マイナスのお荷物「iFreeNEXT FANG+」を私は見捨てない(多分)

投資信託

不人気ファンド「iFreeNEXT FANG+」って知ってる?

純資産が右肩下がりの不人気ファンド、「iFreeNEXT FANG+インデックス」をあなたは知っていますか?

私は知っているどころか、2018年7月よりシコシコと今も積立しており、約1年が経過しました。

 

有名なあの「FANG」という単語に「+(プラス)」のネーミング。

 

『FANG銘柄にプラスっていうくらいだから、他のハイテク株でもセットになっているのかしら?』

と思ったあなた、鋭い推理です。

 

そう、「iFreeNEXT FANG+インデックス」はFANGの4銘柄に他6銘柄をプラスした、計たった10銘柄というダウ30もびっくりの、とても投資信託とは思えない超・少数銘柄ファンドなんです。

 

しかも、今年の米国株価指数はプラス相場だったにもかかわらず、なんとマイナスリターンなのです!

 

こちらは1年チャートです。

青:S&P500
オレンジ:NASDAQ100
茶色:「iFreeNEXT FANG+」

茶色のFANG+が最下位。

 

iFreeNEXT FANG+の組入銘柄

ご存じだと思いますが、「FANG」(ファング)とは、「Facebook」(フェイスブック)、「Amazon」(アマゾン・ドット・コム)、「Netflix」(ネットフリックス)、「Google」(グーグル)の頭文字をつないだものです。

こちらでも紹介しています。

 

「iFreeNEXT FANG+」は上記プラス、当時はときめいていた下記の6銘柄をプラスした投資信託です。

  1. フェイスブック
  2. アマゾン・ドット・コム
  3. ネットフリックス
  4. アルファベット(Google)
  5. アップル
  6. アリババ
  7. バイドゥ
  8. エヌビディア
  9. テスラ
  10. ツイッター

どうですか! このやや一昔感!(悲)

米国株に敏感な人なら、『半分はなんかヤバそうな銘柄が混じっている・・・』と思うかも。はい、当たっています。

 

ちなみに組入割合はほぼ10%ずつで平均的です。

 

上昇相場に乗れないiFreeNEXT FANG+は含み損!

ヤバイかほりが漂ふ「iFreeNEXT FANG+」

 

どのくらいヤバイのか、下の青字は一年前から現在(2019年8月)のマイナスリターン状況です。黒字はトントンかちょいプラス。

  1. フェイスブック
  2. アマゾン・ドット・コム -13%
  3. ネットフリックス -21%
  4. アルファベット(Google)
  5. アップル -11%
  6. アリババ
  7. バイドゥ -55%
  8. エヌビディア -42%
  9. テスラ -30%
  10. ツイッター

目を引くのは「バイドゥ」と「エヌビディア」

話題が豊富だった「テスラ」は-30%と意外に普通だ。(感覚が狂っている?)

 

いや~、栄枯盛衰とよく言うけど、早すぎだろ! ハイテクの波は!

 

積立の魔法

ところが、私の保有状況もひどい状況かと思えば、現在(2019年8月)はたったの-13%!(たったなのか?)

 

フフ

なんでこうなるか、カラクリを知っていますか?

 

それは、昨年末の下落などもしっかり積立していたので、単純な騰落率とは違うリターンを生むからなんです。

下落時の積立が生む魔法の力はこちらでも紹介しました。

 

人のポートフォリオを見て、

『こんなんじゃトータルリターンが低い!』

とか、

『自分の銘柄が儲かる!』

など、チャートサイトから得られる開始A点から現在値B点までの騰落率で、単純に優劣を論じる向きがありますが、タイミングを含む買い方によって全く違うリターンになることはあまり知られていない気がします。

 

iFreeNEXT FANG+は個別株投資みたいなワクワクがある!

-55%の「バイドゥ」などに足を引っぱられながらも、-13%で済んでいる「iFreeNEXT FANG+」

 

ただそうは言っても、私の全ポートフォリオの中で-13%はワースト1で、他のポートフォリオの足を引っぱっているのは確か。

今となってはダメそうなファンドですが、当時始めた理由は、銘柄の少なさから、擬似的な個別株投資ができてワクワクできると思ったからです。

 

よくS&P500コア10種とか、○○10種とかのポートフォリオがありますよね?あの感覚で、「今をときめく(当時)厳選された(当時)ハイテク株がファンドで買えるんだ!」みたいに、ロクに深く考えもせず積み立てを始め、今も深く考えずに積み立てを続けています。

 

iFreeNEXT FANG+をずっと積み立て続けるのか?

・・・

 

ただ、

 

・・・

 

「このまま積み立てを続けていいんだろうか?」

 

と、たまに思うこともあります。

 

「とことん考え抜いて腹落ちした商品でもない」

「銘柄の精査をしたわけでもない」

 

・・・

 

・・・

 

そして、結論(らしきもの)は、

 

・・・

 

「まあ、いっか~(継続で)」

 

です。

 

FANGはまずまずのカタさだし、アップルやツイッターも悪くなさそう。

テスラやエヌビディアはこれぞ、ザ・乱高下ハイテク株を体現していて悪くない(悪いけど悪くない) 仮に、これらがリフトに代わろうが、ウーバーに代わろうが、第2、第3のテスラになる可能性があります。

 

それに、そこまで大金を投下してないので、含み損額は大して気にしていません。

 

こちらでもハイテク株が新たなフェーズに移行することがあると書いていますが、FANG+10種の成長が見られたらめっけもんかな。

 

ネックなのは0.7614%という信託報酬の高さです。

仮に、トントンの収支だったとしても、手数料分徐々にマイナス幅が広がる可能性があります。

 

リスクが高い(怪しい)ファンドは少額で

リスクが高い(怪しい)ファンドの評価は人それぞれです。

 

『くだらんものには1円たりとも投資するべきではない』

とか、

『少額だったらハイリスクのファンドや、それこそ個別株だって入れていいと思うよ』

など、考え方は人それぞれ。

 

私の基本スタンスは、「良さげなものは少額からやってみる」です。

 

例えば今保有している、

SPXL

グローバル3倍3分法ファンド

このあたりもそう。

 

あ、ひふみプラスもそうですね。最近評判は落ちていますが、私はまだ積み立てを続けています。むしろ、ボチボチ積立額を上げるか検討中です。

 

ただ、仮想通貨やソーシャルレンディングはやったことがなく、私の性格ならやりそうなのに、やらなかった理由はただの勘です。

「なんかイマイチそう」と思ったわけです。

その考えが間違っていて、今後爆上げしていくそれらのチャートを眺めることになるかもしれませんが、それもやむなし。

 

まあ何であれ、リスクが高い(怪しい)投資を始めるなら少額からがおすすめです。

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村