【考察】投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018(みんなオーカン好きね)

投資信託

1月13日に「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の結果が発表されました。

 

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は初登場で3位でしたが、「実質1位」だったと思います。

そのわけとは?

 

2018年の結果発表

2018年の順位はこちら。

  1. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  2. <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  3. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  4. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  5. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  6. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  7. バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
  8. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  9. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  10. eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

 

『順当だな~』

と思う順位もあれば、

『え?これがこの順位?』

と意外に思う順位もありそうです。

 

2017年のFund of the Year

ちなみに2017年の順位はこちら。

  1. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  2. <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  3. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  4. 野村つみたて外国株投信
  5. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  6. ひふみ投信
  7. eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  8. たわらノーロード 先進国株式
  9. バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)※1
  10. iFree S&P500インデックス

 

前回からの動き

2018年の順位が、前回2017年からどう変化したか見てみましょう。

 

今回 前回 ファンド
1 13 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
2 2 ニッセイ外国株式インデックスファンド
3 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
4 3 楽天・全米株式インデックス
5 5 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
6 11 セゾン・バンガード・グローバルバランス
7 VT
8 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
9 1 楽天・全世界株式インデックス
10 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

 

ほほ~。

昨年1位の楽天全世界が9位か。

初登場4つの内、3つが「eMAXIS Slim」ブランド。強いね~。このブランドは。

ETFは7位のVTのみで、これまた初登場。

 

先進国株のみが2本

アメリカ株のみが2本

全世界の株が4本

バランス型が2本

このような結果でした。

 

実質1位は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」

もし、上記の2018年にトップ10入りしたファンドが、すべて年初から存在していれば、多分、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が1位だったんじゃないかな。

 

だってこのファンドは2018年10月31日に設定されたばかりで、Fund of the Year 2018の受付期間は、2018年11月1日から11月30日までの1ヶ月間だけだったからです。

ほぼ、数日から数週間で初登場3位に上り詰めたわけです。

 

今回241名(有効投票人数)のブロガーが投票しました。

私も投票しました。

ブロガー1人につき5ポイント持ち点を持っており、5点全部を1ファンドに投票してもいいですし、5ファンドに1点ずつ振り分けてもOKのルールでした。

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」には多くのポイントが入ったからこそ、1ヶ月も評価できる期間がないのに3位だったのです。

 

投資信託ブロガーの傾向がはっきり出た結果

今回の結果で、どのブロガーがどのファンドに何点入れたかは公表されません。

 

しかし、投票の「総意」はある程度はっきり出たと言えるでしょう。

そのポイントは3つ。

 

① 全世界に分散投資したいが、なんだかんだ日本が大好き

② 信託報酬は0.2%未満

③ ETFはマイナーで、投資信託がメジャー

 

上位を見ているとそう感じます。

 

① 全世界に分散投資したいが、なんだかんだ日本が大好き

オールカントリーと同じく初登場だった、「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」は今回10位。

 

やっぱりみんな日本が大好きなんです。全世界なのに日本が入っていない投資信託は嫌なんです。きっと。

1~2位は日本抜きの先進国ですが、先ほど説明した通り、設定日が早かったらオールカントリーが1位の可能性はあったと思います。

 

② 信託報酬は0.2%未満

これもはっきり意思を示した部分ではないでしょうか。

 

信託報酬の比較をしてみます。

3位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 0.15536%

9位 楽天・全世界株式インデックス 0.2196%

先行して人気を得た楽天全世界(通称楽天VT)は1位から9位に転落。

かたや、Slim オール・カントリーは初登場3位。

 

楽天VTは隠れコストが高いとも言われているので、ブロガーの皆さんは楽天VTに「NO」を示したわけです。

今や、人気ファンドの地位を得るには「信託報酬は0.2%未満」が常識になっているようです。

 

まあ、楽天VTがセゾン・バランスやSlim バランスにまで負けたのはびっくりしましたが。

 

③ ETFはマイナーで、投資信託がメジャー

これはしょうがいない部分もあります。

企画運営委員会のサイトにはこう書いています。

対象となる投資信託

2018年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)。

海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なものを対象とします。

 

はっきりと「投資信託」と書いています。ETFは括弧扱い・・・。

 

こうだったらまた違ったのか?

「2018年10月31日までに設定されたETFや投資信託」

 

あまり変わらんかな。

だって、サイトの趣旨にこう書いています。

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

 

これは投資信託の歴史を踏まえる必要がありますが、要約すると、

『おい! 証券会社や銀行の窓口で投資信託売ってるお前たち! 素人だと思ってクズ商品を売りつけるな! お前らのような輩がいるから日本に投資が根付かないじゃねーか!

もう~いい! 俺たちでいい商品広めてやる! そうだ! やるんだ!』

要約するとこうなります。(意訳?)

 

なので、今までクズ投資信託を売りつけられていた過去との、決別の意思が込められている企画だと思うんです。

 

そうなると、

「いいETFを広めるぞ!」

ってなっても、多くの人は、

『はぁ・・・?・・・』

となってしまうんです。

だから投資信託がメインになるのは何も不思議ではないのです。

 

私だって、投資に興味を持っている人に説明する時に、

「俺はETFやってるよ。買い方はね・・・」

と説明して、

『うわっ、なんか大変そう!』

という反応だったら投資信託を勧めます。

 

ぱたるはETFをメインに投票

私は今回のFund of the Yearにどのファンドを投票したか?

 

前回記事でたいして引っぱるほど面白くはないのに、引っぱってしまったので答えを教えます。

前回記事

 

持ち点5点の内、以下のように振り分けました。

下のコメントは、投票時(昨年11月)に、何でこう振り分けたのか、メモしておいたものを記載します。(つまり過去に書いたメモ)

 

4点 : HDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)

「ETFはそもそも上位に来ないであろう。しかし、10~11月の世界株安でも鉄壁のディフェンスを誇り、かつ高配当のHDVは私のコア銘柄である。これを選ばずして何を選ぶというのだろう」

これは「ぱたる的」に外せません。

って、自分のコメントにコメントしている(笑)

 

1点 : iFree S&P500インデックス

「S&P500系、VTI系の投資信託ではこれが一番『実質リターン』がいい。私はETF派だが、日本人にベターな投資を伝道するには投資信託しかないと思っている。よって2本目はこれ。3本目以降は持ち点ゼロのためなし」

そう、信託報酬とかベンチマークとかに関係なく、「実質リターン」の違いがあるんです。

例えば、ニッセイ外国株式インデックスファンドと楽天VTIだったら、米国株オンリーの楽天VTIがいいはずなのに、実際は楽天VTIのほうが悪い。

なので、iFree S&P500インデックスと楽天VTIなら、さらに楽天VTIは悪いわけです。

これが隠れコストの影響なんだろうか?

 

このあたりは徐々に他のブログでも書き始めるでしょうから(もう書かれているかも)、楽天はiDeCoで苦戦するかもしれません。

iDeCoなら今はSBI証券がおすすめです。

 

ただ、私は現在、楽天証券のiDeCoで100%楽天VTIを選んでいますが、すぐに切り替えるつもりはありません。

こういったものは、時間と共に誤差が収束していくこともあるためです。

とりあえず、2020年頃まではこのまま楽天でいくでしょう。

 

241名中、米国株ブロガーは少ない

多分ですけど、有効投票241名中、米国株ブロガーの数は少ないじゃないかな。

なんとなく。

 

だって、多かったら上位には、

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

楽天・全米株式インデックス

バンガード・トータルストックETF(VTI)

このあたりが入っているはずなんだよね。

 

さっきの、iFree S&P500インデックスなんて今回17位だもん。

 

 

 

やっぱり、米国株はまだまだマイナー。

 

やっぱり、みんなオールカントリー(オーカン)好きなのね。

 

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ