HDV銘柄入れ替え「AT&Tが復活しなかったことに失望した」2019年3月

米国ETF

JPモルガン・チェースがランクイン

2019年3月、HDVの組入銘柄の入れ替えがありました。

 

新しくトップ20にランクインしたのが、

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPM・金融)

テキサス・インスツルメンツ(TXN・テクノロジー)

U.S.バンコープ(USB・金融)

以上の3つ。

 

・・・

金融ねぇ・・・

・・・

テクノロジーねぇ・・・

・・・

ま、いいでしょう。

 

だけどこれだけは言いたい!

 

 

 

 

「なんでAT&Tが復活してないんだ!」

 

アルトリアグループが除外

AT&Tの話は置いといて、まずは新旧の話をしていきましょう。

 

トップ20から落ちましたが、まだ残っているのが、

ウィリアムズ(21位)

 

前回トップ20で、組入銘柄から除外されたのが、

アルトリアグループ

ブリストル・マイヤーズ スクイブ

以上の2つ。

 

前回の入れ替え記事はこちら。

 

新旧トップ20銘柄

下の表は左側が新銘柄トップ20とその比率。右側が旧銘柄。

 順位 比率(%) 2019年3月 2018年12月
1 9.35 エクソンモービル エクソンモービル
2 6.89 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー ベライゾン
3 6.80 ベライゾン ジョンソン&ジョンソン
4 6.26 ジョンソン&ジョンソン シェブロン
5 6.05 シェブロン ファイザー
6 5.50 ファイザー P&G
7 4.83 P&G コカコーラ
8 4.04 シスコシステムズ アルトリアグループ
9 3.90 コカコーラ シスコシステムズ
10 3.83 メルク ペプシコ
11 3.50 ペプシコ メルク
12 3.13 ブロードコム 3M
13 2.26 3M ブロードコム
14 2.06 テキサス・インスツルメンツ ブリストル・マイヤーズ スクイブ
15 1.84 シュルンベルジェ デューク・エナジー
16 1.81 ドミニオン・エナジー シュルンベルジェ
17 1.76 ユナイテッド・パーセル・サービス ユナイテッド・パーセル・サービス
18 1.73 デューク・エナジー ドミニオン・エナジー
19 1.43 U.S.バンコープ ロッキード・マーティン
20 1.40 ロッキード・マーティン ウィリアムズ
  78.37    

 

太字は入れ替え銘柄です。

 

OUTとINの詳細

以下はOUTとINのデータです。(配当率は2019年3月YAHOO! FINANCEデータより)

【OUT】

順位 銘柄 ティッカー 配当率 セクター
8 アルトリアグループ MO 5.68% 生活必需品
14 ブリストル・マイヤーズ スクイブ BMY 3.42% ヘルスケア
20 ウィリアムズ WMB 5.31 エネルギー

 

【IN】

順位 銘柄 ティッカー 配当率 セクター
2 JPモルガン・チェース JPM 3.21% 金融
14 テキサス・インスツルメンツ TXN 2.91% テクノロジー
19 U.S.バンコープ USB 3.08% 金融

 

注目は、配当率が5.68%と高いアルトリアが除外されたこと。

組入順位は8位で、比率は4.32%とまあまあ多い。

 

HDVは75銘柄しかないので、トップ20位の影響力が非常に大きいんです。

ウィリアムズは21位に下がっただけなので健在です。

 

最近配当率が下がっているHDV。

もはや「高配当ETF」の看板は下ろしたほうがいいんじゃないかと言いたいくらいです。

 

しいて言うなら「ディフェンシブETF」か?

ただ、それすらも怪しい近頃の値動き。

 

・・・

 

さて、新銘柄にはさぞかし「高配当でディフェンシブ」な銘柄が入ったんだろうな~。

それがHDVのアイデンティティだもんな~。

 

・・・

 

(チラ)ぶぼっ!

JPモルガン・チェース 3.21% 金融

テキサス・インスツルメンツ 2.91% テクノロジー

U.S.バンコープ 3.08% 金融

 

下の2つはまだいいんだ。

JPMを組入2位の比率6.89%も入れるかね、フツー。

 

JPMの1ヶ月チャートを見てみよう。

 

うーん、株価は下落基調。配当率は少しは上がったのかもしれないが所詮「3.21%」と低い。

 

これが、「高配当かつディフェンシブ」で有名なあのHDV?

 

結婚3年目は倦怠期の危機

一回くらいの入れ替えで一喜一憂してもしょうがないんだけど、結婚3年目の倦怠期みたいな気分だよ。結婚はしてないが。

 

今株価全体がポコッと下がって押し目買いするなら、HDVは選ばないな。

SPYDとかVYMとかになるでしょう。

 

ライバルであるSPYDとVYMの配当率は?

HDVのライバルである、SPYDとVYMの配当率を比べてみましょう。(配当率は2019年3月YAHOO! FINANCEデータより)

HDV 3.35%

SPYD 4.29%

VYM 3.09%

 

SPYDとは差が広がったようです。

 

VYMとは大して変わらない。

これじゃ、価格の騰落率で負けるHDVのメリットはほとんどないです。

 

というか、ライバルのVYMに内容を寄せてきているのか?

まさかね・・・え? マジか?

 

スラムダンクの陵南・田岡茂一監督が、「奇策といわれるあらゆる作戦、そのほとんどは、相手のことを考えすぎて本来の自分を見失った姿にすぎない」って言ってたけど、まさかHDVもやらかしているのか?

 

そもそもHDVの「モーニングスター配当フォーカス指数」っていうのがよく分かんないもんな。

HDVの謎を追った記事

 

セクターの新旧比較

セクター別の新旧も見てみましょう。

こちらは旧セクター比率。

 

こちらは新セクター比率。

 

「盾」になるはずのヘルスケアと生活必需品の比率が下がり、前回2.93%しかなかった金融が11.30%と大幅アップ。

 

・・・HDVよ、お前はどこに行こうとしてるんだ?

 

なぜ”キング”のAT&Tを入れないんだ!

さて、一通り新旧の詳細をチェックした感想は、「驚きと失望」です。

「驚き」のほうは、前述したように、HDVのアイデンティティを見失っていることについて。

目を丸くしたんじゃなくて、眉間にシワを寄せて睨む感じの驚き。

 

「失望」のほうは、冒頭で言ったように高配当キングのAT&Tを復活させなかったこと。(HDVは元サヤ銘柄が多い)

 

2011年の設定から2018年まで、AT&Tはほぼ1位か2位に君臨していました。

2018年9月にAT&Tは外れましたが、タイムワーナー買収や、それにまつわる株価の下落が影響したのかな、と思っていました。

 

今のAT&Tの1ヶ月チャートはこちら。

 

なかなかの復活っぷり。

 

こちらは6ヶ月チャート

 

うん、まずまず。

 

そして気になるAT&Tの配当率はなんと、6.58%とかなりの高配当です。

 

私が”キング”AT&Tの帰還を切望し、そして失望した意味が分かってもらえたでしょうか。

 

ぱたるは今後HDVを買うのか?

私は今後、HDVを買い増すのか?

 

・・・

 

結論は様子見です。

 

倦怠期を乗り越えて、仲良くできる可能性もありますから。

 

・・・

 

ただ、PFFも先日指数が突然変更になり、名称も変わりました。

価格などは大きく変わっていませんが、いきなりそれをやるか?

 

運用会社はHDVと同じ「ブラックロック」

世界ナンバーワンのETF運用会社ですが、私はかつて笑顔で見ていたブラックロックを、今ジト目で見ています。

 

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村