

各銘柄が同じ価値と仮定すると、分散数は多ければ多いほうがいい。山崎元さんもそう言っています。

 

ただ、同じ価値かどうかは分からないし、現実になるわけもない。

 

銘柄数が増えると管理の手間が増えるのでなるべく増やしたくない。

しかし、数が多ければ仮に1、2銘柄がお星様になってもリカバリーが効く。

 

・・・

 

どうしようか?

 

・・・

 

12銘柄の中でも特に良さそうなのがこちら。

PSEC
ARCC
GBDC
MAIN

 

同率分散ではなく、この4銘柄の比率を少し上げたい気もする。

 

そうなると

AINV
SCM
HTGC
TSLX

これに資金を振り分けるのはもったいないか・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

一両日中には結論を出そう。

 

関連記事

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ