ETFの一口単価は安いほうが多く買えて、メリットもある

米国ETF

ー ETFの一口単価は安いほうが多く買える -

 

なんてタイトルに書いてありますね。

一瞬、『ん?なんかスゴいこと言ってんのか?』と思うかもしれませんが、ごく普通のことを言っているだけです。

 

一口が200ドルのETFと、一口が50ドルのETF

例えば、一口が200ドルのAというETFがあります。

片や、一口が50ドルのBというETFがあります。

以下は、AとBのどっちを買ったらいいかお悩みの声を紹介します。

・・・

『ふ~、今月も少ない給料から投資資金を捻り出しただよ、オイラは。頑張っただよ、オイラは』

と、オイラ君が1200ドルの資金を用意できたとします。

 

『うーむ、AとB、どっちさすっぺがな~・・・? AはS&P500で王道ETF、Bは高配当ETFか・・・うん、やっぱ王道だっぺよ、Aだっぺよ』

そしてオイラ君はSBI証券の管理画面に入力。

『よし、Aを入力、価格は200ドルか。1200ドルあるから、え~と・・・なぬ!?6口しか買えねぇんだが!? むむむ、Bだったら50ドルだから・・・24口買えるっぺよ! 待てよ・・・将来価格がガン上げぶっこいた場合、口数が多いほうがリターンが多いのか?・・・うーむ・・・』

オイラ君は悩んでいますね。

 

正解は、

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

もちろん、どっちも変わりません。(引っ掛け問題でした)

 

資金1200ドルでA、Bを同時期に買って、将来のリターンが共に+10%だとします。

A : 200ドル × 1.1 =220ドル ⇒ 220ドル × 6口 = 1320ドル(プラス120ドル)

B : 50ドル × 1.1 =55ドル ⇒ 55ドル × 24口 = 1320ドル(プラス120ドル)

A、B共にプラス120ドルのリターンでした。

 

投資資金が少ない時は単価が安いほうが買いやすい

上記の例ではA、B共にリターンは同じでしたが、現実は少し勝手が違います。

 

例えば、Aの価格が201ドルに上がった途端、1200ドルの資金しか出せないオイラ君は「5口しか」買えないんです。

201ドル × 5口 = 1005ドル

差額の195ドルは、次回の投資まで働かずに遊んでいることになります。(多少金利は付くが)

 

このように、調整しやすいのは間違いなく単価が安いETFなんです。(特にNISAでは顕著。個別株も同様)

 

ETFの一口単価比較

私が普段買っていたり、ウォッチしているETFの一口単価を比較してみます。

(2月1日現在の価格の高い順。小数点以下切捨て)

 

IVV : 271ドル (S&P500)

SPY : 270ドル (S&P500)

DIA : 250ドル (ダウ30)

VOO : 248ドル (S&P500)

QQQ : 167ドル (NASDAQ100)

VTI : 138ドル (米国トータル)

HDV : 89ドル (高配当)

VYM : 83ドル (高配当)

SPYD : 36ドル (高配当)

PFF : 35ドル (高配当)

 

王道系はやっぱり高いな~。VTIはちょっと安い。

 

そして値ごろなのが、最近HDVのアイデンティティを侵していると噂の「SPYD」

とっても安いんです。

今年は多めに買うつもり。

過去記事でも紹介

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村