年金は老後のためだけじゃない!障害年金もセットだから20代でうつ病や糖尿病で支給の場合も

老後資金

年金は保険だ!

年金を、自分が積み立てた分もらえるとか、もらえないとか、損とか得とかの議論があります。

 

それはそもそも間違いで、年金はいざというときの「保険」なんです。現に私たちが納めている年金は「年金保険料」として納めています。

 

自動車保険では「なかなか人を轢なかくて保険が出ないから残念」とか、火災保険で「家が燃えてくれなくて保険が出ないから残念」とか思いませんよね?

 

年金もそれと同じで、万が一のための保険なんです。

 

万が一の保険とは、

「ついつい長生きしちゃった!(てへぺろ)」

「パートナーが死んじゃった!(悲しい!&お金が・・・)」

「病気になっちゃった!(仕事ができない!)」

これらのリスクに備えるためのものなんです。

 

今回は、上記3番目の「障害年金」の話です。

 

年金は3つのリスクに対応したセット保険

さきほどの3つのリスクにも年金は対応しています。

「ついつい長生きしちゃった!」 ⇒ 老齢年金

「パートナーが死んじゃった!」 ⇒ 遺族年金

「病気になっちゃった!」 ⇒ 障害年金

 

これ以外にも「短期在留外国人の脱退一時金」、「脱退手当金」とかいろいろありますが、重要なのは上の3つです。

 

皆さんの中には、「老齢年金しか知らなかった」とか、「遺族年金があるのは知ってたけど障害年金はよく分かってない」という方もいるかもしれませんね。

 

年金は、実は多くのリスクに対応したトータル・パッケージ保険なんです。

 

障害年金とは?

今回は障害年金に絞って話します。

 

障害年金とは、厚生年金保険、国民年金、共済年金すべての人を対象に支給される年金の1つです。(共済年金は2015年に厚生年金保険に統合されました)

言葉の通り、怪我や病気で支給されます。

 

対象になるのは、

  • 交通事故で障害者になった
  • 生まれつき知的障害(精神遅滞)がある

などが有名ですが、以下のようにまだあります。

 

【目・鼻・耳の障害】

白内障、緑内障

特発性難聴、メニエール病、

外傷性鼻科疾患、咽頭摘出や脳梗塞による言語機能の消失

 

【肢体の障害】

脳血管疾患、脳腫瘍、脳挫傷、パーキンソン病、ヘルニア、慢性関節リウマチ、アルコール性末梢神経障害

 

【精神の障害】

うつ病、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症、気分障害、発達障害、アルコール依存症、ダウン症、てんかん、若年性アルツハイマー、認知症

 

【循環器・糖尿病の障害】

心不全、ファロー四微症、ペースメーカー装着

人工透析、腹膜透析、慢性腎不全、糖尿病性腎症、慢性腎炎、肝硬変、肝腫瘍、糖尿病

 

【がん・その他の障害】

悪性新生物(がん)(肝臓がん、肝細胞がん、舌がん、前立腺がん、胃がん、大腸がん、直腸がん、乳がん、子宮体がん、肛門がん、悪性リンパ腫等)、骨髄腫、脳腫瘍、HIV、ヒト免疫不全ウイルス感染症、白血病

 

上記のように高齢者はもちろん、若年層でもかかる可能性がある疾患も、障害年金の対象になります。

上記でもたくさんありますが、これでもまだ一部です。

 

障害年金はいくらもらえる?

健常者でも明日は我が身かも。

気になるのは支給額。

 

障害年金には「障害基礎年金」という金額があり、以下の「障害等級」による金額が変わります。

障害基礎年金1級 ⇒ 年間 約97.5万円(月額 約8.1万円)

障害基礎年金2級 ⇒ 年間 約78万円(月額 約6.5万円)

 

さらに、

  • 子供がいる場合
  • 厚生年金に加入している場合
  • 配偶者がいる場合

に別途障害年金が加算されます。

 

申請から5年前までしか遡れないので早めの手続きを

注意点として、障害になったとしても、受給は申請から5年前までしか遡れないので、早めの手続きが大切なんです。

 

詳細はこちら。

障害認定日請求

初診日から1年6か月経過した日、あるいは、それ以前の「治った日」の障害の程度が障害等級に該当しており、他の要件を満たしていれば、その日以降いつでも請求手続きができることになり、障害認定日の翌月分から障害年金が受給できます。

この請求では、たとえ請求の時期が大幅に遅れても、年金は最大5年分を遡及して受給できます。

出典:NPO法人 障害年金支援ネットワーク

 

相談は日本年金機構へ

『自分のケースは認定されるのかな?』

『私はいくらもらえるんだろう?』

『そもそも意味が分からない』

など、不明な点があれば、日本年金機構へ相談しましょう。

 

日本人は外国人と比べて、自分の権利を主張するのが下手と言われています。

大昔は違っていたと思いますが、いつしか自動的な他力本願のクセがついているのかもしれません。

 

困っているときは自ら動く。

行政や第3セクターに相談したら、道が開けることは意外にあるものなんです。

 

そして、改めて言いますが年金は保険です。

 

フリーランスなどで、「年金なんてあてにできない」と言って払ってない方。

しっかり調べた上で、それでも払うことを私はおすすめします。

 

関連記事

ねんきんネットを見て、自分が「2000万円」いるのか考えよう。

iDeCo(イデコ)をやらないのは給料の一部を捨てていることと同じ。

 

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ