HDV銘柄入れ替え「アムジェンと出戻り組がIN、シスコシステムズとブロードコムがOUT」2019年6月

米国ETF

アムジェンが初登場

2019年6月、HDVの組入銘柄の入れ替えがありました。

 

新しくトップ20にランクインしたのが、

ウェルズ・ファーゴ ⇒ 2017年の出戻り

フィリップモリス ⇒ 2017年の出戻り

アムジェン ⇒ 初登場

ウィリアムズ ⇒ 21位からランクアップ

フィリップス66 ⇒ 28位からランクアップ

 

外れたのが、

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー ⇒ 2位から31位にランクダウン

シスコシステムズ ⇒ 除外

ブロードコム ⇒ 除外

ドミニオン・エナジー ⇒ 除外

ユナイテッド・パーセル・サービス ⇒ 除外

 

・・・

 

はて・・・

 

・・・

 

う~む・・・

 

・・・

 

特に大きな失望もないが嬉しくもない。いや、3月よりいいかも。

 

前回3月の入れ替えでは、「配当率が下がってるんだからAT&T戻せ!」とわめきましたが願いは叶わず。

前回3月の入れ替え記事はこちら。

 

先月は「リターンとディフェンシブ力の足を引っぱっているのはエネルギーセクターだから、比率を下げろ!」とわめきました。

 

さて、エネルギーの比率は減ったのか?

リターンとディフェンシブ力は良さそうなのか?

見てみましょう。

 

新旧トップ20銘柄

下の表は左側が新銘柄含むトップ20とその比率(%)。右側が旧銘柄。

順位 比率 2019年6月 2019年3月
1 10.19 エクソンモービル エクソンモービル
2 6.91 ジョンソン&ジョンソン JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー
3 6.85 ベライゾン ベライゾン
4 6.4 シェブロン ジョンソン&ジョンソン
5 5.57 ファイザー シェブロン
6 5.27 P&G ファイザー
7 4.6 ウェルズ・ファーゴ P&G
8 4.33 コカコーラ シスコシステムズ
9 4.09 メルク コカコーラ
10 4.05 フィリップモリス メルク
11 3.7 ペプシコ ペプシコ
12 2.67 アムジェン ブロードコム
13 2.4 3M 3M
14 2.12 シュルンベルジェ テキサス・インスツルメンツ
15 2.08 テキサス・インスツルメンツ シュルンベルジェ
16 1.97 デューク・エナジー ドミニオン・エナジー
17 1.59 ロッキード・マーティン ユナイテッド・パーセル・サービス
18 1.56 U.S.バンコープ デューク・エナジー
19 1.29 ウィリアムズ U.S.バンコープ
20 1.15 フィリップス66 ロッキード・マーティン
  78.79  合計  

 

左側の赤字がランクイン銘柄。右側の青字がランクアウト銘柄。

 

ランクイン銘柄詳細

以下、ランクイン銘柄の詳細です。(配当率は2019年6月YAHOO! FINANCEデータより)

順位 銘柄 ティッカー 配当率 セクター
7 ウェルズ・ファーゴ WFC 3.90% 金融
10 フィリップモリス PM 5.79% 生活必需品
12 アムジェン AMGN 3.14% ヘルスケア
19 ウィリアムズ WMB 5.67% エネルギー
20 フィリップス66 PSX 4.01% エネルギー

 

トップはまた金融か。金融は下げろって言ったのに~。

エネルギーが2つIN。エネルギーは下げろって言ったのに~。

おや? でも配当率が前より高くなってるぞ。4%超えが3つ。ウェルズ・ファーゴもそこそこいい。3月よりマシかもね。

 

HDVは入れ替えが多いと言われていますが、実は多いのはランク外のモブ銘柄で、トップ20はそれほど多くはありません。今回も純粋なランクインは上の3銘柄、しかもアムジェン以外は過去にもランクインした銘柄です。

 

ランクアウト銘柄詳細

以下、ランクアウト銘柄の詳細です。(配当率は2019年6月YAHOO! FINANCEデータより)

順位 銘柄 ティッカー 配当率 セクター
2 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー JPM 2.97% 金融
8 シスコシステムズ CSCO 2.50% テクノロジー
12 ブロードコム AVGO 3.83% テクノロジー
16 ドミニオン・エナジー D 4.66% エネルギー
17 ユナイテッド・パーセル・サービス UPS 3.95% 資本財

 

3月に2位に入り込んだJPMは理解に苦しみましたが、それがランク外に。よしっ。(31位に下がった)

リターンを押し上げていたブロードコムがアウトです。出していいのかよ?

 

パッと見のイメージですが、

  • 配当率は改善されそう
  • ディフェンシブ性は少し改善されそう
  • リターンは前より悪くなるかも

こんな印象があるけど、果たしてどうだろうか。

 

新人のアムジェン

さて、今回HDV史上、多分初登場のアムジェンはどうだろうか。

アムジェンは、遺伝子組み換え技術や、分子生物学的技術を軸に医薬品の開発、製造、販売を行っている会社。

 

アムジェンの1年チャートを見てみよう。

微妙だが、激悪でもないか。セクターはヘルスケアですが、ディフェンシブって感じでもないな。

 

次は1ヶ月チャート。

上がってはいるけど6月は上昇相場だったので、これで負けるようじゃダメ。

 

ライバルであるSPYDとVYMの配当率は?

HDVのライバルである、SPYDとVYMの配当率を比べてみましょう。(配当率は2019年6月YAHOO! FINANCEデータより)

HDV 3.48% ←3.35%

SPYD 4.49% ←4.29%

VYM 3.26% ←3.09%

右の数字は3月時点。

HDVも上がっているけど、他も上がっているので優位性は変わらず。

 

SPYDとの差はさらに広がったようです。

 

セクターの新旧比較

セクター別の新旧も見てみましょう。

 

こちらは旧セクター比率。

 

こちらは新セクター比率。

 

テクノロジー(情報技術)を10.05%から、3.01%に大幅に下げ、上位のエネルギー、ヘルスケア、生活必需品に振り分けた感じか。

 

先月こちらの記事で書いたセクター比率について、こんなことを言っていました。

ヘルスケア

生活必需品

まず、この2つのセクター比率を上げること。高配当を維持しつつ、株価の大幅下落を食い止めたい。

米国ヘルスケアには「薬価引き下げ」や「国民皆保険」問題による株価下落の懸念もありますが、長期に渡る下落ではないと考えています。

それと、

公益事業

不動産

この2つも上げてもいいのでは。不動産なんか現在ゼロ%ですが、SPYDによりディフェンシブ力が低くないことが分かります。

テクノロジーは5位くらいに入れておきたい。上昇局面のブースターになるし。

そうなると、エネルギーは6位より下ってことか。

 

ヘルスケア、生活必需品を上げてくれたのはいいが、エネルギーまで上がっていて、公益は上がってない。金融はもっと下げていい。テクノロジーを上げてくれ。

 

HDVよ、お前はいつまでキングを無視するんだ?

先ほど、

  • 配当率は改善されそう
  • ディフェンシブ性は少し改善されそう
  • リターンは前より悪くなるかも

と言いましたが、やっぱりそんな感じになりそうな気がする。

 

それを踏まえて再度言いますが、

 

「HDVよ、お前はいつまでAT&Tを無視するんだ?」

 

確かにAT&Tの株価は大して上がっていません。ただ、大きく下がってもいません。ここ1年は上下しつつ穏やかな推移です。そして配当率は6.26%と高い。

何も以前みたいにトップ3に組み込めとは言いません。8位くらいに入れてあげてよ。

 

あと、2011年に組み込まれていた「サザン(SO)」も悪くない。これの復活も検討してよ。

まず、持ち前の配当とディフェンス力で安定させ、不動産とかテクノロジーのオフェンス力を身につける作戦だ。

 

あれ? この感じ、ちょうど八村塁選手の逆だな。(八村選手はディフェンスも悪くないがオフェンスが素晴らしい)

八村選手は来週から始まるサマーリーグでMVPを取ってくれるはず。

 

HDVよ、お前ももっと攻守で活躍して、MVP(高配当界の)を目指すんだ!

9月に期待しているぞ!(ドアマットチームを応援するファンの気持ちが分かった(笑))

 

関連記事

HDVの謎を追った

八村選手、7月5日からのサマーリーグで暴れてくれ!

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ