コロナ直後の高配当ETFの配当金は減配したか?(PFF・SPYD・HDV・VYM)

米国ETF

前回記事ではBDC株のアフターコロナ一発目、6月分の配当金の増減などについて書きました。

 

今回は同じ主旨で、高配当ETFをメインにVOOなど残りのポートフォリオの配当金は増えたのか、減ったのか?

見てみましょう。

 

6月分、高配当ETFやVOOの配当金はどうだった?

以下は、BDC株を除く残りの私の保有銘柄です。(配当率は7月13日時点)

銘柄 配当率 増減配
1 PFF 5.72% 変わらず
2 SPYD 5.31% 減配
3 HDV 4.23% 変わらず
4 VYM 3.75% 増配
5 VOO 1.88% 変わらず
6 VTI 1.85% 変わらず
7 QQQ 0.66% 7月末に配当

赤字が「減配」銘柄。減配したのはSPYDだけ。

 

てっきりHDVが怪しくなるかと思いきや、意外な結果に。4月は20ドルを切っていた原油価格がいつの間にか40ドルを超えました。エネルギー銘柄が強いHDVの追い風になったようです。

 

テクノロジーが多いVYMは増配。

 

SPYDについて何も心配してない

今回減配したのはSPYDだけ。

株価の上がりも鈍い。

ツイッターなどでもダメ銘柄扱いのコメントを多く見ました。

 

逆に賞賛されるのはNASDAQ銘柄たち。

 

・・・

 

私が短期投資を始めたのが十数年前。

 

その後、長期投資にシフトしたのが4年前。

高配当ETFをコアにしたのが3年前。

 

その間、外野から聞こえる声はいつも同じです。

モメンタム銘柄(セクター)を賞賛し、落ち目の銘柄(セクター)を批判する。

 

私はそういった情報を特に気にしていません。

 

以前は多少気にしていましたが、時を経るごとにますます気にならなくなってきました。

以前は投資情報を隅々まで拾おうとしていましたが、今はニュースやブログ、SNS等もあまり見ません。

 

SPYDについても何も心配していません。

今後も最低数十年付き合っていくのに、たかが数ヶ月の浮き沈みで悲しむのは意味がない。

 

高配当ETFそのものに否定的な意見もあります。それはその人の自由なので何も問題ありません。

私は配当金に高い価値を置いているので、今の投資戦略になっています。

 

40~50年後に全ETFを売ったとき、「やっぱりVOOが一番トータルリターンが大きかったね」となる可能性は多分にあります。

それでも私は今の高配当戦略を良しとしているわけです。

 

関連記事

コロナ急落で含み損が一時マイナス1千万円になった

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ