HDV銘柄入れ替え「AT&Tが帰還、MRK、PMが除外」2019年9月

米国ETF

”キング”AT&Tのご帰還

2019年9月、HDVの組入銘柄の入れ替えがありました。(3・6・9・12月に定期入れ替えあり)

 

新しくトップ20にランクインしたのが、

  • AT&T ⇒ 過去の出戻り銘柄
  • シスコシステムズ ⇒ 過去の出戻り銘柄
  • ユナイテッド・パーセル・サービス ⇒ 過去の出戻り銘柄
  • ブラックロック ⇒ 初登場

やっと、待望のAT&Tが復活しました。

 

外れたのが、

  • メルク ⇒ 除外
  • フィリップモリス ⇒ 除外
  • ロッキード・マーティン ⇒ 除外
  • フィリップス66 ⇒ 20位から21位にランクダウン

 

前回入れ替えの6月に私はこんなことを言っていた。

配当率は改善されそう
ディフェンシブ性は少し改善されそう
リターンは前より悪くなるかも

と言いましたが、やっぱりそんな感じになりそうな気がする。

それを踏まえて再度言いますが、「HDVよ、お前はいつまでAT&Tを無視するんだ?」

確かにAT&Tの株価は大して上がっていません。ただ、大きく下がってもいません。ここ1年は上下しつつ穏やかな推移です。そして配当率は6.26%と高い。

何も以前みたいにトップ3に組み込めとは言いません。8位くらいに入れてあげてよ。

あと、2011年に組み込まれていた「サザン(SO)」も悪くない。これの復活も検討してよ。

ふむふむ、まずは復活して良かったぞ。

 

こちらはAT&Tの6ヶ月チャート。

いい感じ。

最近、「物言う株主」として知られる米ファンドのエリオット・マネジメントがAT&Tの経営戦略の転換を求めており、ディレクTVの売却を主張しているという報道もあったけど、まあまあポジティブに受け止められたみたい。

 

前回6月の入れ替え記事はこちら。

 

新旧トップ20銘柄

下の表は左列が新銘柄含むトップ20とその比率(%)。右列が旧銘柄。

順位 比率 2019年9月 2019年6月
1 9.66 エクソンモービル エクソンモービル
2 9.55 AT&T ジョンソン&ジョンソン
3 6.63 ジョンソン&ジョンソン ベライゾン
4 6.54 ベライゾン シェブロン
5 6.09 シェブロン ファイザー
6 5.38 ウェルズ・ファーゴ P&G
7 5.14 ファイザー ウェルズ・ファーゴ
8 4.94 P&G コカコーラ
9 3.96 コカコーラ メルク
10 3.89 シスコシステムズ フィリップモリス
11 3.46 ペプシコ ペプシコ
12 2.33 アムジェン アムジェン
13 2.16 3M 3M
14 1.86 テキサス・インスツルメンツ シュルンベルジェ
15 1.82 デューク・エナジー テキサス・インスツルメンツ
16 1.81 シュルンベルジェ デューク・エナジー
17 1.73 ユナイテッド・パーセル・サービス ロッキード・マーティン
18 1.44 U.S.バンコープ U.S.バンコープ
19 1.19 ウィリアムズ ウィリアムズ
20 1.06 ブラックロック フィリップス66
  80.6  合計  

左列の赤字がランクイン銘柄。右列の青字がランクアウト銘柄。

 

ランクイン銘柄詳細

以下、ランクイン銘柄の詳細です。(配当率は2019年9月YAHOO! FINANCEデータより)

順位 銘柄 ティッカー 配当率 セクター
2 AT&T T 5.38% 通信
10 シスコシステムズ CSCO 2.38% テクノロジー
17 ユナイテッド・パーセル・サービス UPS 3.18% 資本財
20 ブラックロック BLK 2.97% 金融

配当率は、出戻りのAT&Tが5.38%と高いが、他がイマイチ。

 

初登場のブラックロックはご存知HDVの運用会社。自社の株をETFにぶっこんでくるとは。

配当率もイマイチだし、これ以上金融はいらん。

 

毎度言っていますが、HDVは入れ替えが多いと言われていますが、実は多いのはランク外の比率が低い銘柄で、トップ20はそれほど多くはありません。

 

ランクアウト銘柄詳細

以下、ランクアウト銘柄の詳細です。(配当率は2019年9月YAHOO! FINANCEデータより)

順位 銘柄 ティッカー 配当率 セクター
9 メルク MRK 2.58% ヘルスケア
10 フィリップモリス PM 6.57% 生活必需品
17 ロッキード・マーティン LMT 2.27% 資本財
20 フィリップス66 PSX 3.49% エネルギー

配当率高いフィリップモリスの株価は下がりっぱなしです。AT&Tと替わってくれて正解。こういうところがETFのいいとこなんだよな。

 

フィリップス66は20位から21位にランクダウンしただけで今もいますし、他の銘柄は特に高配当でもないのでいなくなってもOK。

 

初登場のブラックロック

さて、初登場のブラックロックの1年チャートを見てみよう。

可もなく不可もなく。

ディフェンシブじゃない金融で、配当率は2.97%と低い。

ま、組み入れ比率は1.06%と低いから気にしなくていいか。

 

ライバルであるSPYDとVYMの配当率は?

HDVのライバルである、SPYDとVYMの配当率を比べてみましょう。(配当率は2019年9月YAHOO! FINANCEデータより)

HDV 3.48% ⇒ 3.31%
SPYD 4.49% ⇒ 4.70%
VYM 3.26% ⇒ 3.12%

左の数字は6月時点。

SPYDだけ上がっていて、他は下がっている。

 

セクターの新旧比較

セクター別の新旧も見てみましょう。

こちらは旧セクター比率。

ヘルスケアと生活必需品を合わせて37.6%。公益は8.15%。

 

こちらは新セクター比率。

ヘルスケアと生活必需品を合わせて28.2%。公益は6.53%。

う~ん、ディフェンシブ力下がったな~。大丈夫かい?

 

世間じゃ「バリュー株の逆襲だ」なんて騒がれているけど、そっち方向でもない。

 

まとめ

今回のHDVの入れ替えですが、

  • 配当率は変わらず。
  • ディフェンシブ性は悪くなる。
  • リターンは前よりよくなるかも。(エネルギー、AT&T、テクノロジーが伸びるかも)

こんな印象です。

 

もう一度高配当ETFトリオの配当率を見てみよう。

HDV 3.31%
SPYD 4.70%
VYM 3.12%

ディフェンシブ力が下がって配当率も低いなら、HDVの優位性は何もないぞ。SPYDとVYMだけでいいって話になる。

ブラックロックはちゃんと考えてんのかね? 自社株入れてる場合じゃないぞ。

 

3月ごろのひどい時期と比べたら良くなったけど、HDVの立ち位置にいまだ安定は見られない。

 

関連記事

HDVの謎を追った。

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ