今回のプチ関税ショックでHDVはディフェンシブ力を発揮したか?

米国ETF

長期投資は15年以上

長期投資とは、15年くらいを目安に私は捉えています。

 

10年でもいいんですが、米国株だって最近たまたまないだけで、5年くらいどっぷりと暗黒モードになる可能性があります。

その場合は10年でもマイナスリターンになるかも。

 

そう考えると、15~20年くらいを長期投資と考えたほうがいいんじゃないかな。

 

今回のプチ関税ショックでHDVは平均よりマシだったか?

そんな話を言ってるそばから、短期のパフォーマンスをチェックするしょうもないネタ企画として、「今回のプチ関税ショックでHDVは平均よりマシだったか?」をチェックしてみます。

 

HDVはディフェンシブ?

HDVはディフェンシブETFと言われています。

 

・・・

 

あれ? 言われているって、誰が言ってたかな?(笑)

少なくてもブラックロックのサイトには載ってないぞ。

HDVの特性は過去記事でも紹介しています。

 

まあ、一部のブログに書いていますし、実際、過去データでディフェンシブ力があるのはチャートで分かります。

ちなみにディフェンシブ力とは、

  • ヘルスケア
  • 生活必需品
  • 公益事業

などの優良銘柄を多く組み入れることにより、S&P500やダウ、NASDAQが大きくさげても、ある程度の下げに抑えられる力のことです。

 

しかし、そのディフェンシブETFのHDVは、2018年の年末あたりから雲行きが怪しくなってきました。

それは、上がる時はS&P500に負け、下がる時はS&P500と同じくらい下がることが増えていったんです。

 

銘柄入れ替えの問題もありますが、特に問題だったのが、組入比率が高いエクソンモービルやシェブロンなどの、エネルギー株が昨年後半からずっと軟調だったせいです。

 

HDVをS&P500・VYM・SPYDと比較

それでは、たった2週間ぽっちで上がろうが下がろうが考えてもしょうがないですが、「今回のプチ関税ショックでHDVは平均よりマシだったか?」見てみましょう。

 

HDVはS&P500の他に、VYMSPYDとも比較してみます。やっぱりライバルの値動きは気になります。

こちらはトランプツイートで下落した5月6日から、5月17日23時ごろまでのチャートです。

水色がHDV

ピンクがS&P500(VOO)

紫がVYM

赤がSPYD

 

HDVは一番上!

つまりディフェンシブ力を発揮したことになります。

 

一番下がS&P500で、HDVは3分の1ほどに下げ幅を抑えているので、まあ悪くないでしょう。

VYMとSPYDは同じくらいですかね。

 

短期のパフォーマンスは無視していいが・・・

一回のプチプチショックで多少下げを抑えられたからといって、これで「買おう!」とか判断するもんじゃないです。

目指すは長期投資ですから。

 

・・・

 

ただ、保有比率が高いHDVがマシなパフォーマンスを見せてくれたらやっぱり嬉しいものです。

 

・・

 

反面、配当率の低下も含めて、「穏便だったHDVとの結婚生活」は倦怠期を迎えているもの事実です。ブログでもいつもぼやいていますね。

 

「ETFは初めから分散されているから保有は1つでもいい」

最初はそう思っていました。

 

今は少し考えが変わり、ETFでも保有比率はあまり偏らないように分散したほうがいいな、と思うようになってきました。これもHDVとのひと悶着があったおかげです。

 

だからといってHDVに見切りをつけたわけではありません。たった半年やそこらで判断するのは早すぎます。自分の中で腹落ちした商品は、そう簡単に見切ることはないでしょう。よほど内容が変わったりしない限り。

 

そういう意味じゃ、資金流出が続いている「ひふみ投信」も今後とも続けていきます。

 

関連記事

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村