SPYDを米国ETFの高配当戦略に入れてもいい理由(VYM・HDV比較)

当ブログでは個別株の投資は推奨していません。

 

ですので、「高配当戦略」とはETF限定の話になります。

過去記事 ETFを推奨する理由

 

それで今回、高配当ETFである「SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式)」をポートフォリオに入れるか否か、昨年(2018年)より検討していました。

 

順を追って説明します。

 

PFFを積極的に買い増すつもりだったが・・・

私のポートフォリオは、

HDV :36%

PFF: 31%

VYM: 9%

以上、3つの高配当ETFで、全体の76%を占めています。

 

今後も上記の順番か、むしろ「PFFを積極的に買い増そう」と思ってました。

なぜなら、PFFはターボチャージャー効果があるからなんです。

過去記事 PFFのターボチャージャー効果

 

「2019年もPFFを買い増そう」と思ってました。

そう、昨年の10月ごろまでは・・・。

 

PFFの価格は10月、12月の利上げにより低下

しかし、10月、12月の利上げにより米国債へ資金が流出。

相対的に、高配当だったPFFの優位性が薄れていったのです。

 

下は2008年から2018年までのPFFのチャートです。

 

左のほう、2008年の大きな落ち込みはリーマンショック時。

その後、2015年のチャイナショックなどで多少の上下はあれど、ここ6、7年の価格は安定していました。

 

しかし、10月の利上げにより10日間で-3.8%も下落。

そして12月。再びの利上げでさらに落ち込み、リーマンショック後の最安値を更新しました。(緑のラインを下回った)

関連記事

 

今後のPFFの見通し

2019年の利上げは0~1回の気配が漂っています。

しかし、だからと言って、今後のPFFの見通しがはっきり分かっているわけではありません。

 

過去5、6年のPFFの平均価格は「38ドル」くらいだった。

そして、12月の最安値は「33ドル台半ば」

現在は、「35ドル台前半」

であれば今年は「36ドル台」を見込めばいいのだろうか・・・?

それとも、徐々に下がっていくんだろうか・・・?

 

・・・

 

PFFは今でも高配当なのは変わりません。

私も買うのを止めたわけではなく、売る気も全くありませんが、「積極的に買わない方針」に転換しようと思ったのです。

 

作戦で言うと、

「ガンガンいこうぜ」

 ↓

「じゅもんをせつやく」 or 「いのちだいじに」

こうなった感じ。

 

代わりのターボチャージャーはどうする?

PFFはフェードアウト。

では代わりのターボチャージャーをどうするか?

 

・・・

 

個別株なら配当10%以上とかの株があります。

一見「ワォ」と思いますが、ゴミクズに等しい株しかないので論外。

 

最近までずっとHDVに組み入れられていた「AT&T」は、驚異の7%超えの配当率です。

しかし、やはり個別株はデメリットが大きすぎるのでパス。

 

・・・

 

そこで検討したのが「SPYD」だったんです。

 

主要な高配当ETF一覧

以下は主要な高配当ETFの一覧です。(配当率の高い順)

ETF 配当率 経費率 配当回数
PFF 6.31 0.47 毎月
SPYD 4.14 0.07 年4回
DHS 3.75 0.38 毎月
HDV 3.67 0.08 年4回
VYM 3.40 0.08 年4回
DVY 3.31 0.39 年4回
DLN 2.90 0.28 年4回
DGRW 2.35 0.28 年4回
VIG 2.08 0.08 年4回

 

(2019年1月11日現在、YAHOO! FINANCEの参考データより)

 

上記は配当率が高い順で並んでいます。

配当率は都度上下しますが、概ねこの順位で合っているでしょう。

 

PFFは断トツで配当率が高いですが、2位のSPYDも中々悪くない。

と言うか良い。経費率も0.07%と低い。

4位以下DVYまではダンゴ状態。(通常は、HDVが頭1つ抜けて3位にいます)

DHSの毎月配当は魅力ですが、経費率が高め。

 

SPYDの基本情報

SPYDは2018年7月からSBI証券などでも買えるようになりました。

以下、基本情報です。

 

名称 : SPDR ポートフォリオS&P500 高配当株式 ETF

ティッカー : SPYD

経費率 : 0.07%

設定日 : 2015年10月21日

純資産額 : 6億ドル

運用会社 : ステート・ストリート

指数 : 「S&P500高配当指数」は、配当利回りに基づき、S&P500指数の採用銘柄のうち配当支払い上位80銘柄のパフォーマンスを計測することを目標とする指数です。

 

「S&P500高配当指数」は、高配当の上位80銘柄を「均等」に組み入れている少し変わった指数です。

多くの株価指数は、「時価総額加重平均」を採用しています。

つまり、1位の組入銘柄の比率は高く、下位の銘柄の比率は低いわけです。

 

SPYDの組入銘柄と比率

組入上位10銘柄を見てみましょう。

右の数字が比率です。完全ではありませんが、均等に近いですね。

 

銘柄はどれどれ・・・。

クアルコム

ファイザー

なるほど・・・。

 

ヘルマリック・アンド・ペイン?聞いたこと無いぞ。

 

センチュリーリンクか・・・ふむ。

 

イートン?何屋だ?

 

・・・

 

う~ん、それほど米国株に精通してない私にとっては「はてなマーク」がチラホラ。

 

でも、S&P500の上位の高配当銘柄なのね。

そう聞くだけで安心感が違います。

なぜってS&P500は時価総額順だから、大型株の安心感があるからです。

 

株式投資の達人とか「通」の人は小型株で勝負できるのかもしれませんが、私はおすすめしません。

大企業だから倒産しないとは言いませんが、やはり、株式は大型株(時価総額が高いもの)に限ります。

 

まあ、そんなこと言って、小型株のひふみプラスも買ってますけどね。

 

SPYDのセクター比率

次はセクター比率を見てみましょう。

 

不動産 : 約24%

公益事業 : 約20%

この2つで44%です。

これなんだよな~。

頭に引っかかって、買わなかった理由は。

 

このセクターは共に、アメリカ国内で商売が完結している企業の集まりだと思われます。

それは別にいいんですが、比率の高さが気になるところ。

 

でも、その下のセクターはいい感じなんですよね。

一般消費財

生活必需品

と続いていてディフェンシブな感じがあります。

 

景気敏感セクターは、

情報技術

金融

コミュニケーション・サービス

資本財

の4つか。

上記4つ合わせて19.3%です。

うん、悪くないな。

 

後は、

不動産 : 約24%

公益事業 : 約20%

これをどう考えるかなんだよな。

 

公益事業はガチガチのディフェンシブ・セクターです。

全セクターが上がっている時は公益だけ下げ、全セクターが下がっている時は公益だけ上がることも多いのが公益事業株。

高配当ETFを求めていけば、結果的にディフェンシブ・セクターに行き着きます。

だからこれはOK。

 

だけど、公益事業は株価が大きく上がりも下がりもしないのが特徴的です。

組入比率が20%もあると、リターンが悪いんじゃないかという不安もあります。

 

そして、特に問題は「不動産セクター」

比率トップの24%の不動産は一体何をもたらすのか?

  • プチショック時は平均より上がるのか?下がるのか?
  • ボラティリティは高いのか?
  • ライバルであるHDV・VYMとのリターン比較は?

このあたりがチェックのポイントか。

 

SPYDをチャートで検証

こういう時は、頭でいろいろ考えるより、過去の結果を重視したほうがいいでしょう。

 

チャートでチェックしてみます。

まずは設定来2015年10月から、2019年1月現在のチャートをS&P500と比較してみましょう。

 

赤がSPYD

青がS&P500

2016年1月のチャイナショックで下がっていますが、S&P500より下げは小さいみたい。

 

その後、2018年の1~2月と10~12月はディフェンシブ銘柄の特性が出ています。

つまり、上がるときはS&P500に負け、下がるときはS&P500より小さく下げるというボラティリティの少なさと、騰落率で負けるところです。これはHDVやVYMにも言えることです。

 

このチャート見ている限り、不動産と公益事業が「悪さ」をしているようには見えません。

とりあえず、利上げに著しく不利じゃないことは分かった。

 

・・・

 

次は、ライバルであるHDV・VYMとの比較をします。

期間は同じく、2015年10月から、2019年1月現在のチャートです。

 

赤がSPYD

紫がHDV

緑がVYM

 

HDVだめじゃん!

特に10~12月の原油安によって、HDVの主力のエネルギーセクターがダメージを負いました。

関連記事

 

通常、こういった比較のときは騰落率でVYMが勝つものなんですが、SPYDが肉迫していますね。

時期によっては上回っていることもある。

 

SPYDは2016年の12月に大きく価格を上げているし、全体的にボラティリティの小ささも好感できるぞ。

ボラティリティの小ささは精神安定剤だからね。

 

最近激落ちした10~12月の3ヶ月チャートも見てみよう。

 

SPYDの騰落率は、1位に近い2位ってとこか。

いや~、ほんとにHDVの立場が無いな。これは。

 

・・・あれ?

もしかして、SPYDが最強じゃね?

 

SPYDはスネ夫のようなヤツ

ドラえもんのスネ夫は人気がありません。

口は悪い、見栄っ張りで虚言癖があり、身長ものび太より低い。おねしょも直らない。

・・・

でも金持ちなんです!

 

SPYDも同じ。

一見、見てくれは悪かったですが(そう思っているのは私だけ?)、中身は非常にいいようです。

 

2015年設定なので、たしかに歴史は浅いです。これは不安材料。

 

しかし、3年経ってこの成績なら十分買いの理由になりました。

それに、歴史の浅い商品は徐々に、少額から始めていけば大火傷はしません。

 

と言うことで結論が出ました。

 

・・・

 

【結論】2019年はSPYDを買ってみよう!

 

だね。

 

それと、SPYDは配当金生活を目指すETFとしても活躍しそうです。

 

良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村