VYMはS&P500(VOO)に負ける中途半端なETF、だが私が買う理由とは?

米国ETF

米国ETFランキング

下表はSBI証券の米国ETF週間ランキングです。(2019年5月現在)

順位 ティッカー 銘柄名 特徴
1 SPXL DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF S&P500のブル3倍
2 VOO バンガードS&P500ETF S&P500
3 VTI バンガードトータルストックマーケットETF 米国株全体
4 SPXS DirexionデイリーS&P500ベア3倍ETF S&P500のベア3倍
5 QQQ インベスコQQQトラストシリーズ1ETF NASDAQ100
6 SPYD SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF 高配当
7 VYM バンガード米国高配当株式ETF 高配当
8 IVV iシェアーズS&P500ETF S&P500
9 HDV iシェアーズコア米国高配当株ETF 高配当
10 BND バンガード米国トータル債券市場ETF 米国トータル債券

 

おなじみの銘柄たちが揃ってますね。

 

SPXLが1位とは意外でしたが、今回は7位にランクインしている「VYM」と、S&P500を代表する2位の「VOO」を比較してみたいと思います。

 

VYMは中途半端

VYMは上昇率でS&P500に負け、配当率ではSPYDやHDVに負ける「中途半端なETF」と言えます。

 

私がETFを買い始めた頃は、「VYMは成長と配当の両方を兼ね備えたエリートETFだ!」と、メインで買おうかと思っていたこともありました。

しかし、配当率は3%を切ることもあり、2%弱のVOOと大きく差がない割りに、上昇率ではいつもVOOやVTIに負けている。

「あれ? これエリートどころか、中途半端なETFじゃね?」

と思い直し、HDVやPFF、SPYDの保有比率を高めていました。

 

・・・

 

しかし、今改めてVYMを再評価するに至りました。

 

つまり、

初期の頃は「VYMは二刀流のエリートだ!買いだ!」

 ↓

「VYMは中途半端。他の高配当ETFのほうがいいや」

 ↓

「あれ? よく考えてみたらVYMありだな」←今ここ。

 

順を追って説明しましょう。

 

VYMとVOOの比較(騰落率)

ではVYMとVOOの比較をしてみましょう。

下はVOOが設定された2010年から現在のチャートです。(VYMは2006年に設定)

赤がVYM

青がVOO

下図は2010年、2018年の価格とその期間の騰落率です。

  2010年8月 2019年5月 騰落率
VYM 40.66 86.89 113.7%
VOO 109.9 256.25 133.1%

 

VOOは133.1%と、VYMより約19%もリターンがいいことが分かります。数%ならまだしも、19%となるとかなりの違いですね。

 

配当金込みならVYMはVOOに勝つ?

19%もリターンが違うならVOOの一択と思いますよね?

 

しかし、「配当金込み」ならどうでしょう?

 

巷で流れている、『配当込みなら高配当株(ETF)もS&P500に勝てる』という噂。

それは本当なのか?

VYMはそれを体現するエリートETFなのか?

調べてみましょう。

 

実際に、私は2010年からいずれも保有してないので、今回は仮の条件として以下に設定します。

  • VYMの配当率は3.05%固定とする。(2019年5月Yahoo! Finance表記より)
  • VOOの配当率は1.89%固定とする。(2019年5月Yahoo! Finance表記より)
  • VYM、VOOいずれもスムーズに右肩上がりで上昇したものとする。
  • スムーズに上がった価格の年間基準価額を定め、それに配当率を掛けていくものとする。
  • VYM、VOOいずれも2010年に1万ドル分買い、そのままの状態で2019年に売却したものとする。
  • 経費率(VYM0.06%、VOO0.03%)は合計配当金から引くものとする。

 

VYMとVOOの比較(配当込みのトータルリターン)

それでは、上記の条件に従って、

10年間の配当金の合計金額(インカムゲイン)

2019年に売った場合の売却益(キャピタルゲイン)

を計算してみます。

 

【VYM】のトータルリターン

下表はVYMの配当金合計。

1万ドル分なので245口。配当率は3.05%に一律固定。

年度 2010 2011 2012~2017年は省略 2018 2019 合計
基準価額 40.66 44.12 78.09 86.89 -
配当金 303.8 329.7 583.5 649.3 4523

 

10年間で配当金(税引き前)の合計は4,523ドルで、信託報酬の0.06%を引いて「4,520ドル」

 

次に売却益です。

(86.89ドル×245口) - (40.66ドル×245口) = 「11,327ドル」

 

VYMのトータルリターンは、4,520 + 11,327 = 「15,847ドル」になりました。

 

【VOO】のトータルリターン

下表はVOOの配当金合計。

1万ドル分なので90口。配当率は1.89%に一律固定。

年度 2010 2011 2012~2017年は省略 2018 2019 合計
基準価額 109.90 120.34 227.15 256.25  
配当金 186.9 204.7 386.4 435.9 2922

 

10年間で配当金(税引き前)の合計は2,922ドルで、信託報酬の0.03%を引いて「2,921ドル」

 

次に売却益です。

(109.90ドル×90口) - (256.25ドル×90口) = 「13,171ドル」

 

VOOのトータルリターンは、2,921 + 13,171 = 「16,092ドル」になりました。

 

勝ったのはVOO

VYM「15,847ドル」

VOO「16,092ドル」

で、

245ドル差でVOOのトータルリターンが勝りました。

 

『なんだ、10年で25,000円くらいの差か、気にする必要ないね』

と思ったあなた、正しいとも言えるし、間違っているとも言えます。

 

税引き後ならどうなる?

今計算したのは税引き前です。

配当金は、日本国内税は20%とし、米国現地税の10%は確定申告で半分取り返せるとして5%。合計25%の税金がかかるとしたらどうなるか、計算してみます。

 

細かな計算は省略しますが、配当金の合計は、

VYM「3,394ドル」

VOO「2,194ドル」

 

次は売却益です。こちらは20%の国内税を引きます。

VYM「9,061ドル」

VOO「10,536ドル」

 

VYMのトータルリターンは、「3,394ドル」+「9,061ドル」=「12,455ドル」

VOOのトータルリターンは、「2,194ドル」+「10,536ドル」=「12,730ドル」

その差は、「275ドル差」でVOOのトータルリターンが勝りました。

 

さっきの税引き前は「245ドル差」でしたね。30ドル増えました。

 

『ほ~ら、やっぱり微差じゃん、気にする必要ないね』

というあなた、これが1万ドル保有じゃなくて「50万ドル保有」でもそう言えますか?

 

アーリーリタイアを目指すなら、5000万円分買うんじゃないの?

欧米で流行りつつある「FIRE(ファイア)ムーブメント」。

つまり、節制して投資して、アーリーリタイアを目指す動きのことです。

 

VYMやVOOを買うような人の内、何%かはアーリーリタイアを目指す人がいそうな気がします。私も近々のリタイアは無理ですが、その選択肢を得たいと思っています。

 

そういう人ならVYMやVOOを、50万ドル分(約5000万円分)くらい買うんじゃないのかな?(またはその予定)

 

仮に50万ドルなら、275ドル(1万ドル買って10年) × 50 = 13,750ドル。

 

VOOを買ったほうが13,750ドルリターンが多いんです!

 

20年なら、27,500ドル差!

30年なら、41,250ドル差!

 

ま、そう単純でもないけどね。

ただ、参考になるのではないでしょうか。

 

ぱたるはなぜVYMを見直したのか?

『おい、ぱたるよ、冒頭で「VYMを再評価した」とか、「VYMはありだ」とか言ってたけど、VOOのほうが圧倒的にいいじゃんか』

と思いますよね。

 

これの答えはズバリ、

「配当金が好きだから」

 

「アラフィフだから向こう50年も成長株をやれないな」

とか、

「そこまで大金を突っ込まないつもりのVYMが、意外にトータルリターンが高かったから」

とか、

「配当率が下がったHDVと比べて、相対的に魅力が増した」

などの、もっともらしい理由もあることはあります。

特にHDVの例があるので、1つのETFの保有率を高めすぎない狙いもあります。

でも、突き詰めていくと「配当金が好きだから」になるかな。

 

以前もブログに書きましたが、私は売却していないアセットの含み益は、管理画面に映っている幻だと思っています。

もちろん100%信じてないわけじゃありませんが、そこまで信用もしない。

 

けど現ナマ、キャッシュは違います。100%信用できます。(為替とインフレの話はおいといて。それは別の機会に)

 

私のメイン銘柄は保有率が高い順に、

PFF

HDV

VYM

SPYD

になっています。

すべて高配当ETFですが、これだけで全投資アセットの8割を占めます。

 

VOOや投資信託に資金をあまり振り分けないのは、良くない投資先と思っているからではなく、「他の高配当ETFがそれ以上に好きだから」です。

 

『税金が出て行く高配当株より、VOOや、なんならQQQみたいなグロース株のほうが効率がいいよ』

という人もいますよね。それは全然間違っていません。

 

ただ私は、SBI証券でDRIP(配当金の自動再投資)が開始されてもおそらくやらないでしょう。それは上記に挙げた理由からです。

 

私の考え方はマイノリティかもしれませんね。

 

ただ、何かしら皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

これの応用企画で、

「VOO 対 HDV 編」

「VOO 対 SPYD 編」

なんかは興味あるかな?

 

ニーズがありそうならそのうちやりましょう。

 

というか、

「VOO 対 HDV」やったら自分自身に冷水をぶっかけることになるな(笑)

きっとHDVのトータルリターンがひどすぎて。

 

関連記事

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ